ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成24年7月定例記者会見 7月17日(火曜日)

平成24年7月定例記者会見 7月17日(火曜日)

印刷する
更新日: 2012年7月17日

市長冒頭挨拶

 [1]ガーデニング・シティ いちかわ「協働花づくり事業」の取組み結果について

 [2]市川市公式フェイスブックの状況報告について

 [3]可燃性災害廃棄物の受け入れを、国、県の通知を受け、当面見合わせることについて

 

 

1.主な会見項目

1)「ガーデニングコンテスト 2012春」写真展の開催について

  「ガーデニングコンテスト 2012春」に寄せられた作品の写真展を開催します。これは、市民の日ごろのガーデニング活動の成果を発表する場として実施するとともに、見学者に対して花育てや庭づくりの楽しさを伝えることにより、緑や花への関心を高め「ガーデニング・シティいちかわ」の推進を図るものです。

 【期間・場所】

718日(水曜日)から725日(水曜日)アイ・リンクタウン45階展望施設、

727日(金曜日)から85日(日曜日)

生涯学習センター(メディアパーク市川)1階 水の広場前 

730日(月曜日)および31日(火曜日)休館

88日(水曜日)から14日(火曜日)南行徳市民センター2

【時間】いずれも1000分から1200分、1300分から1600

【内容】「ガーデニングコンテスト2012春」応募写真の展示および来場者による投票

5部門(バラ・ガーデン・ミニガーデン・学校花壇・コミュニティ)それぞれから1作品を大賞とします。

○審査は、デザインやガーデニングへの取り組み姿勢について、作品の写真とPRコメントを元に、来場者の投票により実施します。

○結果は8月末日までに受賞者本人に通知するとともに、広報・市専用Webにて公開予定です。

(企画部・ガーデニング課)

 

2)「まちなかガーデニングフェスタ 2012秋」オープンガーデン参加者の募集について

  市川市の魅力発信と花を介した人の交流を目指す「まちなかガーデニングフェスタ2012秋」の実施にあわせて、庭や花壇を鑑賞と交流の場として見学者に公開する「オープンガーデン」の参加者を募集します。春に4,000人を越える来場者を迎えたオープンガーデンですが、秋は「出会いと交流」をテーマに、人とのきずなや近所・地域のつながりを作ることをよりいっそう重視して実施します。

  【募集要項】実施期間中に見学者への開放が可能な市川市内の庭・花壇(個人・団体・事業者)※造園・園芸・花卉販売等の業者も可です。

  【日時】1013日(土曜日)・14日(日曜日)時間は両日とも1000分から1600

  

【申込期間】721日(土曜日)から817日(金曜日)(消印有効)

(企画部・ガーデニング課)

 

3)「いちかわドイツデイ」の開催について

ドイツ連邦共和国バイエルン州ローゼンハイム市とは、平成167月にパートナーシティを締結以来、公式団・市民団ならびに青少年交流をはじめ、文化・教育交流等さまざまな交流を重ね、両市市民の相互理解を深めることに努めてまいりました。

本年度は、パートナーシティ交流事業の一環として、ローゼンハイム市からバウアー市長をはじめとする訪問団を受け入れ、市長ならびに議長の表敬訪問を行う他、下記の通り、「いちかわドイツデイ」を開催することになりましたのでご案内申し上げます。

【日時】84日(土曜日)・5日(日曜日)1100分から1800

【場所】ニッケコルトンプラザ コルトン広場(小雨決行・荒天中止)

生涯学習センター(メディアパーク市川) グリーンスタジオ

【主催】いちかわドイツデイ実行委員会(主催)、市川市(共催)

【内容】コルトンプラザ会場においては、ローゼンハイム市内の工場で作られたビールをはじめソーセージやパンなどの飲食物販売、キャラクターグッズ等の販売、コルトンプラザのテナントからの出店販売を行なうとともに、ローゼンハイム市との交流事業を紹介するパネル展示とパンフレット等の関係資料を配布します。

特設ステージではいちかわドイツデイのためにパートナーシティであるローゼンハイム市から来市する音楽団「ブラスカペレ・アム・ヴァッスン・ローゼンハイム」の演奏をはじめ市川交響楽団の演奏や各団体による舞踊等を披露していただきます。

また、生涯学習センター・グリーンスタジオ会場においては、ドイツ映画祭を開催します。

【その他】市長表敬 1500分〜1530分 理事者控室

     議長表敬 1530分〜1600分 理事者控室        

(文化国際部・国際交流課)

 

2.その他の項目

1)市川市東山魁夷記念館 通常展「白い馬の見える風景より」

  展示リクエストの多い連作「白い馬の見える風景」をリトグラフ、複製画等で振り返り、人気の秘密を探ります。

【会期】7月20日(金曜日)から92(日曜日)  休館日:月曜日

【展示品】緑響く(ピエゾグラフ)、夕汀(ゆうてい)

【観覧料】一般500円(400円)、 65歳以上 400円、 高・大生 250円(200円)

中学生以下無料 ※( )団体25名以上

年間パスポート 一般2,000円、65歳以上1,600円、高・大生1,000

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

2)白い馬誕生40周年記念講演会「白い馬とザルツブルク」

  白い馬誕生40周年を記念して出版された「白い馬」の著者で、東山魁夷の研究者としても著名な前長野県信濃美術館東山魁夷館館長の松本猛氏による講演会を開催します。

【日時】721日(土曜日)1400分から1530

【会場】東山魁夷記念館 多目的室

【定員】40人(応募多数の場合は抽選となります。)

【料金】無料(ただし別途入館料が必要となります。)

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

3)夏休み親子コンサート

美しい絵画に囲まれた展示室で、夏休みの思い出に親子でクラシックコンサートをお楽しみいただきます。

【日時】7月25日(水曜日)1830分から1945分(開場1800分)

【場所】東山魁夷記念館2階展示室

【出演者】東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

【定員】120人 (申込多数の場合は抽選)

【対象者】小中学生は保護者同伴、また未就学児の入館はできません。高校生以上の一般の方のご応募もできます。

【料金】小中学生500円、一般1,000円(高校生以上)

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

4)夏休み親子ワークショップ 「岩絵具を使ってオリジナルうちわづくり」

日本画家による指導のもと、日本画画材の岩絵具を使って、自分だけのオリジナルうちわを作ります。

【日時】7月29日(日曜日)、819日(日曜日)、21日(火曜日)

1230分から1600分まで

【場所】東山魁夷記念館多目的室

【講師】久保田 恭子(日本画家)他

【定員】各コース15名 (申込多数の場合は抽選)

【対象者】小学生は保護者同伴、中学生以上の一般の方は一人でもご参加できます。

     未就学児の同伴はできません。

【参加費】一般1,000円(高校生以上)小中学生500円(親子2名一組の場合1,500円)

(文化国際部・東山魁夷記念館)

 

5)映像文化センターからのお知らせ

○夏休みシアター「ガリバー旅行記」(アニメ作品・カラー・約74分)

【日時】812日(日曜日)1400分(開場は30分前)

【会場】グリーンスタジオ

【料金】無料

 【定員】先着220名(申し込み不要)

○夏の名作劇場「野ばら」(制作1957年オーストリア作品・実写作品・有声・カラー・字幕・約89分)

【日時】818日(土曜日)1400分(開場は30分前)

【会場】グリーンスタジオ

 【料金】無料

 【定員】先着220名(申し込み不要)

(文化国際部・映像文化センター)

 

6)水木洋子邸 一般公開「水木邸を訪れた今井正」

 日本映画の黄金時代を支えた脚本家 水木洋子さんの自宅を公開します。

 【日時】728日(土曜日)、29日(日曜日)

811日(土曜日)・12日(日曜日)、25日(土曜日)、26日(日曜日)

いずれも1000分から1600

【場所】脚本家・水木洋子邸(市川市八幡5-17-3

(文化国際部・文学プラザ)

 

7)サポータートーク「水木邸を訪れた今井正・庭の山野草案内」

 邸内の展示と庭の山野草を水木洋子市民サポーターが解説します。

【日時】826日(日曜日)1400分から1500

【場所】脚本家・水木洋子邸 (市川市八幡5-17-3

(文化国際部・文学プラザ)

 

8)「第28回市川市民納涼花火大会」の水上観覧の規制について

   市川市民納涼花火大会において、水上での花火観覧の安全確保のため、船による入場を規制します。

打ち上げ場所前の危険水域から、江戸川大橋までを指定観覧水域とし、上流側(エリアA)は営業船、下流側(エリアB)をプレジャーボート等に区域を分け停泊して観覧をしていただきます。観覧できる船舶は事前にご協賛をいただき実行委員会が交付する標旗を掲げた船舶のみとなります。

  【花火大会の日時】84日(土曜日)打上時間1915分から2030

※荒天の場合は翌日に順延、翌日も荒天の場合は中止

 (経済部・観光交流推進課)

 

9)市川市農業青少年クラブ50周年記念事業 川上善六遺徳碑説明板除幕式について

若手の市内農業者で構成する市川市農業青少年クラブ(市川4Hクラブ)が、平成25年に結成50周年を迎えます。記念事業として、市川の梨栽培の始祖である川上善六にまつわる遺徳碑の説明板を設置し、梨の出荷前合わせて除幕式を行います。

  【日時】731日(火曜日)1300分から

  【場所】総国総鎮守葛飾八幡宮境内

  【主催】市川市農業青少年クラブ(市川4Hクラブ)

(経済部・農政課)

 

10)いちかわの梨 品評会及び試食販売会について

県内トップクラスの産出額を誇る梨の産地である市川市の梨を市民にPRするとともに、品評会を開催し梨の品質の向上と市内の果樹産業の発展を期することを目的とします。

  【日時】823日(木曜日)1000分から1500分まで

1000分から品評会審査(糖度・型・色)

           1230分から梨サポータによる食味審査(順位決定)    

           1300分から出店作品の試食販売

【場所】ニッケコルトンプラザタワーコート

   【主催】JA市川果樹部会

   【参加人数】500名 

 (経済部・農政課)

 

11)自殺予防対策事業 こころの健康市民講座

「精神科医師 坂元薫氏に学ぶうつ病の予防・治療・対応法」の開催について

我が国では、平成10年から14年間、自殺者数が3万人を越えた状態が続いております。市川市でも、平成10年より自殺により尊い命を亡くされる方が増加している状況です。自殺の原因は、景気や就労の問題、うつ病などを含む健康問題など、様々な因子が複雑に絡みあっており、総合的な取組みが必要です。今回は、その一環として講演会を開催します。

うつ病の予防・治療と家族や友人がうつ病になった場合の対応法について市民の皆様に知っていただく機会としていただければと考えております。

【日時】98日(土曜日)1315分から1500

  【場所】市川市文化会館 小ホール

  【主催】市川市保健スポーツ部 保健センター健康支援課

【講師】坂元 薫(さかもと かおる)氏 東京女子医科大学 神経精神科 教授

    東京医科歯科大学卒業、ドイツ・ボン大学留学・臨床精神薬理学・精神病理学・気分障害・不安障害の臨床研究、日本精神神経学会評議員、日本精神科診断学会評議員、日本総合病院精神医学会評議員、日本うつ病学会評議員、MDA-JAPAN理事。

(保健センター・健康支援課)

 

12)夏休み!親子で体験 リサイクルツアー

親子でごみについて学ぶため、プラスチックを再資源化するための中間処理施設やクリーンセンターを見学します。

【日時】823日(木曜日)900分から1600分まで(予定)

【場所】市川市役所本庁前集合、日鐵物流君津株式会社、環境・リサイクルセンター(プラスチック中間処理施設の見学)、市川市クリーンセンター(ごみの焼却・破砕処理施設の見学)、京葉ガス(循環再生紙取り組み事業の紹介及び紙すき体験)

【対象・定員】市内在住の小学生(1名)、保護者(1名)1530

    ※応募多数の場合は抽選になります。また、過去に施設見学会に参加したことのない方を優先させていただきます。

(環境清掃部・循環型社会推進課)

 

13)ホタル観賞会について

  自然観察園に生息する野生のヘイケボタルを自由に観察していただきます。またこの情報は動植物園Webで公開しています。

【日時】722日(日曜日)から85日(日曜日)2030分まで(入園は2000まで)。

なお723日(月曜日)、30日(月曜日)、雨天時はお休みです。

 【場所】大町自然観察園

  【主催】市川市動植物園

(水と緑の部・動植物園)

 

14)打ち水大作戦inいちかわ 〜打ち水で虹をつくろう〜

節電対策及び処理水量の削減対策の一環として、消防車による打ち水や、水鉄砲やジョウロを使ってみんなで楽しく打ち水をしていただきます。

【日時】子の神中央公園 82日(木曜日)1530分頃から 

(予備日)89日(木曜日)

百合台公園 823日(木曜日)1530分頃から 

(予備日)830日(木曜日)

(水と緑の部・河川・下水道計画課)

 

15)祝!市川市花火大会復活!第13回「江戸川・水フェスタinいちかわ」開催!!

  この催しは、川遊びを通じて、自然愛護のこころを育み、地域交流の輪を広げることを目的に開催するものです。パンフレットができましたのでお知らせします。

   【日時】721日(土曜日)900分から1400分(雨天中止)

【会場】市川南緊急用船着場付近(市川橋より500m下流)

(水と緑の部・河川・下水道計画課)

 

16)平成24年度中学生海外派遣事業(ローゼンハイム市)及び市長激励会について

日本及び市川市の国際化・国際理解の必要性が、ますます高まっていることに鑑み、国際感覚豊かな青少年を育成するため、海外派遣事業を実施します。

【期間】722日(日曜日)から85日(日曜日)ま(1415日)

【人数】中学生16名(市内公立中学校各1名)引率者4名(教員3名・コーディネーター1名)

 【日程】(予定)722日(日曜日)成田空港より出発

23日(月曜日)から27日(金曜日)

                   学校訪問(体験授業)(市長表敬訪問及び日本DAY他)

           28日(土曜日)から82日(木曜日)文化プログラム

            3日(金曜日)さよならパーティー

4日(土曜日)ミュンヘン空港(帰国)

5日(日曜日)成田空港着後市役所で解散式

【主催】市川市青少年教育国際交流協会(会長 田中 洋)

【共催】市川市・市川市教育委員会

○市長激励会 720日(金曜日)1530分 第5委員会室

(学校教育部・指導課)

 

17)第4回 博物館サマーフェスタについて

   堀之内貝塚公園と考古博物館・歴史博物館が贈る、子どもから大人まで楽しめる体験型のまつりです。楽しい企画が用意されて、夏休みの思い出作りだけでなく、自由研究のヒントにもなります。  

【日時】818日(土曜日)1000分から1500

【会場】考古博物館・歴史博物館・堀之内貝塚公園 

【内容(昨年度の例)】火おこし体験、昔のあそび(紋切りあそび、粘土の型抜き、ばけもの双六(すごろく)、お手玉等)、拓本とり、竹細工、昔のおもちゃづくり、サイコロ作り、勾玉づくり、ペーパークラフト等々

【参加費】入館無料(ただし体験内容により、一部材料費が必要になるものもあります。)

【主催・協力】市川考古博物館・市川歴史博物館、博物館友の会、火おこし指導員、博物館ボランティア、千葉商科大学付属高校、いちかわ里山倶楽部、サンシャインクラブ、市川キャンプ協会、堀之内作業所など

(生涯学習部・考古博物館、歴史博物館)

 

18)平成24年度平和関連事業について

戦争の記録を後世に伝え、平和について考える情報の提供のため、平和関連事業を行っています。

  【日時】831日(金曜日)まで開催中。

 【場所及び内容】

生涯学習センター

○ポスター等の掲示

・生涯学習センター入り口ロビー 市民作成の折鶴の展示(総務部総務課)714日(土曜日)から20日(金曜日)。

    ・中央図書館絵画コーナー 平和啓発ポスター等の展示

・こども館 「平和展(名称未定)」での平和啓発ポスター等の展示。

○中央こども館「平和展」での千人針、折鶴などの体験(予定)。

○図書の展示 常設展示「戦争と平和コーナー」 

戦争の記録を後世に伝えて「核兵器廃絶平和都市宣言」の目的の実現に役立てるため戦争と平和に関する本のコーナーを設置します。

『平和学を学ぶ人のために』(君島東彦編・世界思想社)ほか3千冊

 

行徳支所・行徳図書館

○講演会等 

・行徳公民館1階会議室 84日(土曜日)1300分から(定員20名程度)

     戦争体験者を講師に招き、一般利用者を対象として戦争の悲惨さや平和の大切さを演題とした講演会を実施します。

・行徳図書館4階 お話室 88日(木曜日)1430分から約20分間

     4歳以上を対象として戦争などで影響を受けた動物園に関するお話会を実施します。

○図書の展示(行徳図書館3階及び2階)

・一般書は戦争体験に係る小説と写真集を、児童書は戦争と平和に関する本を展示します。『いま平和とは』(最上敏樹 岩波書店)ほか400

(生涯学習部)

  

19)平成24年度 いちかわ子ども村の開催について

違う学校の子や年齢の違う子が、団体生活を通して仲間と協力することの大切さを学びます。

 【日時】728日(土曜日)930分から 729日(日曜日)1400分(予定)

【場所】市川市少年自然の家

【主催】市川市青少年相談員連絡協議会

【内容】クラフト、軽スポーツ、野外炊事、キャンプファイヤー、水遊び

【参加対象】市内在住の小学4年生から6年生 80名(募集終了)

【参加人数】約120名(応募者69名+相談員約50名)

(生涯学習部・青少年育成課)

 

 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで