ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成23年7月定例記者会見 7月12日(火曜日)

平成23年7月定例記者会見 7月12日(火曜日)

印刷する
更新日: 2011年7月12日

 

市長冒頭挨拶

 ○節電避暑地マップの配付について

 ○6月の本庁舎における消費電力について

 ○職員用ポロシャツを作成したことについて

 ○結活支援「アグリデート」が開催されたこと、及び10月中旬以降に2回目の開催予定であることについて

 

 

1.主な会見項目

1)「満点エコボカードで節電しよう!キャンペーン」のお知らせ

市では、家庭内での取り組みを推進するため、第1弾として、電気製品の消費電力量を測定する簡易測定器「ワットモニター」の貸し出しや、7月から9月の期間、毎月、昨年同月比15%の節電を目指す「節電チャレンジ」を行っております。

2弾の今回は、地域ポイント(エコボポイント)の新たな利用メニューに、「節電のための外出」を促進するため、「お出かけエコグッズ」との交換や、街中のクールスポットとして、ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典の入場割引サービスが受けられるキャンペーンを実施します。

【実施期間】720日(水曜日)から930日(金曜日)

【実施内容】○お出かけエコグッズとの交換(お出かけ時の必需品「マイボトル」

       取扱窓口 環境政策課、ボランティア・NPO活動センター(行徳含む)

            リサイクルプラザ、本庁(企画・広域行政課)

            ※市内のクールスポットマップも配付。

○ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典での利用方法

チケット販売カウンターで満点エコボカードをご提出していただくと、1枚でお一人様に限り一般料金1800円から300円の割引をいたします。

他の割引との併用は出来ませんのでご注意ください。

(満点エコボカードその他の特典)

満点エコボカードは、従来どおり市内のクールスポットとしての「動植物園」、「東山魁夷記念館」、「市民プール」の入場にも利用もできます。

 また市コミニティバスが満点エコボカードで1回(無料)利用することができます。

(環境清掃部・環境政策課)

 

2)東日本大震災被災地へ図書を贈ります。

市川市中央図書館では、東日本大震災で被災された地域の復興を支援するため約500冊の一般書や児童書を、遠野文化研究センターを通して被災地のみなさんに贈ります。

234月に遠野市が設置した遠野文化研究センターでは、被災した図書館を支援するため「献本」を募っております。寄贈された本は遠野市内に保管して分類・登録作業を行った後、被災地の学校図書館・公立図書館へ贈られます。

【発送日時】713日(水曜日)発送予定

【寄贈先】名称 遠野文化研究センター 

      住所 岩手県遠野市東館町3-9 電話0198622340

         遠野市立図書館内 三陸文化復興プロジェクト係

【寄贈図書】一般書  実用書・小説など  172

       児童書 読み物・絵本   314冊  合計  486

(生涯学習部・中央図書館)

 

2.その他の項目

1)平和の折り鶴展、平和展の開催について   

○平和の折り鶴展 

平成9年から「折り鶴」が「平和へのかけ橋」になることを願って、広島・長崎で行われる「平和記念式典」へ市民から寄せられた千羽鶴の送呈を行っています。(昨年は20万羽の折り鶴を両市に送呈しました。)折り鶴を送呈するまでの期間、公共施設「メディアパーク市川1階ホール」にて展示します。

【期間】716日(土曜日)から722日(金曜日)1000分から1930

(土・日曜日・祝日は1800分 最終日22日は1500分まで)

    【場所】メディアパーク市川1階ホール

【主催】市川市総務部総務課

               

○平和展 

平和に関するパネルの展示、数少ない被爆体験者のお話、戦争を詠んだ詩の朗読を行い、戦争による原爆の被害に加えて、今回は311日に発生した「東日本大震災」の被災地の写真を展示しての平和展を、中央こども館で実施します。

【期間】86日(土曜日)から814日(日曜日)1000分から1800

(土・日曜日は1700分まで。最終日14日(日曜日)は1600分終了。8日(月)は休館日)

・被爆体験のお話、戦争詩の朗読 811日(木曜日)1400分   

【場所】メディアパーク市川1階、中央こども館

  【主催】中央こども館 (協力)市川市総務部総務課、文学プラザ

(総務部・総務課)

 

2)街の安全パトロール 市川東部(南部)地域合同パトロールを開催します。

地域の防犯活動の活性化と、防犯力の向上のため、毎月15日に街の安全パトロールを実施していますが、この街の安全パトロールの日のうち年2回(7月・12月)地域合同パトロールを実施することで、地域のみなさんが一緒にパトロールできる機会を提供して、地域パトロール活動を支援します。

【日時】715日(金曜日)1900分から2015分 

【場所】鬼高小学校 校庭

 

【徒歩パトロール】

出発式終了後、自治会、防犯指導員、ボランティアパトロール員、市職員によるパトロール隊を編成し、約1時間をかけ市川東部(南部)地区の徒歩パトロールを実施します。

【車両パトロール】

出発式終了後、警察、消防、民間会社等の車両が鬼高小学校校庭から出発します。 走行ルートを指定せず、約1時間かけて、市川東部(南部)地区周辺を巡回します。

【主催】市川市・市川東部地区自治会連合会共催

(総務部・防犯課)

 

3)市川市青少年代表団ガーデナ市派遣について

23年度は市川市国際交流協会の主催で7月26日から84日までの日程で市川市青少年代表団をガーデナ市へ派遣します。

派遣期間中は現地において青少年同士の交流やホームステイを体験しながら国際的な理解・見識を深めるとともに親善使節として、市川市とガーデナ市との間の友好親善を果たすという大きな役割を担っています。

なお、派遣に先立ち市長表敬と壮行会、帰国後は報告会を下記の日程で市長室において行ないます。

【派遣期間】726日(火曜日)から84日(木曜日)

【派遣人数】市内在住の高校生9名と引率者1名(市職員)

【派遣先】アメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ市ほか

【事業主催】市川市国際交流協会

 

○市長表敬・壮行会

【日時】720日(水曜日)1000分から

【場所】市長室

○帰国報告会

【日時】811日(木曜日)1000分から 

【場所】市長室

(文化国際部・国際交流課)

 

4)東山魁夷記念館から展覧会のお知らせ

○夏休み親子ワークショップ「岩絵具を使ってオリジナルうちわづくり」

夏休みの思い出に、日本画画材の岩絵具を使って、自分だけのオリジナルうちわを作ってみませんか。

【日時】729日(金曜日)、810日(水曜日)、21日(日曜日)

1230分から1630分まで

【場所】東山魁夷記念館 他

【講師】久保田 恭子(日本画家)

【定員】各コース 30名 (申込多数の場合は抽選)

【対象者】小学生は保護者同伴、中学生以上の一般の方は一人でもご参加できます。

      未就学児の同伴はご遠慮ください。

【参加費】 一般1,000円(高校生以上)小中学生 500円(親子2名一組の場合1,500円)

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

5)文学プラザからのお知らせ

○文学プラザ企画展「いちかわの詩歌(うた)びとたち」(後期)  

短歌や詩で知られる北原白秋、川柳作家の吉田機司など、市川ゆかりの“詩歌びと”を一堂に紹介しています。前期・後期で展示替えを行います。また、市川ゆかりの作家が市川を詠んだ短歌・俳句・川柳・詩を分かりやすく紹介した『市川の文学 詩歌編』(500円)も、待望の好評発売中です。

・後期から新たに加わった資料

行徳鴨場吟行会句寄せ屏風(行徳在住の俳人・関口凡雪氏旧蔵)

【日時】925日(日曜日)まで 1000分から1700

【場所】文学プラザ

【休館日】月曜日(718日、919日は開館)、719日、729日、920

 

○文学鑑賞講座『水木洋子脚本映画の中の詩歌』

【日時】825日(木曜日)1400分から1600

【会場】ベルホール(メディアパーク市川2階)

【定員】46名(文学プラザまで要申込。電話可)無料

【講師】石井 敏子(水木洋子市民サポーターの会)

 

○水木洋子邸 一般公開 

日本映画の黄金時代を支えた脚本家 水木洋子さんの自宅を公開。

【日時】723日(土曜日)・24日(日曜日)、813日(土曜日)・14日(日曜日)・

27日(土曜日)・28日(日曜日) 1000分から1600

【場所】八幡5-17-3

(文化国際部・文学プラザ)

 

6)「第12回市川手児奈文学賞」作品募集スタート!!

  市川の魅力を短歌・俳句・川柳に込めてみませんか。市川を詠んだ作品を全国から募集します。部門ごとに入賞・入選作品合わせて100点を選定。作品集にまとめ発表し、入選者には作品集を贈呈します。

【募集作品】短歌・俳句・川柳の3部門(未発表作品に限る)

【募集テーマ】「2011年市川を詠む」

市川の自然、文化、祭、史跡や建物、市川ゆかりの人物などを題材とします。

【応募規定】1部門につきひとり5点までです。

【応募期間】930日(金曜日)まで(消印有効)

【選者】 短歌 清水麻利子(花實 同人)、俳句 能村研三(沖 主宰)、

川柳 岡本公夫(川柳新潮社 同人)

【発表】12月頃を予定 入賞・入選者に文書にて通知する

 

○市川手児奈文学賞 秀作展 開催中

市川手児奈文学賞の過去の入賞作品を展示するとともに、期間中は今年度の募集要項を配布し、応募箱も設置します。

【日時】79日(土曜日)から24日(日曜日)まで 900分から1700

(最終日は1500分まで)

【会場】アイ・リンク情報コーナー(ザ・タワーズ ウエスト45階)

 

○入選へのワンポイントアドバイス「入賞する作品入賞しない作品」

秀作展の期間中、会場で各部門の選考委員による短歌・俳句・川柳のワンポイントアドバイス講座を行います。

【日時】718日(月曜日・祝日)1400分から1500

【会場】アイ・リンク展望施設(ザ タワーズ ウエスト45階)

【定員】40名(文学プラザまで要事前申込み)

(文化国際部・文学プラザ)

 

7)ハローワーク市川マザーズコーナーがオープンしました。

627(月曜日)、市川駅南口ザタワーズイースト3階にありますヤングジョブサポートいちかわ内に「ハローワーク市川マザーズコーナー」がオープンしました。

なお、若年者就労相談窓口「ヤングジョブサポートいちかわ」は、71日(金曜日)から対象者を全ての年齢層に、開設日を週2日から4日に拡大し、新たに「ジョブサポートいちかわ」としてスタートしました。

○ハローワーク市川マザーズコーナー

  【利用時間】月曜日から金曜日 900分から1730

【連絡先】047-323-8609

○ジョブサポートいちかわ

  【利用時間】火曜日から金曜日 1300分から1500

【連絡先】047-704-4131 雇用労政課

(経済部・雇用労政課)

 

8)自殺予防対策事業 こころの健康市民講座 開催について

「こんな時代だから聞きたい 佐々木常夫氏に学ぶ 働くことと生きること」

我が国では、平成10年から13年間、自殺者数が3万人を越えた状態が続き、市川市でも増加している状況です。自殺の原因には、景気や就労の問題、うつ病などを含む健康問題など、様々な因子が複雑に絡みあっているため、総合的な取組みが必要です。

そこで、現代のストレス社会を生き抜き、仕事やプライベートなど充実した生き方を学ぶ機会を提供します。

【日時】910日(土曜日)1300分から1500

【場所】行徳文化ホールII(行徳公会堂)

【主催】市川市保健スポーツ部 保健センター健康支援課

【講師】佐々木 常夫氏((株)東レ経営研究所特別顧問)

(保健スポーツ部・保健センター健康支援課)

 

9)『夏休み!親子で体験 親子リサイクルツアー』の実施について

「プラスチック製容器包装類ってどうやってリサイクルされているの?」「ごみはどうやって燃やしているの?」「紙はどうやってリサイクルされるの?」そんな疑問を1日で解決できる、「夏休み!親子で体験 親子リサイクルツアー」を開催します。リサイクル工場やごみ処理施設を親子で見学し、また紙の再利用(紙すき)を親子で体験していただくことで、ごみの減量化やリサイクル(資源化)など、ごみの分別に関する意識を向上することを目的としています。

【日時】825日(木曜日)900分から1600分(本庁舎集合900分)

【場所】[1]日鐵物流君津(株)環境・リサイクルセンター(プラスチック中間処理施設の見学)

      [2]市川市クリーンセンター(ごみ処理施設の見学)

      [3]京葉ガス(株)(自社での循環再生紙取り組み事業の紹介及び古紙の紙すきによる団扇作りの体験)

【募集対象】市内在住の小学生(1名)及び保護者(1名)1530

(環境清掃部・循環型社会推進課)

 

10)「第12回 江戸川・水フェスタinいちかわ」が開催されます!

『江戸川水フェスタinいちかわ』とは、江戸川という貴重な河川空間で、水に親しみながら自然愛護の精神を育み、地域交流の輪を広げることを目的に毎年開催されている水の祭典です。

水上では、Eボートレース〈事前登録のみ〉、水上バイクなどの体験乗船、河川敷では、凧揚げ、うなぎのつかみ取り、軽スポーツ、売店などのさまざまなアトラクションを楽しむことができます。

【日時】86日(土曜日)900分から1400分(雨天中止)

      (体験乗船の受付けは1350分までです)

【場所】江戸川河川敷 市川南緊急用船着場付近(国道14号市川橋より500m下流)

【主催等】主催:江戸川・水フェスタinいちかわ 実行委員会

       共催:市川市

(水と緑の部 水と緑の計画課)

 

 

11)ホタル観賞会

自然観察園に生息する野生のヘイケボタルを自由に観察していただきます。

【日時】724日(日曜日)から87日(日曜日)2030分まで(入園は2000分まで)

725日(月曜日)、81日(月曜日)、雨天時はお休み

【場所】大町自然観察園

  【主催】市川市動植物園

 【備考】この情報は動植物園Webで公開します。

(水と緑の部・動植物園)

 

12)初夏の散策会

事業用山林に自生する山ユリ等を自由に観察していただきます。

【日時】716日(土曜日)から24日(日曜日)930分から1600

     719日(火曜日)は休園。雨天の場合も中止することがあります。

【場所】市川市動植物園 やまゆりの里

【主催】市川市動植物園

【備考】この情報は動植物園Webで公開します。

(水と緑の部・動植物園)

 

13)第3回博物館サマーフェスタ

堀之内貝塚公園と考古博物館・歴史博物館が贈る、子どもから大人まで楽しめる体験型のまつりで、楽しい企画を用意しています。夏休みの思い出作りだけでなく、この日の体験が、自由研究のヒントにもなります。

【日時】820(土曜日)1000分から1500

【会場】考古博物館・歴史博物館・堀之内貝塚公園広場

【体験内容】火おこし体験・昔のあそび(粘土の型抜きあそび、ばけもの双六(すごろく)等)・

拓本とり・竹細工・サイコロづくり・昔のおもちゃづくり・紋切りあそびなど

(生涯学習部・考古博物館、歴史博物館)

 

14)平成23年度中学生海外派遣事業(ローゼンハイム市)及び市長激励会について

日本及び市川市の国際化・国際理解の必要性がますます高まっていることに鑑み、国際感覚豊かな青少年を育成するため、海外派遣事業を実施します。派遣内容はホームステイをしながら学校訪問(体験授業)、日本DAY(日本の文化等を紹介)・さよならパーティーなどです。

  【主催】市川市青少年教育国際交流協会(会長 田中 洋)

【共催】市川市・市川市教育委員会

【派遣期間】723日(土曜日)から86日(土曜日)まで(1415日)

【派遣人数】中学生16名(市内公立中学校各1名)

引率者4名(教員3名・コーディネーター1名)

 【派遣日程(予定)】723日(土曜日)成田空港より出発

24日(日曜日)ホストファミリーと終日過ごす

25日(月曜日)から28日 学校訪問(体験授業)

                         (市内視察及び日本DAY他)

29日(金曜日)から3日(水曜日)文化プログラム

4日(木曜日)さよならパーティー

5日(金曜日)ミュンヘン空港(帰国)

6日(土曜日)成田空港着後市役所で解散式

【市長激励会】721日(木曜日)1000分より 第5委員会室

(学校教育部・指導課)

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで