ホーム > データベース > 地域情報 > 荷風をめぐる人々 その1

キーワードをサイト内で検索します

図書館公式フェイスブック
市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

荷風をめぐる人々 その1

印刷する
更新日: 2019年1月18日

身近な人々は語る

永井荷風展について

※「永井荷風展」は、第5回の市川市文化人展とて、2004(平成16)年に市川市文化会館で開催されたものです。
これに併せて、ホームページに掲載された時の記録を「展示アーカイヴ」として残してあります。
 
 永井荷風展「荷風を語る」
 会期:2004年3月13日(土)〜3月28日(日)
 会場:市川市文化会館展示室
 ⇒「荷風をめぐる人々」「市川の荷風を知る」「さまざまな荷風」「荷風を語る」として
 各コーナーを設置。
展示概観(写真画像)
実物展示資料  (注記のないものは市川市中央図書館所蔵)
永井威三郎 『風樹の年輪』 1968 俳句研究社(永井家蔵書)
杵屋五叟 『五叟遺文』 1963 私家版 
永井荷風 『荷風思出草』 1955 毎日新聞社
小門勝二 『荷風歓楽』 1962(1974新装版 河出書房新社)
小門勝二 『実説荷風日記』 1967 私家版
正岡容 『荷風前後』 1948 好江書房
中村光夫訳 『男ごころ モーパッサン長篇全集 第五巻』
            1951 白水社(水木洋子蔵書)
『太陽 1971年6月号 特集:永井荷風』 1971 平凡社
            和田芳恵「永井荷風」ほかが掲載
 

展示概観(写真画像)
パネル展示資料
幸田文 「すがの」 (『荷風全集附録第15号』中央公論社 1950)
吉井勇 「葛飾住み」 (『荷風全集附録第4号』中央公論社 1954)
吉田機司 『白玉樓』 (私家版 1965)
吉井道郎 「房総文学散歩 永井荷風17」
 『東京新聞』1994年5月21日号)
安岡章太郎 「自叙伝旅行」(『市川の文学』市川市教育委員会 1982)
五木寛之 『ある日日本の片隅で』
 (『五木寛之作品集23』文芸春秋 1974
井上ひさし 「証言」
 (『作家の証言 四畳半襖の下張裁判』1979 朝日新聞社)
井上ひさし 『聖母の道化師』(中央公論社 1981)
吉野俊彦 『鴎外・啄木・荷風』(文藝春秋 1994)
ドナルド・キーン 『声の残り 私の文壇交遊録』
(朝日新聞社1992) 
半藤一利 『荷風さんと「昭和」を歩く』(プレジデント社 1994)


杵屋五叟(1906〜1957)

杵屋五叟(きねや・ごそう) 邦楽家  1906(明治39)年〜1957(昭和32)年
 
 本名、大島一雄。荷風の従弟で、幼少期から長唄に携わる。子どもの無かった荷風は、昭和19年に五叟の次男永光を養子として入籍。1945(昭和20)年3月の東京大空襲で偏奇館を焼け出された荷風は、東中野、熱海で、五叟の元に身を寄せる。やがて、五叟が市川に借家を見つけ、1946(昭和21)年1月から荷風とともに市川での生活を始めることになる。
 しかし、三味線の稽古をする五叟と、著述業に専念したい荷風との生活は折り合わず、その苦悩ぶりは、「日誌」に詳細に語られている。公開を予期せずに書かれたものだけに、荷風の身近にあった人の証言として貴重である。 
「杵屋五叟」の著作を所蔵検索する(別ウィンドウで開きます)


正岡 容(1904〜1958)

正岡 容 まさおか・いるる  芸能研究家  1904(明治37)年〜1958(昭和33)年
 
 若いころから荷風、岡本綺堂、吉井勇らの影響を受け、江戸文学や芸能などの研究家兼作者として知られる。
 大空襲で東京を焼け出された後、1945(昭和20)年11月に市川の知人宅に移り、12月、笹塚(現真間2丁目)に新居を構え、1953(昭和28)年10月まで住んだ。
 荷風についてのまとまった著作に、『荷風前後』(好江書房 1948)がある。1944(昭和19)年夏、東京麻布の偏奇館を表から拝した思い出に始まり、1946(昭和21)年8月11日、海水帽、開襟シャツの荷風が真間の正岡家を訪問し、舞踏家の妻・花園歌子とともに、その光栄に狼狽したとある。また、五叟家や小西家での荷風の様子のほか、吉井勇、花柳章太郎らが荷風の家を訪問の後に、正岡家に立ち寄ったりするエピソードなどが語られている。
 同書にはまた、市川で活躍した川柳作家の阪井久良伎(さかいくらき)、吉田機司(よしだきじ)らとの親交とともに、荷風に触れた文章も収められている。
「正岡容」の著作を所蔵検索する(別ウィンドウで開きます)


小門勝二(1913〜1977)

小門勝二 おかど・かつじ  新聞記者  1913(大正2)年〜1977(昭和52)年
 
 本名、小山勝治。日本新聞協会新聞学院卒。毎日新聞東京本社に勤務しながら、1949(昭和24)年ころから荷風の元に出入りし、さまざまな見聞を遺した。晩年の荷風に接した数少ない一人。『散人-荷風歓楽』で第10回日本エッセイストクラブ賞を受賞。その著作は多いが、市川での生活について多く語られたものに、『荷風歓楽』(河出書房新社 1962)、『実説荷風日記』(私家版 1967)などがある。
 『荷風歓楽』では、菅野の家に泥棒が入った話、菅野から八幡の家に引越したときの思い出、亡くなる前後の様子などが語られている。
 『実説荷風日記』では、五叟家での生活ぶり、小西茂也家に移り住んでの奇談、文化勲章を受章してからの荷風、荷風絶筆作品の思い出などが語られる。
「小門勝二」の著作を所蔵検索する(別ウィンドウで開きます)


相磯凌霜(1893〜1983)

相磯凌霜 あいそ・りょうそう  鉄工所重役  1893(明治26)年〜1983(昭和58)年
 
 本名、相磯勝弥。小門同様、晩年の荷風のもとに出入りし、さまざまな見聞を残した。また、船橋市海神に別邸があり、荷風はしばしば、同居人のラジオの音を逃れて、そこを執筆の場として利用した。財産の管理や葬儀の段取りなどを行なったのも、相磯であった。
 
 『永井荷風』(角川写真文庫 1956)の監修、『永井荷風日記』(東都書房 1958-59)附録の「永井荷風日記の栞」を担当するほか、『中央公論』昭和34年7月号に追悼文を載せる(『近代作家追悼文集成36』所収)。秋庭太郎『新考永井荷風』にも、「荷風先生の近況」「葛飾こよみ余話」などの短文が引用されている。
 もっともまとまったものに、荷風との対談をまとめた『荷風思出草』(毎日新聞社 1955)がある。対談の後に収められた「荷風先生の七つの話題」は、「同居人インコの死」「万年床と禁断の場所」「税金に対する考え方」「偽筆と『四畳半襖の下張』」など、荷風といつも膝を交えていた相磯ならではのエピソードがつづられている。
 相磯の別邸については、『永井荷風日記第七巻』(東都書房 1959)に写真が掲載、松本哉『荷風極楽』(三省堂 1998)に詳しい。
「相磯凌霜」の著作を所蔵検索する(別ウィンドウで開きます)


猪場 毅(1908〜1957)

猪場毅 いば・たけし  俳人  1908(明治41)年〜1957(昭和32)年
 
 俳号、伊庭心猿(いばしんえん)。富田木歩を俳句の師とする。戦前から、真間の手児奈霊堂参道傍らに「此君亭」(しくんてい)という小店を開き、玩具や墨蹟などを売っていた。
 荷風とも親交が深く、偏奇館に自由に出入りして難解な文字の調べまで依頼されるなど、相当の信頼を受けていたが、荷風の原稿などを偽筆して密かに売りさばいていたことが知れ、1940(昭和15)年には絶交を余儀なくされた。
 ことの顛末は、荷風『来訪者』(昭和21)に “木場は北千住に住んでいたのであるが、真間の手児奈堂の境内に転居し” として語られている。
  
 荷風について触れたものに、『絵入墨東今昔』(葛飾俳話会 1957)に収められた「荷風翁の発句」(昭和28年10月執筆)などがある。
 松本哉『永井荷風の東京空間』(河出書房新社 1992)に、著者が「此君亭」を訪れた様子(昭和60年ころか)が詳述されている。
「伊庭心猿」の著作を所蔵検索する(別ウィンドウで開きます)


中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)