ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成23年1月定例記者会見 1月7日(金曜日)

平成23年1月定例記者会見 1月7日(金曜日)

印刷する
更新日: 2011年3月23日

市長冒頭挨拶

 

 市長就任1年間を振り返り、これまでの取組みについて

 

 

1.主な会見内容

1)まごころ道路整備事業(狭あい道路対策)の実施と試行結果について

急速な市街地の拡大により、市内には車両のすれ違いも行えないような狭隘道路が多く存在しております。

このような道路を拡幅整備するには、全線にわたり用地を取得する必要があることから、長い時間と多くの費用が必要となります。

本事業は、車両、自転車及び歩行者等、狭隘道路を利用される方々が、思いやりやまごころを持ってすれ違うことができるように、待避ゾーンを整備するもので、このゾーンを「まごころゾーン」、また、このゾーンを設ける道路を「まごころ道路」とするものです。

「まごころ道路」は、道路の幅員や交通量、沿道の利用実態等一定の条件をもとに選定するなど、現在、事業実施に向けて様々な角度から検討・検証を行なっております。

今回、その一貫として、市内の二箇所において、「まごころゾーン」を試行的に設置し、その効果について調査するとともに、住民の皆様にアンケート調査を実施しましたので、その結果を報告いたします。

【アンケート調査結果】

実施箇所 北方1丁目26番地先

 ・整備概要:カラー舗装、イメージハンプ、看板設置

 ・まごころゾーン利用回数:試行前30台→試行後41台(6時間)

 ・アンケート回収率:約53%(回収50/配布95

・対策に対する評価:約6割の賛同(とても良い、やむを得ない)

実施箇所 国府台6丁目14番地先

 ・整備概要:As舗装、カラー舗装、イメージハンプ、看板設置

 ・まごころゾーン利用回数:試行前9台→試行後20台(6時間)

 ・アンケート回収率:約47%(回収71/配布150

・対策に対する評価:約8割の賛同(とても良い、やむを得ない)

(道路交通部)

 

2)「明るい選挙推進のつどい」の開催について

各種選挙での啓発活動功労者の永年にわたる協力に感謝の意を表し、感謝状を贈呈します。

また、選挙の意識向上のため、市内小・中・高校生から募集した選挙啓発作品のポスター、標語、書きぞめ入選者に賞状を授与します。このつどいは、今後の作品の創作意欲の高揚を図りながら、家庭内での政治及び選挙への関心と認識を深めてもらうことを目的とし毎年開催をしています。

【日時】25日(土曜日)1400分開会

【場所】グリーンスタジオ

【主催】選挙管理委員会、市川市明るい選挙推進協議会

(選挙管理委員会事務局)

 

3)ゆめ半島千葉国体ハンドボール競技会 チーバくんサンクスフェスタ 国体感謝の集い

65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」ハンドボール競技会は、全国からの選手団をはじめ多くの皆様を市民総参加の温かいおもてなしの心でお迎えし、花いっぱい運動や美化清掃運動、スタンドいっぱい運動など多くの市民の支えにより、盛大に開催することができました。

この感謝の集いは、市民の皆さんと一緒に「ゆめ半島千葉国体」を振り返り、ここで芽生えた様々な活動や思いを貴重な財産として、将来にわたって市民生活に定着、市民協働のまちづくりに活かしていくために開催します。

 【日時】122日(土曜日)・23日(日曜日)1000分から1700分まで

【会場】ニッケコルトンプラザ コルトンホール及びタワーコート

【主催】ゆめ半島千葉国体市川市実行委員会

(保健スポーツ部・国体推進課)

 

 

2.その他の項目

1)講演会「生物多様性と水辺のいきものたち」の開催について

平成2210月に「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」が名古屋で開催され、マスコミ報道などに生物多様性という言葉が取り上げられるようになりました。生物多様性は、わたしたちの生活にも密接に関係しています。そこで、本市では、生物多様性の大切さについて市民の皆さまとともに考える機会として、専門家を講師に招き次のとおり講演会を開催します。

【日時】25日(土曜日)1800分から2000分(予定)

【会場】市川教育会館3階多目的ホール

  【内容】生物多様性と水辺の生物 講師 千葉県生物多様性センター

      市川市の水辺のいきものたち 講師 株式会社セルコ

【対象】市内在住、在勤、在学の方 先着100

(環境清掃部・環境政策担当)

 

2)東山魁夷記念館 美術鑑賞セミナー「鑑賞の達人を目指そう」

美術鑑賞に役立つ知識や技術を楽しく学ぶ、毎回人気の講座です。学芸員の仕事を体験して、鑑賞の達人を目指します。

【日時】各コース1330分から1600

水曜日コース:126日、29日、223

木曜日コース:127日、210日、224

日曜日コース:130日、213日、227日 (31コース)参加費500

【場所】東山魁夷記念館

【講師】星野 良史(東山魁夷記念館学芸員)

【定員】各コース20名(応募多数の場合は抽選)

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

3)映像文化センター グリーンシアター新春スペシャル

アカデミー賞受賞作品などの名作映画上映会です。

【作品】新春スペシャル「ピノキオ」(アニメ作品・カラー 約86分)

【日時】19日(日曜日)1400分(開場は30分前)

【場所】グリーンスタジオ

【定員】先着220

(文化国際部・映像文化センター)

 

4)映文フェスタ2011

平成6年の開館以来、多くの利用者に愛されてきた映像文化センター。平成17年の開設以来、市川文学の中枢を担っている文学プラザ。

映文フェスタでは、映像文化センターと文学プラザがこれまでに培ってきた技術と経験を武器に、両施設の魅力を最大限に紹介するイベントです。

今回は、映像文化センターから10月にデビューをした「ABun合唱団」によるミニコンサートや、グリーンシアター名作スペシャルの上映等も予定されています。

映像文化センターと文学プラザを探検すれば、生涯学習の新しい形が見つかります。

【日時】211日(金曜日・祝日)1000分から1700

【場所】映像文化センター/文学プラザ

【料金】無料

(文化国際部・映像文化センター、文学プラザ)

 

5)市川市文学プラザ企画展「俳人能村登四郎とその水脈 林翔・伊藤白潮とともに」

俳人、正木ゆう子講演会「師・登四郎を語る」

俳人で能村登四郎氏に師事した正木ゆう子氏が、能村登四郎氏について講演します。 

【日時】219日(土曜日)1400分から1600

   【会場】グリーンスタジオ

   【定員】200名(要申込み)テキストとして図録を使用します。

(文化国際部・文学プラザ)

 

6)第11回市川手児奈文学賞について

「市川を詠む」をテーマに短歌・俳句・川柳を募集した第11回市川手児奈文学賞。全国から集まった5,781点の作品の中から、今年の入賞作品が決定しました。贈賞式と入賞作品展も開催しますので、市川を詠んだ作品をぜひご覧下さい。

○一般の部 大賞作品

短歌 美しい日本語残し遠くなるひょうたん島も吉里吉里国も 千葉県八千代市 上田野出

俳句 梨(なし)(せん)()手児奈ゆづりの髪束(つか)ね 千葉県浦安市 安藤しおん

川柳 他殺かも手児奈の身投げ疑惑あり 千葉県松戸市 中原政人

○贈賞式

【日時】26日(日曜日)1300分から1500

【場所】グリーンスタジオ

○入賞作品展

  一般の部の入賞作品(大賞・秀逸・佳作)と、子どもの部の優秀作品を展示します。

【会期】129日(土曜日)から224日(木曜日)1000分から1700分(月曜休館)

【会場】文学プラザ

○作品集

一般の部の入賞入選作品(短歌・俳句・川柳の各部門100作品ずつ)と、子どもの部の入選作品を収録した作品集『2010 市川を詠む』を、文学プラザにて販売します。(26日刊行予定)

(文化国際部・文学プラザ)

 

7)水木洋子邸 一般公開「水木邸の新春」

生誕100年を迎えた、日本映画の黄金時代を支えた脚本家 水木洋子さんの自宅を公開します。

【日時】122日(土曜日)、23日(日曜日) 1月は第4土、日曜日のみの公開となります。

1000分から1600

【場所】八幡5-17-3

(文化国際部・文学プラザ)

 

8)「平成22年度エイズ等性感染症予防啓発キャンペーン」の開催について

性の若年化が進んでいるといわれている中、若い世代の皆様へエイズだけではなく、性感染症についての正しい知識、理解を、エイズ講演会、ダンスパフォーマンスを通して学んでいただきます。

【日時】115日(土曜日)1300分(開場30分前)から1540

 【場所】文化会館小ホール(定員448名)

【主催】市川エイズ等STD(性感染症)対策推進協議会

(保健スポーツ部・保健医療課)

 

9)ゆめ半島千葉国体市川市実行委員会第4回総会(解散総会) 

65回国民体育大会ゆめ半島千葉国体ハンドボール競技会を開催するため、設立された実行委員会(会長 市川市長 大久保博)の第4回総会を開催します。

  この総会において、事業報告及び決算等を審議後、実行委員会を解散し、国民体育大会事業を終えることとなります。

【日時】22日(水曜日)1500分から

【場所】市川市文化会館 小ホール

(保健スポーツ部・国体推進課)

 

 

10 ※中止になりました。 食育シンポジウム、第1回市川市小学生朝食選手権の開催について 

先進国の中で料理をすることや、手伝いに関わったことのない子どもが一番多いのが日本であるという報告があります。また朝食を食べていない小学生が未だ10%以上いるとも言われています。そのため自分の朝食を自分で作れるように、さらに子どもの育っている地域、市川のおいしい食材を実感してもらうことを目的に、食育シンポジウムや市川市内の小学生による朝食選手権を開催します。なお参加者については、1月17日から2月28日まで第一次募集を行います。

【日時】327日(日曜日)食育シンポジウム 930分(30分前受付)から1200

1回市川市小学生朝食選手権 1230分から1530

 【場所】食育シンポジウム 昭和学院伊藤記念ホール

1回市川市小学生朝食選手権 昭和学院短期大学栄養研究所並びに調理実習室

【主催】市川シビックロータリークラブ

【後援】市川市・市川市教育委員会・市川商工会議所

 【協力】学校法人昭和学院

 【協賛】JAいちかわ・株式会社全日警・株式会社デーリーヤマザキ・京葉瓦斯株式会社・株式会社市川環境エンジニアリング・株式会社MSプランニング 

(保健スポーツ部・健康支援課)

 

11)防災講演会(防災落語と講演)の開催ついて

平成7117日に発生した阪神・淡路大震災を契機に、「防災とボランティアの日」(毎年117日)及び「防災とボランティア週間」(毎年115日から21日)が創設されました。この期間は、災害時におけるボランティア活動や、自主的な防災活動の普及のための講演会等が全国的に実施されます。本市においても防災講演会を行います。

【日時】115日(土曜日)1000分から1200

【場所】グリーンスタジオ

【内容】防災落語 演者 三遊亭 京楽 演題「ゴキブリの子守唄」 

講演(演題)「災害時の地域での支え合い」

講演者 東京災害ボランティアネットワーク 事務局長 上原 泰男

(危機管理部・危機管理担当)

 

12)文化財防火デー消防総合訓練の実施について

文化財防火デーにあたり、日本の歴史、文化を今に伝える貴重な文化財等を火災などの災害から守るため、関係者、付近住民と消防機関が一体となった消防訓練を実施することにより、文化財防火体制の強化と文化財愛護思想の普及高揚を図ることを目的とします。

【日時・場所】妙好寺(妙典1丁目1110号)126日(水曜日)9 00  南消防署

中山法華経寺(中山2丁目10番)126日(水曜日)1000分 東消防署

【訓練内容】

通報連絡訓練、避難持ち出し訓練、自衛消防隊消火訓練、消防署・消防団一斉放水訓練などを実施します。

(消防局)

13)平成22年度学校版環境ISO認定式の開催について

各学校で特色ある環境保全活動や省エネ・リサイクル活動に取り組むことにより、児童・生徒、教職員、ならびに保護者・地域の環境意識の高揚と環境保全活動の実践力の向上を図ります。

 (平成15年度開始 8回目)

【日時】127日(木曜日)1515分より

【会場】グリーンスタジオ

【内容】認定賞授与(新規指定校 小学校3校・中学校2校) 

     各校の取り組み報告(2年目指定校 小学校5校)

【主催】市川市教育委員会

(学校教育部・指導課)

 

14)平成22年度「新成人の集い」開催について 

 平成242日から平成341日生まれの新成人を迎え開催します。

【日時】19日(日曜日)式典開始1100

【場所】文化会館  

【内容】式典会場(1F 大ホール)オープニング公演やサプライズ企画を実施します。

集いの広場会場(2F小ホール)式典模様をライブ中継いたします。

出会いの広場会場(地下1階大会議室、展示室)

懐かしい先生からのビデオレター、先生からの熱いメッセージ映像を地域ブロックごとに上映します。

         茶席体験・着付け直し会場(4F 茶華道室、和室)

「市川市茶道会」による茶席体験、「雅び会」による着物の着崩れを直します。

【主催】市川市・市川市教育委員会 

(生涯学習部・生涯学習振興課)

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで