ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成22年9月定例記者会見 8月25日(水曜日)

平成22年9月定例記者会見 8月25日(水曜日)

印刷する
更新日: 2010年8月26日

市長冒頭挨拶

 1 市政戦略会議の市民委員等の応募件数について

 2 住民基本台帳の正確性向上に向けた取り組みについて

 

 

1.平成229月市議会定例会議案関係

 

2.主な会見内容

1)就職面接会 学卒者等の就職を支援

723日に行いました企業説明会に引き続き、市川公共職業安定所、市川商工会議所と合同で、来春大学・高校を卒業予定の方や、障害をお持ちの方の就職を支援するため、9月から就職面接会を行うことになりました。

今年6月時点での景気予測調査によりますと、景気回復の兆候が見られるとの意見が出てはおりますが、今後の見通しにつきましては依然として不透明感が残るとのただし書きがついております。また、この景気の動向が企業の求人の動きに反映されるには、まだまだ時間を要するとも言われております。この影響は、特に新規学卒者への求人に顕著に現れており、近年の高校新卒者の就職決定率低下、大学卒業予定者の留年等の問題を生じております。

そこで、今年度は来春の新規学卒者、障害者の就職を支援するため、下記の日程で就職面接会を行うものです。詳細につきましては、事前に市広報、ホームページ等で発表いたします。

○第1回就職面接会(新規大学卒業予定者対象)

   929日(水曜日)900分から1200分(8社程度の参加を予定)

             1330分から1630分(8社程度の参加を予定)

○第2回就職面接会(障害者対象)

   1015日(金曜日)1330分から1630分(6社から8社程度の参加を予定)

○第3回就職面接会(新規高卒者対象)

   1028日(木曜日)1330分から1630分(8社程度の参加を予定)

      29日(金曜日) 900分から1200分(8社程度の参加を予定)

             1330分から1630分(8社程度の参加を予定)

問合せ先:市川公共職業安定所 求人企画部門(370-8609

(市民経済部・商工振興課 雇用推進担当室)

 

2)ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会 文化プログラム協賛事業

           市川市ゆかりのスポーツ人展&国体開催直前イベントの開催について

この文化プログラム協賛事業は、千葉国体開催にあたり、国体やスポーツに関わる芸能文化活動を通じて、スポーツの感動や魅力を広く県民に伝えるために実施するものです。

市川市では、本市にゆかりのある著名なスポーツ選手が使用したグッズ等を展示、公開することで、市民にスポーツを身近なものとして感じてもらい、「ゆめ半島千葉国体」開催の機運を高め、国体を盛上げる目的で開催します。

また、このグッズ展に合わせ、市川市でまもなく開催されるハンドボール競技を広く市民に伝えるための国体開催直前イベントも同時に行います。

なお主催は、ゆめ半島千葉国体市川市実行委員会、ニッケコルトンプラザ、ニューファミリー新聞社です。

 ○市川市ゆかりのスポーツ人展 

日時:94日(土曜日)から910日(金曜日)1000分から2000

場所:ニッケコルトンプラザ 2階通路(西寄り)

内容:ハンドボール 関健三、ゴルフ・丸山茂樹

野球 小笠原道大・相川亮二・GG佐藤

    サッカー 松木安太郎・阿部勇樹 

相撲 市川晋松(元横綱佐田の山)・高崎親方(元小城乃花)・中立親方(元小城錦)

     水泳 鈴木大地・森田智己・伊藤華英・物延靖記

そのほか、スノーボード、ボブスレーのオリンピック選手、バスケットボール、ラグビーなどのスポーツ選手のグッズなど約20から25点を展示します。

また、ゆめ半島千葉国体に出場する「市川市の選手」のパネル紹介や市川市で開催されるハンドボール競技の紹介も行います。

 

○国体開催直前イベント マスコットキャラクター「チーバくん」と応援しよう!

   日時: 95日(日曜日)1000分から1500

場所:ニッケコルトンプラザ コルトン広場

内容: チアダンス全米優勝チームによるイメージソングダンス

日本リーグ 大崎電気ハンドボール選手による記念撮影・サイン会

チーバくんと「じゃんけん対決」、「7mスロー対決」グッズプレゼント

チーバくんと記念撮影会

(保健スポーツ部 国体推進課)

 

3)ゆめ半島千葉国体直前イベント 市川市会場周辺清掃イベントのお知らせ

                 まるごみ‘10と日本ハンドボールリーグ応援観戦

ゆめ半島千葉国体の開催を目前に控え、全国から来られる方を、きれいな街でお迎えしようと、競技会場周辺のゴミ拾いを行います。市川市では、市内4つの会場のうち、塩浜市民体育館を重点清掃エリアとして、地域の皆様が一緒になって主要駅から会場までの清掃を行います。

この日は、千葉県内54市町村で一斉清掃活動を行う「まるごみ‘10」のイベントを後援して、一緒に駅から会場までのゴミ拾いを実施するものです。

この参加者には、当日の午後に塩浜市民体育館で開催される「日本ハンドボールリーグ」大崎電気対琉球コラソン戦の無料観戦チケット(200名予定)をプレゼントします。

ハンドボール競技の醍醐味を味わっていただき、本市で開催される国体競技の観戦につなげていきたいと考えています。

日時:918日(土曜日)1000分スタート 

場所:コース1 南行徳駅(東京メトロ東西線)から市川市塩浜市民体育館

      コース2 市川塩浜駅(JR京葉線)から市川市塩浜市民体育館

   内容:清掃活動 2つの駅に集合し、説明後に塩浜市民体育館までの清掃活動(ゴミ拾い)を行います。

      観戦応援 清掃終了後、体育館にて、ハンドボール観戦希望者を募り、チケット配布します。(希望者多数の場合抽選)        

(保健スポーツ部・国体推進課)

 

4)真間川流域総合治水対策協議会啓発イベント『水に親しむ親子の集い』

総合治水パネル展示及びアンケート調査やPR用パンフレットの配布により、真間川流域における総合治水対策のPRを行います。

また、雨水貯留タンク・雨水浸透ます等を展示し、家庭で行うことのできる雨水の有効利用方法及び流出抑制方法の紹介を行い、総合的な治水対策の意義や重要性を知っていただきます。

日時:911日(土曜日)1000分から1500分(予定)

(雨天時は翌12日に順延します。順延日が雨天の場合は決行します。ただし荒天時中止です。)

  場所:大柏川第一調節池緑地、及び大柏川ビジターセンター(北方町4丁目144459

内容(催し物):総合治水のパネル展示(総合治水アピール用のパネル)

絵画コンクール入選作品の展示(市川市の流域内小学校20校、入賞8作品)

アンケート(治水や水質、水辺環境等に関する内容)

かわクイズ、風船配布大型フワフワ遊具体験

水ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい

アクセス:車での来場不可

   公共交通機関を利用(JR本八幡駅北口からバス利用、「大野中央病院」下車、徒歩1分)

   自転車可

(水と緑の部・河川下水道整備課)

 

2.その他の項目

1)平成22年度「市川梨」PRキャンペーンについて

千葉県第一位の生産額を誇り、梨では県内初の地域団体商標登録を特許庁より取得した「市川の梨」を、市内はもとより、広く全国にPRし、江戸時代中期から200年以上もの歴史をもつ「市川の梨」の更なるブランド化の推進と消費拡大を図る目的でPRキャンペーンを行います。今年度は、森田千葉県知事からのビデオレターの放映も予定しています。

日時:94日(土曜日)1330分から1530

会場:ニッケコルトンプラザ タワーコート

内容:梨の無料配付(豊水梨500個を予定)

     豊水梨の試食コーナー

     千葉県知事のビデオレター放映

梨を使った加工品の紹介

     アンケートの実施及び指定直売所での梨購入割引券の配布

     パンフレットの配布

来場者数:約700人(前年度実績)

主催:JAいちかわ果樹部会

協賛:市川市・市川商工会議所・千葉県東葛飾農林振興センター  

                                  (市民経済部・農政課)

 

2)いちかわ市場まつり2010の開催について

日時:926日(日曜日)900分から1200分まで

場所:地方卸売市場

主催:市場まつり実行委員会

内容:青果物及び花きの販売

青果物及び花きの模擬せり

    食料品及び日用雑貨の販売

    焼そば、ボールすくいなど各種屋台の出店

    各種ショーなどのイベント(内容未定)

    消防車両及び警察車両の展示と記念撮影会 など

来場者数:約9500人(前年度実績)

(市民経済部・地方卸売市場)

 

3)第13回 街回遊展の開催について 

今回の街回遊展は、今までの回遊展と少し趣向を変え開催します。

今までの回遊展は、地域を限定し歩ける範囲の地域の中で文化的価値の高い建物などの紹介、地域内の学校や公民館などを拠点とした地域性のある展示などを主に企画してきましたが、今回は、「ふるさと市川再発見!」と題し、国登録有形文化財など文化的価値の高い建物や普段なかなか見学できない建物にスポットをあてます。

また、京成バス株式会社にご協力いただき、1016日、17日の2日間限定で市川駅から国立病院区間を自由に乗り降りできるフリーパス券を販売し、バス路線沿線の拠点を巡っていただきます。

日時: 1016日(土曜日)・17日(日曜日)1000分から1600

開催地域:市川・新田・真間・国府台

主な拠点:アイリンクタウン45階展望室、西洋館倶楽部(国登録有形文化財)、

トージズルーム(OMFチャペル)、日本福音ルーテル教会(国登録有形文化財)、

木内ギャラリー、式正織部流茶道(県指定無形文化財)の茶室、里見公園など

企画について 

[1]アイリンクタウン45階展望室 天空での体験お茶席 各日先着100

 [2]西洋館倶楽部 オーナーの渡辺氏所有の昭和初期の美術品、写真の展示

[3]トージズルーム 伝説のレーサー浮谷東次郎氏に関するゆかりの品、写真展示

 [4]式正織部流茶道茶室 限定お茶席体験 抽選で30 (10月9日号広報紙にて募集開始)

 [5]里見公園 バラ園、北原白秋ゆかりの紫烟草舎などを散策

昭和初期の八景園に関するお話しと関連写真の展示

       市川ゆかりのクイズで優秀な方には「市川自慢の逸品」をプレゼント!

 [6]市川案内人の会、いちかわ歩こう会などによる地域の見どころを巡るツアー  他

(文化国際部・文化振興担当)

 

4)東山魁夷記念館から展覧会のお知らせ

○現在開催中の通常展「東山魁夷・デザインの楽しみ」

緞帳の原画や織物から伝わる華やかな美しさ。緞帳関係作品を中心にした東山芸術のデザインの世界をお楽しみください

 会期:831(火曜日)まで

展示品:緑の微風(みどりのそよかぜ)、爽明(そうめい)小下図(こしたず)、その他

閉館日:月曜日

観覧料:一般500円(400円)、 65歳以上 400円、高・大生 250円(200円)

中学生以下無料( )団体25名以上

      年間パスポート:一般2,000円、65歳以上1,600円、高・大生1,000

○次回の通常展「東山魁夷・北欧の旅『古き町にて』より」

   画伯が北欧旅行の思い出を、一冊の本にまとめた『古き町にて』。紀行文や挿絵から、楽しかった旅の様子が伝わってきます。

会期:94日(土曜日)から1024(日曜日)  

展示品:緑映(りょくえい)、その他

閉館日:月曜日(ただし、920日の秋分の日は開館し、翌21日に休館します。)

      なお、展示替のため91日から3日まで休館します。

観覧料: 一般500円(400円)、 65歳以上 400円、高・大生 250円(200円)

中学生以下無料( )団体25名以上

      年間パスポート 一般 2,000円、65歳以上 1,600円、高・大生1,000

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

5)東山魁夷記念館「名曲の夕べ」コンサートの開催について 

東山魁夷記念館では新日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによるクラシックコンサートを開催します。秋の夜に画伯の作品に囲まれて弦楽器の美しい調べをお楽しみください。なおカフェ及びショップは開演前までご利用いただけます。

日時:924日(金曜日)

開演:1830分から1945分(開場:1800分)

会場:東山魁夷記念館2階展示室

演奏者:新日本フィルハーモニー交響楽団

ソロ・コンサートマスター 崔 文洙(チェ・ムンス)

首席チェロ 花崎 薫

曲目:モーツァルト楽曲 他

定員:90人(応募多数の場合は抽選となります。)

料金:お一人1,000

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

6)映像文化センターからAB−CINEMAS(映文シネマズ)のお知らせ 

ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会文化プログラム参加事業として、映像文化センター・ベルホールにおいて以下の作品を上映します。定員は各作品とも先着46名です。

911日(土)世界の昔ばなし「おじぞう様の赤い目/なし売り仙人」(偉人紹介)

「レオナルド・ダ・ビンチ/ゴッホ」(アニメ作品・カラー・約44分)

918日(土曜日)名作劇場「オペラ座の怪人」

         (実写作品・モノクロ・無声・字幕・約75分)制作:1925年・アメリカ映画

925日(土曜日)アニメワールド「野球狂の詩−北の狼 南の虎−」

(アニメ作品・カラー・約91分)

109日(土曜日)世界の昔ばなし「いっすん法師/もも太郎」

偉人紹介「坂本竜馬/福沢諭吉」

                            (アニメ作品・カラー・約47分)

1016日(土曜日)名作劇場「裁かるゝジャンヌ」

(実写作品・モノクロ・無声・字幕・約80分)制作1928年・フランス映画

1023日(土曜日) アニメワールド「鉄腕アトム 青騎士(前・後篇)」

(アニメ作品・モノクロ・約50分)

(文化国際部・映像文化センター)

 

7)グリーンシアター(アカデミー賞受賞作品などの名作映画上映会)    

ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会文化プログラム参加事業として、グリーンスタジオにおいて上映します。(定員は各作品とも抽選で220名までです。)

910日(金曜日)開演1400分から(開場は30分前)

名作スペシャル「ブロードウェイ・メロディー」

    (実写作品・モノクロ・有声・字幕・約100分)制作1929年・アメリカ映画

  108日(金曜日)1400分から(開場は30分前)

名作スペシャル「グランド・ホテル」

    (実写作品・モノクロ・有声・字幕・約112分)制作1932年・アメリカ映画

(文化国際部・映像文化センター)

 

8)市史編さん講演会「市川と日蓮 遺文・信仰・歴史」のお知らせ

市史編さん事業の一環として講演会を開催します。市川にゆかりの深い日蓮を取り上げ、日蓮の生きた鎌倉時代からその後の近世・近代に至る歴史の流れを背景に、遺文や信仰といった様々な角度から市川と日蓮との関係性に迫ります。

日時:109日(土曜日)1300分(開場1230分)

会場:グリーンスタジオ       

講演内容:「鎌倉時代の市川と日蓮 足跡・檀越・国府」

湯浅 治久(市立市川歴史博物館 学芸員)

「日蓮宗の信仰と講集団‐千葉の女人講から‐」

西海 賢二氏(東京家政学院大学教授・市川市史編さん委員)

「日蓮が遺したもの−近世・近代の信仰と文化−」

安中 尚史氏(立正大学 教授)

定員:抽選で220名を招待します。

(文化国際部・映像文化センター)

 

 

9)脚本家 水木洋子生誕100年フェスティバル

○文学プラザ企画展 「脚本家 水木洋子の竜馬がゆく」

市川市八幡に暮らした脚本家・水木洋子は、20108月に生誕100年を迎えました。

7月から始まった企画展は、1968年(昭和43年)に放映されたNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」に焦点を当てながら、放送の仕事を中心に、その生涯と功績を広く紹介しています。

また、幕末の市川を描いた司馬遼太郎をはじめとする文学作品や、井上ひさし、小島貞二、伴野朗、本宮ひろ志、吉岡道夫ら市川の作家の作品、さらには市川の散策スポットなども取り上げ、いちかわ文学の広がりを展望しています。

特にこの4月に逝去された井上ひさし氏については、山形県川西町の遅筆堂文庫の協力を得て、氏の蔵書を特別展示し、その足跡を紹介しています。

   会期:1011日(月曜日)まで 1000分から1700

休館日:月曜日(920日、1011日は開館)及び921日、930

  会場:文学プラザ

 

・文学鑑賞講座「水木洋子の〈竜馬がゆく〉」

日時:915日(水曜日)1400分から

講師:石井 敏子(文学プラザ職員)

会場:文学プラザ

定員:60名(文学プラザまで要申込み、電話でも可)             

・水木テレビ「なぎ」上映会   

日時:929日(水曜日)1400分から1530

会場:ベルホール

定員:46名(当日先着順)

・文学鑑賞講座「井上ひさしの描いた幕末〜井上ひさしをしのんで」

日時:101日(金曜日)1400分から

講師:根岸 英之(文学プラザ職員)

会場:文学プラザ

定員:60名(文学プラザまで要申込み、電話でも可)

・親子で楽しむアニメ「坂本龍馬」上映会

日時:109(土曜日) 第1回上映1100分から 第2回上映1400分から

会場:ベルホール

定員:46名(当日先着順)

(文化国際部・文学プラザ)

 

10)水木洋子邸一般公開について「水木邸 生誕100年」

生誕100年を迎えた、日本映画の黄金時代を支えた脚本家 水木洋子さんの自宅を公開します。

日付:911日(土曜日)、12日(日曜日)、18日(土曜日)、19日(日曜日)

  (回遊展in八幡の開催に合わせ、第4土、日曜日の公開日を第3土、日曜日に変更しています。)

       109日(土曜日)、10日(日曜日)、23日(土曜日)、24日(日曜日)

時間:1000分から1600分(918日のみ1800分まで)

   場所:水木洋子邸(八幡5-17-3

 

・ミニイベント 「八幡の電器屋さん手作りの電蓄を聞く会」

  日時:918日(土曜日)1600分から1700

 場所:水木洋子邸(八幡5-17-3

(文化国際部・文学プラザ)

 

11)緑のカーテン写真展2010について

本市では、平成213月に策定した「市川市地球温暖化対策推進プラン」に基づき、市民が取り組みやすく地球温暖化対策としても有効なツル性植物による「緑のカーテン」の普及を推進しております。

この「緑のカーテン」の意義や取り組み効果を市民の皆さまに広くお知らせするとともに、地球温暖化問題を考えるきっかけとしていただくため、昨年度から「緑のカーテン写真展」を開催しており、今年度も引き続き開催するものです。

期間: 921日(火曜日)から927日(月曜日)まで(予定)

場所:ニッケコルトンプラザ

主催:市川市

写真募集 :816日(月曜日)から831日(火曜日)

(環境清掃部・環境政策担当)

 

12)第8期 市川市エコライフ推進員委嘱式について

現在活動している第6期エコライフ推進員の任期が平成228月末日をもって満了となるため、新たに第8期エコライフ推進員(任期:平成2291日から平成24831日)15人を委嘱するものです。

日時:91日(水曜日)1400分から1430

場所:第2委員会室

内容:委嘱状交付、市長挨拶、記念撮影

(エコライフ推進員制度について)

市川市エコライフ推進員制度は、平成158月に、家庭におけるエコライフ活動を推進し実践するための専門知識等を備えた人材の育成を目的として発足しました。

任期は2年間で、現在30人のエコライフ推進員が活動しています。毎年半数が新規の推進員と入れ替わる、参議院方式を採用することで、経験者が新しい推進員に活動方法等を伝えて自主的活動を継続して行うことが可能となっています。

平成21年度末現在の活動実績は、啓発回数235回、延べ15,041人の市民の方々に対しエコライフの普及活動を実施しました。

今後も、市と協働して環境家計簿の普及、エコクッキングの紹介、環境学習会の開催、各家庭環境に合ったエコライフの提案など、さらなるエコライフの普及促進をめざし積極的に活動していきます。

(環境清掃部・環境政策担当)

 

13)平成22年度市川市戦没者追悼式について

先の大戦で亡くなられたかたがたの御霊を慰めるとともに、世界の恒久平和を祈念する式典を行います。

  日時:105日(火曜日)1400分から1500

  場所:市川市民会館 大ホール

内容:国歌斉唱、黙祷、式辞、追悼のことば、献花(来場者全員で行います。)、献詠

  参加者:市川市長(主催者代表)、市川市議会議長、千葉県知事、千葉県戦没者遺族会会長、市川市戦没者遺族会会長、衆議院議員 (5区、6)、千葉県議会議員(市川市選出)、市川市議会議員、関係団体長、遺族(市川市戦没者遺族会)並びに一般参列者約300

(福祉部・福祉事務所)

 

 

14)「ゆめ半島千葉国体・ゆめ半島千葉大会」市川市関係出場選手壮行会の開催について

  925日に開会する「ゆめ半島千葉国体」及び1025日から3日間にわたり行われる障害者大会の「ゆめ半島千葉大会」に出場する選手のうち、市川市在住、在勤など市川市に関係する選手を一同に集め、激励するための壮行会を開催します。

  市川市からは、ハンドボールを始め、バスケットボール、体操、水泳など多くの競技選手がゆめ半島千葉国体に参加することが決まっています。また障害者大会の出場選手も24名の代表が決定しています。当日はこれら選手のうち約100名の出席が見込まれています。

この壮行会には、本番のハンドボール競技会場で様々な仕事に従事する、ボランティア職員や市職員が参加し、業務研修を兼ねて出席し、選手を激励します。

   日時:91日(水曜日)1530分から1630

会場:文化会館 小ホール

(保健スポーツ部 国体推進課)

 

 

15)平成22年度「事業所自衛消防操法大会」の開催について

市内各事業所の自衛消防隊員が119番通報並びに消火器及び屋内消火栓設備の操作技術に習熟し、初動対応の基本を身につけることにより、火災等の災害発生時に迅速的確に対処し得る自衛消防体制の確立を図ることを目的として開催します。

日時:107日(木曜日)845分から1200分 荒天時は中止です。(630分決定)

場所:行徳橋北詰江戸川河川敷 消防訓練場

内容:操作習得状況、安全管理及び隊員の士気等について、あらかじめ定めている審査表に基づき審査し、その結果、成績優秀な出場チームを表彰します。

主催:市川市消防協力会

共催:市川市消防局

参加事業所:市川市内各事業所

操法の種類:事業所自衛消防隊実戦操法

(消防局・予防課)

 

 

16)平成22年度「救急広場」の開催について

「救急の日」及び「救急医療週間」の行事の一環として、市民に救急医療及び救急業務に関する知識の普及、啓蒙を図り救急業務の理解と認識を高めることを目的として開催します。

日時:911日(土曜日)1015分から1300

場所:ニッケコルトンプラザ内「コルトン広場」及び「屋内イベントスペース」

      雨天時は、「屋内イベントスペース」で実施します。

内容:救命講習(成人、学童、乳児、AED)

      消防音楽隊と富貴島幼稚園の園児との合同演奏

      その他(高規格救急車、起震車の展示等)

主催:消防局

   協力機関:日本毛織株式会社市川コルトンプラザ、富貴島幼稚園、保健スポーツ部国体推進課

(消防局・救急課)

 

17)歴史カレッジ公開講演会「縄文人の祈りと造形」について

縄文時代の貝塚(ムラ)を発掘すると、しばしば人間の形をした素焼きの焼きもの、つまり土偶が出土することがあります。今回は、この土偶を中心に縄文時代の信仰やまつりについて、専門の先生からお話を伺います。

日時:103日(日曜日)1400分から1600

場所:グリーンスタジオ

講師:原田昌幸氏(文化庁美術学芸課主任文化財調査官)

定員:200(先着順)

参加費:700

(生涯学習部・考古博物館)

 

18)平成22年度 企画展示「昔のくらしと道具を探そう」について

学校教育の参考資料となる昔の道具を中心に展示します。

日時:912日(日曜日)から1128(日曜日) 900分から1630

場所:歴史博物館2階 特別展示室ほか 

入館料:無料

・関連行事

関連行事として小学校4年生向けに、わらぞうりを履く、昔の明かりを灯すなど、展示資料等を生かした体験学習実施します。体験内容については、相談に応じます。

場所:歴史博物館特別展示室・常設展示室・体験学習室等。

申込み:電話にて予約申し込みが必要です。

参加費:体験内容により材料費が必要になります。

(生涯学習部・歴史博物館)

 

 

 

19)歴史博物館・市川博物館友の会 共催文化講演会

「くらしの歴史をさぐる 信仰民具としてのおふだ」について

家の中でおふだがどのように機能しており、どのような役割を果たしていたのかを中心に、人々の生活と信仰民具のかかわりを探ります。歴史博物館の企画展示「昔のくらしと道具を探そう」に関連した講演会です。講演会と併せて、展示された昔の道具を見学できます。

日時:1024日(日曜日)1400分から1600

会場:歴史博物館2階 講堂 

講師:菅根 幸裕氏(千葉経済大学教授)

定員:70(先着順)

参加費:500

(生涯学習部・歴史博物館)

 

企画部 秘書担当

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで