ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成23年4月定例記者会見 4月13日(水曜日)

平成23年4月定例記者会見 4月13日(水曜日)

印刷する
更新日: 2011年4月18日

市長冒頭挨拶

 

 1 市内経済の活性化を図り、被災地の活力に繋げることについて

 2 25%削減を目標に節電対策に取り組むことについて

 3 被災者・避難者に対し、長期的な避難住宅の支援を行うことについて

 

 

1.主な会見項目

1)東日本大地震の対応について(中間報告)

 

(総務部・危機管理課)

 

2)市川市自殺対策計画の策定について

 効果的な自殺対策を推進していくために、統計等を分析し本市の特性を知り、市民の声を反映した施策を計画的に実施する「市川市自殺対策計画」を平成233月に完成いたしました。

 「共に理解しあい、生きていくまち市川市」を基本理念に、平成23年度から28年度までの期間に平成20年度の本市自殺者数100人を基準としてその減少を目指していきます。

【取組内容】

[1]うつ状態の疑いがある方とその家族に対する相談(うつの心配相談)

予約制の面接相談で、精神保健福祉士・社会福祉士が対応。保健センター、南行徳保健センターで実施します。

[2]市民啓発

市民講演会などを行います。(詳しくは広報・ホームページでお知らせ)

[3]ゲートキーパーの養成講座

自殺のサインに気づき、見守りを行い、専門相談機関による相談へつなぐ役割が期待される人材に対し研修を行います。(民生委員・行政職員など)

[4]自死遺族相談(現在実施中)

  予約制の面接相談で精神保健福祉士・社会福祉士が対応します。

[5]実態把握(統計等を活用し実態分析)

 (保健スポーツ部・保健センター健康支援課)

 

2.その他の項目

1)市川市東山魁夷記念館から展覧会のお知らせ

○通常展 「四季の詩・春 桜と新緑」

今年度は、四季を年間テーマに作品をご紹介します。第1回目は、春にちなんだ作品をご覧いただきます。新しい命が芽吹くとき、自然の息づかいが聞こえます。この季節の象徴ともいえる桜や新緑をお楽しみください。

【会期】 422日(金曜日)から619(日曜日)  

【展示品】萬緑新(ばんりょくあらた)(中下図・大下図)他

【閉館日】月曜日

【観覧料】一般500円(400円)、 65歳以上 400円、 高・大生 250円(200円)

中学生以下無料  ※( )団体25名以上

       年間パスポート 一般2,000円、65歳以上1,600円、高・大生1,000

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

2)平成23年度「いちかわ市民アカデミー講座」受講者募集

市内にある昭和学院短期大学、千葉商科大学、和洋女子大学の3大学を会場として、毎年6月に開講し、年間学習テーマに基づき1年間を通して学びます。

  ○昭和学院短期大学コース「心豊かに生きる」

○千葉商科大学コース「市川学 市川の過去・現在・未来を考える」

○和洋女子大学コース「世界を散歩しよう!」

【期間】平成236月から平成242月まで各大学10回開講

【申込期間】418日(月曜日)から56日(金曜日)まで

【定員】各コース定員60

【参加費】各コース年額4,000円(名札代等含)

(生涯学習部・生涯学習振興課)

 

3)平成23年度 ジュニアリーダー講習会の開催について

地域活動の活性化を図るため、青少年の主体的、社会的な活動の支援として、青少年指導者を育成するための中学生対象の講座を開設します。

  講義・レクリェーションの他、キャンプ1回・登山実習1回・宿泊実習1回を予定しています。

【日時】515日(日曜日)から1127日(日曜日)までの年間7回。

【会場】メディアパーク 他

【定員】Aコース(中学23年生)30名 Bコース(1年生)30

【参加費】1,000

(生涯学習部・青少年育成課)

 

4)平成23年度 ヤングカルチャースクールの開催について

地域活動の活性化を図るため、青少年の主体的、社会的な活動の支援として、青少年指導者を育成するための高校生対象の講座を開設します。

講義・レクリェーションの他、キャンプ2回・登山実習1回・宿泊実習1回を予定しています。

【日時】平成2358日(日曜日)から平成231127日(日曜日)までの年間7回。

【会場】メディアパーク 他

【定員】30

【参加費】1,000

(生涯学習部・青少年育成課)

 

5)国際博物館の日記念・市川歴史カレッジ公開講演会「飛鳥を掘る」

日本の古代国家が成立した7世紀、奈良県飛鳥地方に都がおかれました。日本という国家の始まりは、飛鳥から始まったといってもいいでしょう。その飛鳥時代とはどのような時代で、古代の先人たちは、どのように試行錯誤して国家を立ち上げようとしていたのか、考古学・文献史学の第一人者が熱く飛鳥を語ります。

【開催日】平成22521(土曜日) 1330分から1650

【会場】メディアパーク市川2階 グリーンスタジオ

 【講師】仁藤 敦史氏(国立歴史民俗博物館教授)

林部 均氏(国立歴史民俗博物館准教授)

【定員】先着200

【参加費】500(資料代) 

(生涯学習部・考古博物館)

 

 

 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで