ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 方針・計画 > 二俣地区国家公務員宿舎跡地利用の方針

二俣地区国家公務員宿舎跡地利用の方針

印刷する
更新日: 2015年8月6日

策定の経緯

市川市二俣にある国家公務員宿舎は、財務省から公表された「国家公務員宿舎の削減計画」に
基づき、平成28年度末までに処分することとされています。
そこで、望ましい土地利用を誘導するため、国、千葉県及び市川市を構成メンバーとする協議会
を設置し、跡地利用の方針の検討を行い、その結果をまとめたものです。

跡地利用の基本的な考え方

○当該地の立地状況等を踏まえて、地区の活力向上に寄与し、周辺企業の操業環境に悪影響
   を及ぼすことのない利用・活用を誘導します。
○市川市都市計画マスタープランの地域づくりの方針を基本とした、流通業務地の維持・形成を
  図ります。
○小学校等が隣接していることから、学習環境等に悪影響を及ぼすことのないように緑地などを
  適切に配置します。
○土地利用の誘導については、都市計画法で定める地区計画の制度等を適切に運用します。

方針

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 企画部 企画課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8591 FAX:047-712-8763
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで