ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成23年5月定例記者会見 5月16日(月曜日)

平成23年5月定例記者会見 5月16日(月曜日)

印刷する
更新日: 2011年5月16日

 

市長冒頭挨拶

 

○本庁舎における節電(平成22年度夏のピーク電力の25%削減)がシミュレーションの結果、

 可能であることについて。

○クールビズを5月から開始したことについて。

○石巻市へ5月19日に自転車30台を提供することについて。

 

 

1.平成235月市議会臨時会議案関係

 

2.主な会見項目

1)震災復興支援!市川笑顔まつり〜市川ぐるめ屋台村〜

東日本大震災の影響により、被災地のみならず市川市も様々な影響を受けていますが、市民生活も少しずつ落ち着きを取り戻してきました。しかしこれまでの計画停電や節電の影響、各種イベントの中止や過度の自粛によって市川市の経済活動も停滞している状況は否めません。

まずは一日も早く地域が元気を取り戻し、経済界はもとより、市民自らが活力を生み出していかなければなりません。

そこで、市川の地域活性化の原動力となることを目的に、商工会議所、行政、観光協会のほか、有志市民や有志飲食店などの参加協力によって、賑わいを創出し、「わが町市川」が元気になるイベントを以下の通り企画します。

【日時】64日(土曜日)開会セレモニー1045分から1100分(ウエスト2階イベント広場)

11100分から1500分(物販・ステージ等)

21600分から2100分(ぐるめ屋台村)

             市川マルシェ1100分から1500分(ベーカリー・海苔等)

【会場】市川駅南口ペデストリアンデッキ周辺及びザ タワーズウエストイベント広場

    アイ・リンクタウン45階展望施設

※各ブースにて、東日本大震災義援金箱の設置(必置)

【主催】市川商工会議所 i−l1)nkタウンいちかわMALLS店舗会

【共催】市川市・市川市観光協会・JAいちかわ・行徳漁協協同組合・南行徳漁協協同組合

【協力】ザ タワーズイースト管理組合・ザ タワーズウエスト管理組合

【その他】荒天中止・雨天決行 (主催者の判断で中止、開催時間短縮の場合あり)

(経済部・商工振興課)

 

2)東日本大震災の三番瀬への影響について

この度の東日本大震災では、市川市の沿岸部も液状化や干潟の沈下など、地震と津波による影響を受け、三番瀬の状況は確実に変化しています。そこで市では、三番瀬への影響を把握するため、漁業関係者に聴き取り調査を行いました。その結果、改めて江戸川放水路を含む三番瀬の地形は、震災の影響により大きく変化したものと考えております。

漁場への影響も懸念されますことから、全域での実態把握等が必要と考えております。

このため、三番瀬再生の事業者である千葉県に対し、震災の影響につきまして実態調査の実施を働きかけてまいります。

(環境清掃部・環境政策課)

 

3)塩浜1丁目護岸の安全対策及び早期完成に関する要望書について

塩浜1丁目護岸(約600m)については、千葉県が平成25年度の完成を目指し、今年度から約300m区間の捨石工事を実施する計画であります。

この度の東北地方太平洋沖地震に伴い、塩浜1丁目護岸は海域側に傾き、護岸敷は沈下や陥没、舗装版が壊れるなどの被害を受けました。

現在も余震が続いており、これから台風の到来を控え、市民の生命及び財産を守るための安全対策を早急に図る必要があります。

以上のことから、千葉県知事あてに標題に係る要望書を516日に提出したものです。

【要望事項】

1)今年度に予定している捨石工事の更なる延長などにより、約600m全区間の早急な安全対策を実施していただきたい。

2)平成25年度の完成を目指しているが、前倒しなどにより早期に完成していただきたい。

(行徳支所・臨海整備課)

 

3.その他の項目

1)メールでの緊急情報・防災情報、防犯情報等のお知らせについて

市川市緊急情報・防災情報、防犯情報等がご自分の携帯電話等にメールで届きます!

市では、市から市民の皆様へ緊急にお伝えしたい情報を、皆様がお持ちの携帯電話やパソコンにメールでお知らせしています。

受け取る情報の種類としては、

【緊急情報】災害時等、緊急を要する事態が発生した場合や防災行政無線で放送した緊急情報、計画停電実施の有無 など

【防災情報】 気象(大雨など注意報、警報)情報 (初期値は警報発表時)

地震情報(初期値は震度4以上)津波情報(初期値は警報発表時) など

【防犯情報】 市内での犯罪発生の情報 など

必要な情報を自分で選択できます。

(企画部・広報広聴課 総務部・危機管理課、防犯対策課)

 

2)農業後継者対策事業 アグリデートについて

農業後継者の確保から農業振興を図ることを目的に、独身の農業後継者と農業に興味のある独身女性の出会いの場を創設し、結婚対策を推進します。

主な内容は、大和田2丁目花摘み園・ふれあい農園で収穫体験から、市内見学、農園カフェでティータイムのあと、収穫した野菜でカレーを作り試食をします。(雨天時変更)

【対象】農業に興味のある20歳以上の独身女性

【開催日】79日(土曜日)1300分から2000

【場所】大和田2丁目大和田花摘み園・ふれあい農園他

【主催】アグリデート実行委員会

【後援】市川市(事務局経済部農政課)

【募集】市川市ホームページ、広報いちかわ(521日号掲載)にて募集。

【募集人数】20

【費用】1,000

(経済部・農政課)

 

3)世界禁煙デーに向けての市民マナー条例の啓発活動について

531日のWHO世界禁煙デー及び531日から66日の禁煙週間に向けて、禁煙と市民マナー条例の啓発活動を実施します。(いずれも雨天の場合は中止となります)

529日(日曜日) 730分から 東京メトロ南行徳駅周辺での啓発活動

531日(火曜日) 730分から JR市川駅周辺での啓発活動

531日(火曜日)1300分から JR本八幡駅周辺での啓発活動

(市民部・地域振興課 市民マナー条例担当室)

 

4)文学プラザ企画展 「いちかわの詩歌(うた)びとたち」(前期)

短歌や詩で知られる北原白秋(はくしゅう)、川柳作家の吉田機司(きじ)など、市川ゆかりの“詩歌(うた)びと”を一堂に紹介しています。

(見どころとなる展示品)

・北原白秋の使用した机・花瓶(市立市川歴史博物館蔵)

・吉田機司の川柳関係資料(初公開寄贈資料)

・井上ひさしの戯曲「泣き虫なまいき石川啄木」に関する創作資料(山形県遅筆堂文庫蔵)

・脚本家・水木洋子と詩歌に関する資料(当館水木コレクション)

・永井荷風の短歌関連資料(永井永光氏提供)

・俳人 阿部?人【しょうじん】関係資料(初公開寄贈資料)

【日時】現在開催中(626日まで)1000分から1700分 入場無料

【会場】文学プラザ(メディアパーク市川3階)

【休館日】月曜日及び531

(文化国際部・文学プラザ)

 

5)『市川の文学 詩歌編』待望の発刊!

企画展に併せて、市川ゆかりの作家が市川を詠んだ短歌・俳句・川柳・詩を分かりやすく紹介する『市川の文学 詩歌編』が発行されました。

この本は、昭和57年に『市川の文学』(市川市教育委員会)が刊行されてから30年近い歳月が経ち、長らく増補改訂が望まれていたものです。和洋女子大学・東洋大学・市民サポーターによる3年間の調査により、多くの作品を確認することができました。本書はその成果から、約136人、約640点にのぼる詩歌作品を選び、一冊の本にまとめたものです。

北原白秋、吉井勇、能村登四郎、阪井久良伎、草野心平、宗左近といった著名な作家はもちろん、現在、活躍中の神作光一、高野公彦、黒田杏子、葉山修平や市民の作品、さらには市内の文学碑にいたるまで、市川の文学とまちの魅力を、簡便に知ることができます。

販売(500円、A5版、136ページ)は、文学プラザ、市政情報センター(市役所)、文化振興課(情報プラザ内)、八幡市民談話室です。エコボカードでも交換できます

(文化国際部・文学プラザ)

 

6)初夏の文学散歩『短歌と川柳のまちいちかわ』

【日時】519日(木曜日)文学プラザ集合→講義

       526日(木曜日)JR市川駅集合→文学の道→真間小解散

       62日(木曜日)亀井院集合→里見公園解散

      いずれも1000から1200

【対象】全3回参加できる方

【定員】30名(文学プラザまで要申込。電話可)

        テキストとして『市川の文学 短歌編』(500円)を使用します。

(文化国際部・文学プラザ)

 

7)文学鑑賞講座『井上ひさしが描いた石川啄木と短歌』

【日時】619日(日曜日)1400分から1600

【会場】文学プラザ奥研修室(メディアパーク市川3階)

【定員】60名(文学プラザまで要申込。電話可) 無料

(文化国際部・文学プラザ)

 

8)平成23年度 第31回「江戸川クリーン作戦」

市民が自主的に街をきれいにしようという意識の高揚を図るため、国土交通省と江戸川沿い211市町による「江戸川クリーン大作戦」に参加し、河川敷に散乱する空き缶・紙くず等の拾集を行います。なお、ご参加頂いた方全員に「エコボポイント」を20ポイント差し上げます。

【日時】529日(日曜日)900分から1時間程度(集合850分)

※雨天(小雨決行)の場合は中止とし予備日は設定しません。

【場所】江戸川河川敷

国府台2丁目地先から高谷1554番地先(クリーンスパ市川)までの河川敷(約10km)を9班に分かれて行います。

【主催】国土交通省と江戸川沿い211市町

【参加人数】約2,000

【備考】22年度(第30回)実績 参加団体49団体、参加人数1,985人、収集量1,220kg

(環境清掃部・循環型社会推進課)

 

9)「水防訓練」の実施について

台風や集中豪雨等に備えるため、消防職員及び消防団員が連携し、土のう構築等の訓練を行い、災害発生時の迅速な対応と水害を未然に防ぐことを目的として実施します。

【日時】612日(日曜日)900分から1100分 ※雨天決行

【場所】稲荷木2丁目地先江戸川河川敷 消防訓練場

  【参加者】消防職・団員 約400

  【訓練内容】(1)指揮活動訓練 (2)部隊編成訓練 (3)土のう作成訓練

       (4)積み土のう工法をはじめとする各種水防工法

(消防局)

 

10)市川市農業委員会委員一般選挙について

市川市農業委員会委員の任期が7月19日をもって満了となります。

[1]選挙の日程

・立候補予定者説明会 6 8(水曜日) 市民会館2階 第2会議室

・選挙の告示     7 3(日曜日)

・立候補届      7 3(日曜日) 市役所3階 第5委員会室

・選挙日       710(日曜日)  市役所3階 第1委員会室

※立候補届出が15人以内であれば無投票となります

[2]農業委員会の概要

・農業委員の定数   20人(公選による委員は15人)

・農業委員の任期   3年間

・有権者の数     1,755人(平成2341日現在)

[3]被選挙権の要件

・住所要件  農業委員会の区域内に住所を有する者

・年齢要件  満20歳以上(平成3711日以前に出生した者)

・その他   (a)10アール以上の農地について耕作の業務を営む者

(b) (a)の者の同居親族又はその配偶者(60日以上耕作従事)

(c)10アール以上耕作農業生産法人の組合員等(60日以上耕作従事)

                         (選挙管理委員会・農業委員会)

 

11)平成23年度 第37回 市川市むし歯予防大会について

 健歯児童・生徒審査会及び歯科衛生作品表彰事業、作品展示を行うことにより、歯科疾患の早期発見、早期治療を促し、広く市民に対して歯の大切さの認識を高め、身体の健康保持、増進に寄与することを目的とします。

【日時】(1)作品展示 528日(土曜日)から65日(日曜日)

            平日1000分から1930分 土日1000分から1800

     (2)健歯審査会 61日(水曜日)1350分から

3)表彰事業 61日(水曜日)1515分から

【会場】生涯学習センター

1)作品展示 1階エントランス

2)審査会場 2階グリーンスタジオ及び3階研修室

3)表彰事業 2階グリーンスタジオ

【主催】市川市歯科医師会、市川市教育委員会

 【共催】市川市学校保健会、市川健康福祉センター(市川保健所)

(学校教育部・保健体育課)

12)平成23年度成人式実行委員を募集します。

平成2418日(日曜日)に市川市文化会館で実施する成人式の企画構成、式典当日等の運営を行います。式典まで約10回の会議(1830分から2030分予定)に参加していただき、参加者の目線で内容を考えていきます。

【募集期間】521日(土曜日)から630日(木曜日)まで

【対象者】20歳(平成342日から平成441日生まれ)

      19歳(平成442日から平成541日生まれ)

【募集人員】15名程度

(生涯学習部・生涯学習振興課)

 

13)「平成23年度 わんぱくセミナーの開催」について

活動の活性化を図るため、青少年の主体的、社会的な活動の支援として、小学生対象の青少年指導者育成講座を各小学校で開催します。その他に、3会場合同事業としてレクリェーションやキャンプを、少年自然の家で開催します。

【日時】619日(日曜日)から1113日(日曜日)までの年間5

【会場】八幡小学校体育館、市川小学校体育館、行徳小学校体育館 

少年自然の家(レクリェーション・キャンプ)

【対象】市内在住の小学校56年生

【定員】各会場50名 計150

【参加費】1,000

(生涯学習部・青少年育成課)

 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで