ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成22年6月定例記者会見 5月26日(水曜日)

平成22年6月定例記者会見 5月26日(水曜日)

印刷する
更新日: 2010年5月27日

市長冒頭挨拶

 

 1 ローゼンハイム市公式訪問について

 2 6月市議会定例会への市政戦略会議条例議案の提出について

 3 市長目安箱への提案件数について

 

1.平成22年6月市議会定例会議案関係

 

2.主な会見内容

1)市川市と市内千葉県立高等学校(8校)との「災害時における避難所等の施設利用に関する協定」の締結について

市では、このたび市内のすべての県立高等学校(8校)と、大地震の災害時に市の避難場所等に使用することを定めた協定を、正式に締結します。これにより、災害時に周辺住民の新たな避難場所等が確保でることから、市民の安心に寄与するものと思われます。

日時:528日(金曜日)1400分から

場所:市川市役所3階市長室

市内県立高等学校:国府台高等学校、国分高等学校、市川東高等学校、市川西高等学校、

市川北高等学校、市川南高等学校、行徳高等学校、市川工業高等学校

(危機管理部・危機管理担当)

 

2)市川市中小企業資金融資にかかる「借換え制度」の創設について

借換え制度は、既往借入金と同一の資金の融資を受け、より有利な金利に借換えを行うものです。この制度は既往借入をしている事業者の皆さんにとって大変有利です。特に、小口零細企業保証制度資金は、借入れた利率よりも0.2%低い利率で借換えできます。市では、制度融資の借入れ事業者の月々の返済負担を軽減し、景気が低迷する中、頑張る企業や個人を応援して行きます。

取扱期間:平成22524日から平成23331

対象資金:小規模事業資金および小口零細企業保証制度資金

(市民経済部 商工振興課)

 

3)市内の事業所から77人の求人開拓(求人情報開拓及び雇用奨励金等啓発事業)

雇用推進担当室では、国の「緊急雇用創出事業臨時特例交付金」を活用して、平成221月から『求人情報開拓及び雇用奨励金等啓発事業』を行いました。

これは、失業者から成る雇用推進事業調査員(14人)が市内の事業所を訪問して雇用の状況をお聞きし、求人情報の掘り起こしや特定の条件の雇用を行った場合に事業主に交付している本市の奨励金制度を説明するもので、平成223月まで実施いたしました。

今回の調査では、市川市役所本庁管内7,302事業所のうち5,849事業所から回答があり、そのうち44事業所より77名の求人をいただきました。

この求人情報につきましては、ハローワークとの連携により即時に活用しており、426日現在、42人の方から応募があり、4人が採用されました。引き続き、18事業所から27人の求人が出されております。

今年度は、行徳・大柏地区の事業所を雇用推進事業調査員がまわる予定になっています。

両地区には、あわせて約4,000の事業所があります。そちらでも、求人情報の掘り起こしと奨励金制度の周知に努め、少しでも多くのかたの雇用につながるよう努力してまいります。

(市民経済部・商工振興課 雇用推進担当室)

 

4)いちかわ環境フェア2010の開催について

○「そうだったんだ!意外とカンタンECO(エコ)生活」

かけがえない緑の地球を次の世代へ引き継いでいくため、今みんなが出来ることを考えるために、環境情報の提供や環境に関する知識の普及、環境学習のきっかけづくり、各団体の環境活動の発表など、市民・事業者・行政が協働し、環境月間のメイン行事として平成5年度から開催しています。今年で18回目を迎える“いちかわ環境フェア2010”は、「エコは気軽に楽しみながら日常生活に取り入れられるんだ」ということに気づいて行動して欲しいとの願いから開催します。

(参考)昨年の来場者数:延べ約5,500

日時:626日(土曜日)1030分から1530分まで ※荒天中止

場所:千葉県立現代産業科学館、ニッケコルトンプラザ

主なイベント

・環境活動に取り組む市民団体・企業による環境展

・自動車メーカー各社によるエコカーの展示

・千葉黎明高等学校工学部によるソーラーカーの展示(雨天の場合は中止)

   (2009ワールド・ソーラーカー・ラリー・ハーフジュニアクラス優勝)

・エコスタンプタリー 参加者には、出展企業から提供されたエコグッズを進呈します。

・親子工作教室

○同時開催として千葉県が主催する千葉県民環境講座を行います。

時間:1300分から1500

場所:千葉県立現代産業科学館 サイエンスホール

講演者:森野熊八(歌う料理人)テーマ「もったいないが食の基本」

申込先:京葉ガス(047-325-4015)先着250

料金:無料

(環境清掃部・環境政策担当)

 

3.その他の項目

1)市長目安箱の提案状況について

  56日より市のホームページで「市長目安箱」をスタートいたしました。市民から投稿された件数は523日現在で51件です。また分野別では次のとおりとなっております。

  ○分野別

行財政運営 2件、税金・市民生活 7件、芸術・文化 1件、こども 2件、高齢者支援 1件、

健康・医療・保健 4件、自然・環境政策 6件、道路・交通 13件、治水・下水道 3件、

都市計画・街づくり 4件、住宅・住環境 2件、消防・救急・防災 1件、学校教育・生涯学習 2件、

その他 3

(企画部・広報広聴担当)

 

2)シティセールス事業「市川市 in マリンスタジアム」の開催

61日(火曜日)巨人戦ナイトゲーム時 1500分から設営でき次第開始

マリンスタジアム場外ブースにおいて、ゆめ半島千葉国体実行委員会事務局主催のもと、2010年ゆめ半島千葉国体の広報活動が実施されます。

ハンドボール競技の開催地である市川市も、「国体推進課」「観光交流担当」と共に、市川市の観光PRとして、市川市観光案内関連マップ等の配布、オリジナルグッズ(風呂敷、タオル、扇子等)の販売などを行います。

主催:ゆめ半島千葉国体実行委員会事務局

 

62日(水曜日)巨人戦ナイトゲーム時 1500分から設営でき次第開始

「千葉ベイエリア観光連盟」と協働で、市川市の観光PRと商工会議所の物品販売を行ないます。市川特産の梨を使用したスイーツや市川市観光案内関連マップ等の配布、オリジナルグッズ(風呂敷、タオル、扇子等)が販売されます。

  主催:千葉ベイエリア観光連盟(千葉、市原、八千代、習志野、浦安、船橋、市川市及び域内観光事業者)加盟団体

 

612日(土曜日)阪神戦デイゲーム時 1000分から設営でき次第開始

「市川day」として、市川市の観光PRとともに、自慢の品を販売いたします。市川グルメ研究会の協力のもと、市川ならではのメニューをたくさん集めました。

「市川の梨ジュース」や「行徳三番瀬の海苔」特産品の紹介ほか、和菓子やラーメン、クレープなどの1日限定の市川グルメの紹介と、市川市の観光紹介関連マップなどの配布を行います。

主催:市川市、市川市商工会議所

(文化国際部・観光交流担当)

 

3)シティセールス事業「夜景に乾杯![海・山ふるさとPR on Tokyo Bay]」の開催

東京湾納涼船上で、千葉県市川市のPRを行ないます。普段の「観光PRイベント」の対象者とは異なる幅広い年齢層へのアピールを実施します。

20時頃から約30分間の市川市PRタイムを利用し、87日予定されている市川市民納涼花火大会の案内や市川市内の観光スポットについて紹介します

なお報道関係の方には、取材用の乗船券を発行いたします。(1社につき1)事前に問い合わせください。

日時:73日(土曜日)1915分出航 

場所:竹芝客船ターミナル(浜松町)

主催:東海汽船株式会社                 (文化国際部・観光交流担当)

 

4)オリジナルミュージカル「ペンフレンドホリディ懐(なつ)やすみ」の公演

公募により集った一般市民キャスト(11名)とサポートスタッフ(7名)とともに、大人から子供まで楽しめるオリジナルミュージカルを上演します。

日時:723日(金曜日)開場1630分 開演1700

   724日(土曜日)開場1100分 開演1130

開場1430  開演1500分 計3回公演                               

料金:無料

会場:グリーンスタジオ

定員:当日、各先着220

(文化国際部・映像文化センター)

 

5)水木洋子邸の一般公開 「水木邸 和のなごみ」

生誕100年、日本映画の黄金時代を支えた脚本家、水木洋子さんの自宅を毎月原則第24土曜日、日曜日に公開しています。

日時:612日(土曜日)、13日(日曜日)、26日(土曜日)、27日(日曜日)

1000分から1600

○サポータートーク「水木洋子の着物」水木が愛用した着物の解説

日時:626(土曜日)1200分から1400分 

場所:水木洋子邸(八幡5-17-3

グループで見学の場合は、事前申込みにより公開日以外でも見学可能です。

(文化国際部・文学プラザ)

 

6)東山魁夷記念館 通常展 「東山魁夷・デザインの楽しみ」の開催

緞帳(どんちょう)の原画や織物から伝わる華やかな美しさ。緞帳関係作品を中心にした東山芸術のデザインの世界をお楽しみください。

展示品:緑(みどり)の微風(そよかぜ)、爽(そう)(めい)、小下図(こしたず)、その他

会期:79日(金曜日)から831(火曜日)  

閉館日:月曜日(ただし、719日海の日は開館し翌20日に休館します。)

観覧料:一般500円(400円)、 65歳以上 400円、 高・大生 250円(200円)

中学生以下無料()団体25名以上

年間パスポート 一般2,000円、65歳以上1,600円、高・大生1,000

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

7)特別セミナー「東山魁夷『風景との対話』を読む」の開催

東山画伯の著書を読みすすめながら、作品の背景にある心の遍歴をたどります。

日程:各コース1330分から1600分(1コース3回の講義)

[1]水曜日コース 616日、630日、714

[2]木曜日コース 617日、71日、715

[3]日曜日コース 613日、627日、711

場所:東山魁夷記念館

講師:星野 良史(東山魁夷記念館学芸員)

定員:各コース20(応募多数の場合は抽選)

参加費:500

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

8)東山魁夷記念館コンサート「室内楽の夕べ」の開催

東山魁夷記念館では東京都交響楽団メンバーによるクラシックコンサートを開催します。画伯の作品に囲まれて弦楽器の美しい調べをお楽しみください。

日時:72日(金曜日)開場1800分、開演1830分から2000

会場:東山魁夷記念館2階展示室

演奏者:東京都交響楽団 弦楽三重奏

曲目:モーツァルト他

定員:40組(80人)応募多数の場合は抽選となります。

料金:お一人1,000

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

92010年度 環境情報交流会の開催について

市川市環境保全協定を締結している事業者を対象に例年開催していますが、今回は、市民にも関心のある内容であることから、広く一般市民にも参加を呼びかけるものです。

日時: 611(金曜日)1400分から1630

場所:市川教育会館3階多目的ホール

内容:「温室効果ガス25%削減の実現に向けて」

  (1)地球温暖化対策に対する国際的取り組み

    (2)25%削減の経済的影響

講師:市川市環境分析専門員 土本皓ニ

対象:市川市環境保全協定締結事業所、及び一般市民

(環境清掃部・環境保全課)

 

10)「第35回消防救助技術千葉県大会」の実施について

都市型災害による人命危険は急激に増大しており、人命救助技術の研究練成は、消防職員にとって必須の職務として要求されております。このことを踏まえまして、消防職員が平素鍛えた技術の成果を発表し、相互の連帯意識の高揚を図るものです。

日時:629日(火曜日)900分から

場所:千葉市中央区仁戸名町666-2 千葉県消防学校訓練場

主催:千葉県消防長会

訓練種目 陸上の部

  基礎訓練:ロープブリッジ渡過、はしご登はん

連携訓練:ロープ応用登はん、ほふく救出、ロープブリッジ救出、引揚救助、障害突破                    

本市出場種目:連携訓練

    ロープ応用登はん (1チーム)

    ロープブリッジ救出(2チーム)

    引揚救助     (2チーム)

    障害突破     (2チーム)

    ※水上の部は、第39回消防救助技術関東地区指導会から出場となります。

 

これ以降の大会について

   第39回消防救助技術関東地区指導会 714日(水曜日)900分から(厚木市)

   第39回全国消防救助技術大会    827日(金曜日)900分から(京都市)

昨年度の実績

21年度は新型インフルエンザ拡大のため、千葉県大会が中止となり、陸上の部では、関東及び全国大会への出場はありませんでしたが、水上の部では、全国大会へ複合検索1名、溺者救助1チームが出場し、優秀な成績を修めました。

(消防局・警防課)

 

11)地区別音楽会について

JECプランの発想のもとに市川市内11地区の小・中・特別支援学校の交流を図り、保護者・地域を巻き込んだ音楽活動を推進し、総合的な教育環境の実現を目指として、地域の学校で、地域の特性を生かした音楽会を開催します。

小・中・保護者・地域等の連携の中、音楽水準の維持・向上を図るとともに、広く保護者や一般市民の皆様に市川の音楽教育に対する理解を深めていただきます。

地区別音楽会は、昭和61年に第1回を開催して以後、各地区毎年1回開催してきました。昨年度は、新型インフルエンザの影響で、4ブロックの開催となりましたが、今年度は25年目を迎え、全てのブロックで開催いたします。

小・中学校・特別支援学校の他、県立特別支援学校・県立高等学校・地域の方々が、合唱・吹奏楽・管弦楽等で参加する地域に根ざした身近な音楽会で、出演児童生徒は全市で4000名にのぼります。

期日:平成2273(土曜日)から平成23115(土曜日)

地 区

会 場

月日

開始時間

七中ブロック

福栄中ブロック

六中ブロック

四中ブロック

下貝塚中ブロック

五中ブロック

一中ブロック

三中ブロック

高谷中ブロック

二中ブロック

八中ブロック

塩焼小

福栄中

第六中

第四中

北方小

第五中

第一中

第三中

高谷中

第二中

第八中

73日(土曜日)

73日(土曜日)

911日(土曜日)

912日(日曜日)

109 (土曜日)

1023日(土曜日)

124日(土曜日)

124日(土曜日)

124日(土曜日)

1211日(土曜日)

115日(土曜日)

1000

1100

1030

1330

1330

1330

1015

1000

1330

1300

1000

(学校教育部・指導課)

 

12)市川市教育委員会と昭和学院短期大学の栄養教育連携協定の締結について

学校教育上の食に関する指導に係る諸課題への対応,教職員の養成及び資質・能力の向上を図るため,相互に連携・協力し,もって学校教育等における食に関する指導に係る教育の充実・発展に寄与します。

連携内容:学校教育上の食に関する指導に係る諸課題及び当該支援に関すること。

      食に関する指導の充実のための教職員,学生の養成・研修に関すること。

      研究開発・共同研究に関すること。

     その他、市川市教育委員会と昭和学院短期大学が必要と認める事項に関すること。

締結式日時:528日(金曜日)1000分から1030

場所:教育委員会 教育長室

(学校教育部・保健体育課)

 

13)菅平高原いちかわ村バスツアーの参加者募集

市川市より観光バス(ガイド付)で、菅平高原いちかわ村へ行き、美ヶ原高原や根子岳の軽登山(ガイド付)を楽しみながらリフレッシュする企画です。

日時:617日(木曜日)から19日(土曜日)23

行程:一日目 市川市役所出発→美ヶ原高原散策→いちかわ村着

二日目 いちかわ村発→根子岳登山→いちかわ村着

三日目 いちかわ村発→善光寺周辺散策→市川市役所着

定員:40名(応募者多数の場合は抽選)

参加費:23日(朝食・夕食付)2日のみ昼食付 個室16,800円 大部屋14,280

(生涯学習部・生涯学習振興課)

 

14)平成22年度 いちかわ子ども村参加者募集

「いちかわ子ども村」は、子どもたちに団体生活の中で協力することがいかに大切であるかを体験してもらうもので、毎年、夏休みに市川市青少年相談員連絡協議会が開催しています。今年は、野外炊事、キャンプファイヤーを中心に、ゲームなどを取り入れたプログラムを予定しています。

日時: 731日(土曜日)から81日(日曜日)12

場所:少年自然の家

対象:市内在住の小学校46年生

定員:80

料金:4,000

 (生涯学習部・青少年育成課)

 

企画部 秘書担当

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで