ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成22年5月定例記者会見 5月6日(木曜日)

平成22年5月定例記者会見 5月6日(木曜日)

印刷する
更新日: 2010年5月7日

市長冒頭挨拶

 1 経済対策担当理事について

 2 市長目安箱の運用開始について 

 

 

1.主な会見内容

(1) 経済対策担当理事の募集について

経済対策担当理事の募集につきまして、下記のとおり実施することとなりましたのでお知らせいたします。

件名:経済対策担当理事(9級職)の募集

目的:中小企業代表者の経験を有し、中小企業者支援をはじめとする市内の経済を活性化するための具体的な施策を立案し実行できる方を募集し、市の産業振興施策等を推進することで、地域経済の活性化を図ります。

対象:中小企業基本法第2条第1項に定める中小企業者としての代表者経験を4年以上有する者。

定員:1

任期:平成2271日から平成24331

日程:57日 ホームページで情報公開

58日及び15日 広報いちかわに募集記事掲載

510日から528日 申込受付(郵送、持参)

531日から63日 第一次審査

64日 第一次審査結果通知

    613日 第二次審査

    615日 選考結果通知

内容:第一次審査 資格審査・書類審査

    第二次審査 個別面接

(市民経済部・商工振興課)

 

(2)平成22年度(第30回)江戸川クリーン大作戦の参加者募集!

市民の憩いの場として、またジョギングやウォーキング、サイクリングという形で親しまれている江戸川河川敷を、国土交通省と江戸川沿い211市町により「江戸川クリーン大作戦」を実施して、河川敷の空き缶・紙くず等を拾い集めます。参加者全員には「エコボポイント」を20ポイント差し上げます。

主催者:国土交通省 江戸川クリーン大作戦実行委員会

対象者:自治(町)会、子供会、事業者、各種ボランティア団体及び広報等で募集した個人参加者など。

日時:530日(日曜日)900分から1時間程度(集合850)

雨天(小雨決行)の場合は中止になります。予備日の設定はありません。

清掃場所:国府台2丁目地先から田尻2丁目地先(新行徳橋下)までの河川敷(約7km)を7班に分かれて行います。なお堤防工事により新行徳橋からクリーンセンター間は中止です。

募集方法:昨年の参加団体へ参加依頼を行う他、また、広報いちかわ、市川FM、メールマガジン及び環境清掃部ホームページに実施案内を掲載します。

参考:平成21年度(第29回)市川市実績結果 

参加団体 48団体 参加人数 1,877人 収集量 1,430kg

(環境清掃部・循環型社会推進担当)

 

2.その他の項目

(1) 東山魁夷記念館からのお知らせ

○通常展「東山魁夷・自然への讃歌 海と山」

会期:514日(金曜日)から74(日曜日) 月曜日は閉館

内容:唐招提寺障壁画に描く風景を求めて訪れた日本各地の海や山、中国の地。さまざまな旅を通して描いた画伯の作品からは、自然への讃歌が聞こえてきます。

展示品:(せき)(てい)・水辺(みずべ) ほか

観覧料:一般500円(400円)、 65歳以上 400円、 高・大生 250円(200円)

中学生以下無料 ()は団体25名以上

     年間パスポート 一般 2000円、65歳以上 1600円、高・大生 1000

 

○特別鑑賞セミナー「東山魁夷『風景との対話』を読む」(広報掲載522日号)

東山画伯の著書を読みすすめながら、作品の背景にある心の遍歴をたどります。

(1コース 3回の講義)

日程:各コース1330分から1400

・水曜日コース 616日、630日、714

・木曜日コース 617日、71日、715

・日曜日コース 613日、627日、711

場所:東山魁夷記念館

講師:星野 良史(市川市東山魁夷記念館学芸員)

定員:各コース 20(応募多数の場合は抽選)

 参加費:500

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

(2)文学プラザのお知らせ

○水木映画鑑賞会(ワンポイント鑑賞講座付)

日時:618日(金曜日)

1100分から 「キクとイサム」(1959年 今井正監督 大東映画 117分)

     1400分から 「ここに泉あり」(1955年 今井正監督 中央映画 150分)

619日(土曜日)

1100分から「あれが港の灯だ」(1953年 今井正監督 東映 102分)

     1400分から 「ひめゆりの塔」(1953年 今井正監督 東映 127分)

場所:グリーンスタジオ

定員:各200名 無料 当日先着順(各1時間前より整理券配布)

 

○水木洋子邸 一般公開「水木邸 和のなごみ」

生誕100年を迎えた、日本映画の黄金時代を支えた脚本家 水木洋子さんの自宅を公開。

日時:522(土曜日)523(日曜日) 1000分から1600

 

・ミニイベント「水木邸でお茶を」水木邸で抹茶を飲めます。

日時:522日(土曜日)1100分から1500

定員:先着60名  

参加費:100

(文化国際部・文学プラザ)

 

(3)緑のカーテンの取り組みについて

緑のカーテンは、建物の壁面等に沿って栽培した、ツル性植物で作るカーテンで、太陽の光を遮り、葉の蒸散作用によって建物や周辺の温度上昇を抑える効果があります。

冷房機器のエネルギー使用量を減らし、地球温暖化に係る温室効果ガスの排出量削減や電気代等の経費節減に寄与します。

市川市では、21年度から公共施設に設置するとともに、市民の皆さんにもご協力をお願いしてまいりましたが、22年度は、この「緑のカーテン」をさらに推進してまいります。

○市民への働きかけ

51日(土曜日)から満点エコボカードをお持ちの方を対象に「ゴーヤの種1袋」、「アサガオの種1袋」、「ツルをからませるネット」、「緑のカーテンの育て方」をセットにした「緑のカーテンキット」を交換します。(11セットまで、先着300名)

なお「緑のカーテンの育て方」は市の公式Webで紹介し、育てていただいた「緑のカーテン」は秋に市の公式Web上で写真展を開催する予定です。

○公共施設の取り組み

5月下旬から10月まで「行徳支所」、「若宮公民館」、「平田保育園」、「本北方保育園」、「リサイクルプラザ」等の公共施設でゴーヤによる「緑のカーテン」作りに取り組みます。収穫したゴーヤは、利用者に配布したり、保育園で調理して、子どもたちの食育にも役立てる予定です。

(環境清掃部・環境政策担当)

 

(4)ゆめ半島千葉国体にかかわる炬火(市川市の火)の採火について

 市民総参加の国体運営を目指し、第65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」にかかわる炬火の採火を市内小・中学校運動会で行うことにより、市内の児童・生徒に国民体育大会への参加機運の向上を図ります。

 日時:515日(土曜日)845分 高谷中学校 1240  第五中学校

    522日(土曜日)845分 鶴指小学校 1300  新浜小学校

    529日(土曜日)900分 第6中学校 1150分 中山小学校

    65日(土曜日) 845分 福栄中学校

    612日(土曜日)1240分 南行徳中学校

内容の例(参考)

採火または火起こし、トーチによるトーチ台への点火、国体イメージソング・ダンスの披露等国体PR など

○その他

 採火実施校以外の学校については、運動会当日に「チーバくんからのメッセージ」を届け、児童・生徒に紹介していただきます。そして採火した炬火は、市民花火大会当日に炬火イベントで集火し、市川市の火として、925日の国民体育大会総合開会式に炬火台へ点火します。 

また57日の実行委員会常任委員会で炬火名を決定する予定です。

(保健スポーツ部・国体推進課)

 

(5)ビジュアルボードフェアの開催

国土交通省が制定した「総合治水推進週間」に合わせ、流域住民の方々に、総合治水の意義や重要性を理解してもらうことを目的として啓発活動を行うものです。

日時:515日(土曜日)から521日(金曜日)

900 分から 1700分(最終日1500分迄)

場所:大柏出張所 1階正面フロア 大野公民館 スロープ壁面

内容:絵画コンクール入賞作品の展示、パネル展示、パンフレット配布

(水と緑の部・河川・下水道整備課)

 

(6)第50回市川市消防団消防操法大会の実施について

ポンプ車の部7隊、小型ポンプの部15隊が、火災防ぎょ活動の基本である消防操法の技術を競う大会です。各部門の最優秀賞(1位)は東葛飾支部大会に出場します。本大会は、消防団員がそれぞれの仕事のかたわら「自分達の街は、自分達で守る」という精神のもと、消防技術の向上と士気の高揚を図り、迅速、的確な基本訓練を習熟し、火災防ぎょ活動の万全を期することを目的とします。

日時:530日(日曜日)800分から1100分 ※雨天決行

場所:消防訓練場(行徳橋北詰江戸川河川敷)

主催:市川市消防局 市川市消防団 (後援)市川市消防協力会

(消防局)

 

(7)水防訓練の実施について

台風や集中豪雨等に備えるため、消防職員及び消防団員が連携し、土のう構築等の訓練を行い、災害発生時の迅速な対応と水害を未然に防ぐことを目的として実施します。

日時:515日(土曜日)900分から1100分 雨天実施

 場所:稲荷木2丁目地先江戸川河川敷 消防訓練場

 参加者:消防職・団員 約500

訓練内容:指揮活動訓練、部隊編成訓練、土のう作成訓練、積み土のう工法をはじめとする各種水防工法

(消防局)

 

(8)平成22年度「第36回市川市むし歯予防大会」について

健歯児童・生徒審査会及び歯科衛生作品表彰事業、作品展示を行うことにより、歯科疾患の早期発見、早期治療を促し、広く市民に対して歯の大切さの認識を高め、身体の健康保持、増進に寄与することを目的とします。

  日時:62日(水曜日)健歯審査1350分 表彰1515

会場:表彰・グリーンスタジオ 3階研修室・健歯審査

主催:市川市歯科医師会、市川市教育委員会

共催:市川市学校保健会、千葉県市川健康福祉センター(市川保健所)

会場:メディアパーク1階エントランス

・歯科衛生作品図画・ポスター・作文の展示は、529日(土曜日)から66日(日曜日)までとなります。

(学校教育部・保健体育課)

 

(9)平成22年度成人式実行委員募集

平成2319日(日曜日)に文化会館で実施する成人式の企画構成、式典当日等の運営を行います。式典まで約10回の会議(1830分から2030分予定)に参加していただき、参加者の目線で内容を考えていきます。なお、当日のお手伝いをしていただけるボランティアの方も併せて募集いたします。(年齢は問いません)

期間:515日(土曜日)から630日(木曜日)まで

対象者:20歳(平成242日から平成341日生まれ)

     19歳(平成342日から平成441日生まれ)

募集人員:15名程度

(生涯学習振部・生涯学習振興課)

 

(10)平成22年度稲作体験事業(市川米っ人くらぶ)の活動について

 稲作体験事業(市川米っ人くらぶ)は、米作りを通して自然や人とのふれあい、異年齢との共同作業、収穫の歓びを体験し、心豊かな子どもたちを育てることを目的とした事業で、今年10年目を迎えました。今年も多くの子どもと保護者の参加が予定されています。

活動期間:平成232月まで

 日時:417日(土曜日)説明会(少年自然の家で行います。)

424日(土曜日)耕起、環境整備

58日(土曜日)代掻き

515日(土曜日)田植え、さつまいも植え

    65日(土曜日)田草取り

    619日(土曜日)田草取り、じゃがいも掘り

73日(土曜日)防鳥ネット張り

    717日(土曜日)案山子作り     

    94日(土曜日)おだ作り

    911日(土曜日)稲刈り、おだ掛け

    925日(土曜日)脱穀、さつまいも掘り

    1023日(土曜日)収穫感謝祭(少年自然の家で行います。)

    1120日(土曜日)わら細工(少年自然の家で行います。)

     219日(土曜日)田起し、じゃがいも植え

場所:小川再生親子ふれあい農園内こども水田 市川市大野町4-2425-2(県立市川北高校裏)

少年自然の家(説明会・収穫感謝祭・わら細工)市川市大町280-4

参加予定者数:61世帯154名                

(生涯学習部・地域教育課)

 

(11)平成22年度 わんぱくセミナー開催

地域活動の活性化を図るため、青少年の主体的、社会的な活動の支援として、青少年指導者を育成するための小学生対象の講座を開設します。レクリェーションの他、キャンプ1回、3会場合同事業1回の開催を予定しています。

日時:620(日曜日)から1114(日曜日) までの年間5

  対象:市内在住の小学校56年生

  会場:八幡小学校・市川小学校・行徳小学校体育館・少年自然の家(キャンプ・合同事業)

  定員:各会場50名 計150

参加費:1,000

(生涯学習部・青少年育成課)

 

企画部 秘書担当

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで