ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 仕事始め式(平成22年1月4日)

仕事始め式(平成22年1月4日)

印刷する
更新日: 2010年1月25日

市長挨拶

皆さん、明けましておめでとうございます。

輝かしい新年を迎えられたことと思います。私も、こうして皆さんにお会いできることを大変うれしく思っております。

 

ご存知のとおり、昨年の1225日に市長に就任して以来、今日で11日目、実質的には3日目となります。年もあらたまり皆さんの関心は22年度予算ではないでしょうか。財政部からは予算について大変厳しい回答が戻っていることと思います。というのもリーマンショック以来の長引く不況などによる税収不足は否めなく、その結果、どうしても大型な案件は先延ばしにせざるを得ない状況にあります。

こうした状況を受け、私は選挙中から「小さな予算で大きな効果」ということをずっと提案し続けてきました。皆さんには是非とも限られた予算の中で創意工夫に取り組んでもらいたいと思います。特に現場により近い人ほど、創意工夫で新たなものを作り出すチャンスにめぐり会える機会が多いと思います。このことについては、良い政策に対してそれを報奨するというような制度も作っていきたいと思っております。現場により近い人に、より良いアイディアを出していただきたいということを年頭にあたってひとつお願いしておきたいと思います。

 

 それからもうひとつ、市役所の雰囲気といいますか風土といったことについてお話させていただきます。

 職員に対する接し方は様々であると思います。どこの団体、どこの企業のトップも同じではなく、その表現の仕方というのは人によって全然違ってきます。

私が企業時代に社員に求めた職場風土というものは、リラックスした中にも厳しさがある、表現がうまく伝わらないかもしれませんが、例えば、上司が来ると部下が直立不動でピリピリするようなことを望んでは全くいません。皆さんお一人おひとりがより自発的に仕事に取り組んでいただくことで、職場全体が自発的な空気に包まれるというようなことを望んでいます。会社を経営していた頃、私はそのように部下を教育してきましたが、その中でうまくいった例もありますし、うまくいかなかった例もあります。

ここにいる管理職の皆さんには私の考えを酌んでいただき、そのような職場風土を作りあげていただきたいと思います。これは、私が一市民時代からずっと感じていたことであり、それを思い出してお話させていただきました。

 

市長が替わり、また税収面でも大きく変化する年となりました。皆さんのご協力を頂きながら新しい市川を築いていきたいと考えておりますので、ご協力をお願い申し上げ年頭にあたってのご挨拶とさせていただきました。

ありがとうございました。

企画部 秘書担当

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで