ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 平成25年2月定例記者会見 2月8日(金曜日)

平成25年2月定例記者会見 2月8日(金曜日)

印刷する
更新日: 2013年2月8日
市長冒頭挨拶
〇市川市職員退職手当支給条例等の一部改正について
〇25年度当初予算から
 ・市川市庁舎整備事業
 ・保育園整備計画事業
 ・あんしん住宅推進事業
 ・「ガーデニング・シティ いちかわ」関連事業
〇行財政改革の推進について

1.平成25年2月議会定例会議案関係
 
2.主な会見項目
(1)「いちかわバラ物語」イベントの開催について
平成23年より、「住んでいてよかった」「また訪れたい」「将来住んでみたい」と思える魅力あるまちづくりを目指して、市民・事業者・行政の協働で、花や緑があふれる綺麗な街並みを築く「ガーデニング・シティいちかわ」の取り組みを進めております。さらに、平成24年より、「ガーデニング・シティいちかわ」と併せて、市川市と縁のあるバラを、新たに市川みやげに育て、地域の活性化につなげる取り組みを「いちかわバラ物語」と総称して市川商工会議所と連携して推進しております。今回、市川パン菓子商工組合の協力を得て、参加15店舗の和洋菓子の匠による、精魂込めて作り上げた逸品を一同に集め、販売いたします。なお、当日は、財団法人市川市緑の基金の協力により、市川市とのバラの歴史の始まりである昭和32年に開催された「ローズカーニバル」でのバラ娘(ミスローズ)によるパレードの様子や市内バラ園の写真を展示します。併せて、園芸講座も開催いたします。
○市川の新たなお土産「いちかわバラ物語」が集結
【日時】2月9日(土曜日)11時00分から15時00分
【販売】15個入(全参加店舗分)等の詰合せ及び単品販売。但し、売切れ次第販売を終了します。
【場所】アイ・リンクタウン展望施設(ザタワーズウエスト45階)交流ラウンジ
【主催】市川市、市川商工会議所、市川パン菓子商工組合
※京成バラ園芸株式会社・鈴木満男氏によるバラの園芸講座
【日時】2月9日(土曜日)13時30分から
【定員】事前予約された20人※2月4日(月曜日)9時00分より商工振興課で電話予約された方
(経済部・商工振興課)
 
3.その他の会見項目
(1)平成24年度平和映画会の開催について
未就学児から小学生を対象に、「平和の大切さ」を知ってもらうため、平和に関するアニメ映画の上映会を開催します。今年度は行徳地区で開催することとなり、一般を対象にした「井上ひさし原作『父と暮せば』映画上映会」も同日実施します。
【日時】3月27日(水曜日)
○午前の部:10時00分(開場9時30分)から12時00分
・一般対象:井上ひさし原作『父と暮らせば』(カラー99分)
(内容)市川ゆかりの作家井上ひさしの戦後の広島を舞台に、原爆で死んだ父と遺された娘の交流を描いた感動作です。
○午後の部:13時30分(開場13時00)から15時30分
・未就学児から小学生対象:『やさしいオオカミ』(カラー15分)
(内容)やさしいオオカミいじめられ続けた気弱なオオカミが見せたやさしさ。本当の強さについ
て考えさせられるアニメ作品です。幼稚園、小学校低学年を対象にした心温まる作品です。
・未就学児から小学生対象:『はだしのゲン1』漫画家中沢啓二作(カラー85分)
2012年12月19日に73歳で亡くなった被爆者で漫画家中沢啓治の代表作『はだしのゲン』。
原子爆弾により一瞬にして廃墟となったヒロシマでたくましく生き抜く少年ゲンの姿を描いて
いる作品です。
【場所】行徳文化ホールI&I
【定員】390人
【料金】無料
※午前・午後とも当日先着順です。午前と午後は入れ替え制です。
【主催】市川市
※会議室にてパネル展(10時00分から16時00分)
平成24年度平和ポスター入賞作品の展示等を行います。
(総務部・総務課)
 
(2)第14回市川の文化人展
「東西の様式美をジュエリーに 石川暢子回顧展−その45年の軌跡−」
市川市では、ゆかりの文化人や芸術家を広く紹介するために「市川の文化人展」を開催しています。今回は、ジュエリーデザイナーとして国内外で活躍され、平成24年1月に急逝された石川暢子氏をご紹介します。石川暢子氏は、静岡県に生まれ、東京藝術大学大学院在学中より、生涯にわたり日本の美意識と西欧の様式美の世界をジュエリーに追い求め、独自の感性で、その世界観を表現されました。今回、石川氏が長く活動の拠点とされた市川市において、初の回顧展となります。ジュエリー作品やデザイン画なども含め、石川暢子氏の45年の軌跡をご紹介します。芳澤ガーデンギャラリーとともに、真間にあるノブコイシカワ市川サロンの両会場合わせて、石川暢子の世界をお楽しみください。
【日時】2月13日(水曜日)から3月3日(日曜日)
【場所】市川市芳澤ガーデンギャラリー(市川市真間5-1-18)
    9時30分から16時30分※月曜日休館
市川サロン公開:ノブコイシカワ市川サロン(市川市真間2-13-1)
11時00分から18時00分
※会期中のサロン休日2月17日(日曜日)、24日(日曜日)、3月3日(日曜日)
【料金】一般300円、団体料金(25名以上)240円、シルバー料金(65歳以上)240円、
中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者(1名)は無料
※【お茶席】2月16日(土曜日)、3月2日(土曜日)(入場料のほか一席500円)
○石川佳柄氏(株式会社ノブコイシカワ代表取締役社長)によるギャラリートーク
【日時】2月16日(土曜日)、3月2日(土曜日) [1]11時00分から[2]14時00分から
【料金】入場料のみ必要
【定員】先着50名
○栗田奈々子氏(ピアノ)と倉冨亮太氏(バイオリン)によるギャラリーコンサート
【日時】2月24日(日曜日)14時00分から15時00分
【主催】市川市
【協力】株式会社ノブコイシカワ
(文化国際部・文化振興課)
 
(3)市川市東山魁夷記念館通常展「欧州を旅して」
画壇で順調な歩みを続ける東山は、自分をみつめなおしたいと1962年北欧へと旅立ちました。留学の地ドイツへも1969年の再訪の旅を含め何回も訪れています。東山にとって欧州の旅は、憧憬と郷愁を感じるものでした。旅の想いが込められた作品の数々をお楽しみください。
【会期】3月20日(水曜日)から5月6日(月曜日)※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
【展示作品】《雪野》他
【観覧料】一般500円(400円)、65歳以上400円、高・大生250円(200円)中学生以下無料
※()カッコは団体25名以上
(文化国際部・東山魁夷記念館)
 
(4)映文サポーターズクラブ・バックステージプレイングのお知らせ 
市民スタッフ育成ワークショップ「映文サポーターズクラブ」のメンバーと一緒に、舞台の立て込みや大道具・小道具の制作、音響・照明の操作に加え、殺陣・ダンス・発声などの、役者のような体験もできるトータルステージワークショップです。
事前申込みによるカリキュラムと当日飛び入りのカリキュラムがあります。参加しやすいスタイルでお楽しみください。
【日時】310(日曜日)1000分から1600
【場所】グリーンスタジオ
(文化国際部・映像文化センター)
 
(5)16ミリフィルムの調べ「走れメロス」上映のお知らせ
【日時】323(土曜日)1400分から開場は30分前
【場所】グリーンスタジオ
【作品】「走れメロス」(アニメ作品・カラー・約73分)
【定員】先着220(申し込み不要)
(文化国際部・映像文化センター)
 
(6)春休みシアター手塚治虫劇場「山太郎かえる」「雨ふり小僧」上映のお知らせ
【日時】324(日曜日)1400分から開場は30分前
【場所】グリーンスタジオ
【作品】「山太郎かえる」(アニメ作品カラー約23分)
「雨ふり小僧」(アニメ作品カラー約24分)
【定員】先着220(申し込み不要)
(文化国際部・映像文化センター)
 
(7)水木洋子邸一般公開「水木洋子のテレビドラマ」のお知らせ
日本映画の黄金時代を支えた脚本家 水木洋子さんの自宅を公開します。 
【日時】2月9日(土曜日)、10日(日曜日)、23日(土曜日)、24日(日曜日)
3月9日(土曜日)、10日(日曜日)、23日(土曜日)、24日(日曜日)
10時00分から16時00分
【場所】水木洋子邸(市川市八幡5-17-3)
(文化国際部・映像文化センター)
 
(8)水木洋子秀作テレビドラマを見る会のお知らせ
公益財団法人放送番組センターと共催で、脚本家・水木洋子の作品を見る会を開催します。3日間の期間中、コラムニスト泉麻人さんのセミナーや、放送ライブラリーを運営する放送番組センターが保存・公開している水木洋子脚本のテレビドラマ7本の上映をいたします。昭和30年代後半から50年代前半にかけて放送された、大河ドラマや一話完結の作品です。映画とは一味違う、水木洋子の世界をご堪能ください。
【上映日】2月20日(水曜日)から22日(金曜日)
※作品により上映時刻が異なります(詳細はチラシをご覧ください。)
【場所】グリーンスタジオ
【定員】入場自由(定員260名)
○セミナー「昭和テレビドラマの楽しみ方」
【日時】2月20日(水曜日)13時30分開演開場は30分前
【場所】グリーンスタジオ
【講師】泉麻人(コラムニスト、作家)
【申込方法】往復はがきに[1]泉麻人セミナー参加希望、[2]住所、[3]氏名、[4]年齢、[5]職業、[6]希望人数(3名様まで)を記入し、〒231-0021横浜市中区日本大通11横浜情報文化センター内放送ライブラリー「出前上映会&セミナー」係へ送付。先着順に入場整理券を返送。放送ライブラリーのウェブサイトからも申込可能です。
【定員】260名(入場無料)
【主催】公益財団法人放送番組センター
【共催】市川市
(文化国際部・映像文化センター)
 
(9)「いちかわ援農隊」発足式について
後継者・担い手不足から起こる農繁期の人手不足に悩む農業者と、市川の農業をサポートしたい市民の皆さんを結ぶ場として「いちかわ援農隊」を立ち上げることとなりました。活動を開始するにあたり、市民農園利用者及び民間市民農園利用者を対象に募集した農業ボランティア「いちかわ援農隊」の発足式を行います。また、発足式に引き続き、第1回講義として、市川市を取り巻く農業の現状、農作業の基礎等について、東葛飾農業事務所職員などを講師として実施する予定です。
【日時】2月16日(土曜日)10時00分から
【場所】柏井町4丁目体験農園内ハウス(柏井町4-277-1他)
※荒天の場合は、柏井公民館1階集会室
【定員】約30人
(経済部・農政課)
 
(10)アイ・リンクバレンタイン〜小さな恋のメロディ〜開催について
バレンタイン前の夜のひととき、夜景を楽しめるアイ・リンク情報コーナーでギター&バイオリンのデュオによるライブと小芝居を楽しんでいただきます。
【日時】2月11日(月曜日・祝日)19時30分から45分程度(開場:19時00分)
【場所】アイ・リンクタウン展望施設(ザタワーズウエスト45階)内アイ・リンク情報コーナー
【出演】JamStrings、劇団ヒラガナ
(経済部・観光交流推進課)
 
(11)アイ・リンクタウン ひなまつりイベントの開催について
地上150メートルの市川市アイ・リンクタウン展望施設来場者のみなさまに、賑やかに楽しくおひなまつりを楽しんでいただきます。
【日時】2月26日(火曜日)から3月3日(日曜日)9時00分から22時00分まで
【場所】市川市アイ・リンクタウン展望施設(ザタワーズウエスト45階)
【内容】[1]雛人形・つるし雛の展示
7段飾り5組の雛人形と個性豊かなつるし雛が展望施設のラウンジを華やかに彩ります。
[2]創作人形の展示
愉侘工房(人形作家 前田豊氏)の創作人形を特別展示いたします。
[3]ひなまつり音楽イベント※3月3日(日曜日)
八幡囃子保存会による「お囃子」と「仁羽(にんば)」が会場を賑やかに演出します。
※「仁羽」:里神楽の一環で踊りと囃し手による演奏で構成されます。
[4]お抹茶とバラ物語(バラもなか)の提供※3月3日(日曜日)のみ提供。有料となります。お抹茶と「いちかわバラ物語」のお菓子を提供。お雛様に囲まれた空間で憩いのひと時をお過ごしいただきます。
(経済部・観光交流推進課)
 
(12)平成24年度市川市スポーツレクリエーション祭の開催について
生涯スポーツの理念に基づき、誰でも気軽に参加できる軽スポーツの普及を図るとともに、市民の健康・体力づくりを目指します。
【日時】3月3日(日曜日)9時30分から15時00分
【場所】市川市塩浜市民体育館(塩浜4-9-1)
【主催】市川市(協力:市川市スポーツ推進委員連絡協議会)
【種目】○ソフトバレーボール大会(3部門)
○グラウンドゴルフ大会※雨天の場合は中止
【持ち物】運動のできる服装、昼食、室内用シューズ。
グラウンドゴルフの参加者はクラブ(貸しクラブもあり)
【日程】9時00分から9時30分:受付
9時30分から9時55分:開会式(第一体育館)
10時00分から:各会場で競技開始
15時00分:種目ごとに終了
【申し込み】往復はがきに、参加種目(ソフトバレーは部門も)、氏名、住所、年齢、性別、連絡先、を記入の上【ソフトバレーは、チーム名とチーム全員の氏名・年齢・性別を記入】返信先を記入し2月13日(水曜日)必着でスポーツ課まで申し込み。
【対象】市内在住・在勤
【実績】例年200名程度の参加者(平成23年度は201名参加)
(保健スポーツ部・スポーツ課)
 
(13)小型動力ポンプ軽消防自動車の寄贈について
一般社団法人日本損害保険協会(東京都千代田区神田淡路町2-9)が社会公共的な観点から、地
域の防災力を高めることを目的として、軽消防車を寄贈するものです。※一般社団法人日本損害保険協会からの寄贈軽消防車は第10分団に配置予定で、地域の安全、安心のために消防団業務に活用します。
【日時】3月12日(火曜日)10時00分から
【場所】市川市消防局(市川市八幡1-8-1) 
【出席者】日本損害保険協会関東支部千葉損保会長、事務局長、消防団長、その他関係者(予定)
【寄附の内容】小型動力ポンプ付軽消防自動車1台(390万円相当)
(消防局・消防総務課)
 
(14)共同指令センターの運用の開始について
4月から共同指令センター(名称:千葉北西部消防指令センター)が松戸市消防局内に開設されます。指令センターでは、6市(松戸市、市川市、野田市、流山市、鎌ヶ谷市及び浦安市)からの119番通報を受信し、各市の消防署へ出場指令を行い、消防車、救急車が出場します。
 指令業務を共同化することで、火災・救急・救助等で被害が集中した場合など、迅速に相互の応援を行うことができます。
指令センターには、6市から派遣された消防職員が勤務します。4月からスムーズに業務をスタートできるように、現在運用前研修を行っています。
119番通報は、現在各市の消防本部にある指令室で受信していますが、この119番の回線を千葉北西部消防指令センターに接続するための切替え作業を下記の日程で行います。切替え作業中も119番はつながります。
切替え後に、各市の消防本部の指令センターでの運用が開始されます。
【119番切替え予定】※指令センターに移行しても通報の仕方は、今までと変わりません。
松戸市消防局:切替え作業なし
市川市消防局:4月3日
浦安市消防本部:4月9日
流山市消防本部:4月11日
鎌ケ谷市消防本部:4月16日
野田市消防本部:4月18日
(消防局・指令課)
 
(15)春の全国火災予防運動の実施について
火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、市民の火災予防思想の高揚を図り、火災による死
者の発生や財産等の損失を防ぐ事を目的とします。
【期間】3月1日(金曜日)から3月7日(木曜日)
【実施事項】[1]防火ポスター、火災予防立て看板等の掲出
[2]テロップメディア等による防火広報
[3]消防広場(ザタワーズウエスト)
[4]防火管理者等研修会
[5]住宅防火対策の推進
[6]消防車両による火災予防思想の普及宣伝
[7]百貨店等の放送設備による防火広報
(消防局・予防課)
 
(16)市川市消防音楽隊発足60周年記念演奏会の実施について
市川市消防音楽隊は昭和27年5月に発足し、消防の諸行事をはじめ公共団体等の開催する催物に出演し、演奏活動を通じて広く市民に消防広報活動を実施してまいりましたが、本年度で60周年を迎える節目にあたることから、「安全安心な火災のない街市川をめざそう!」をスローガンに「消防音楽隊発足60周年記念演奏会」を開催いたします。
【日時】2月16日(土曜日)14時00分から16時00分※開場13時30分・開演14時00分
【場所】市川市文化会館大ホール
【入場料】無料
【演奏会概要】第1部・消防音楽隊による演奏、客演:音楽隊講師・宮下隆氏
第2部・千葉県立市川昴高等学校吹奏楽部による演奏
・住宅用火災警報器普及広報
・救急デモンストレーション〜命を救うために〜
第3部・市川市消防音楽隊と千葉県立市川昴高等学校吹奏楽部ステージマーチングショー
(消防局・予防課)
(17)「みんなの消防広場」の開催について
地域住民とのコミュニケーションを図り、火災予防思想の普及と高揚を図ることを目的としま
す。
【日時】3月10日(日曜日)9時30分から12時00分※雨天中止
【場所】じゅん菜池緑地(市川市中国分4-27)
【内容】音楽隊の演奏(音楽隊の演奏を通して、火災予防広報を行う。)
住宅用火災警報器の展示及び相談(住宅用火災警報器の展示・相談コーナーを設け普及啓発を
図る。)
広報物品配布(広報物品を配布し、防火思想の普及高揚を図る。)
腹話術(子供を対象に腹話術により火災予防意識の向上を図る。)
着ぐるみ(子供を対象にコミュニケーションを図る。)
(消防局・予防課)
 
(18) 平成24年度市川市婦人消防クラブ総合訓練について
市川市婦人消防クラブ員は、大災害時に地域の女性防災リーダーとして地域住民と協力し活
動できるよう、応急救護や炊き出し訓練などを行ないます。
【日時】2月26日(火曜日)10時00分から12時00分
【場所】消防局5階ホール
【訓練内容(予定)】
10時00分から10時05分:訓練概要説明
10時05分から10時20分:炊き出し訓練
10時20分から10時40分:応急救護訓練
10時40分から11時10分:消火器取り扱い説明
11時10分から12時00分:炊き出し配布〜試食
(消防局・警防課)
 
(19)平成24年度(第34回)市川市児童・生徒学習賞表彰式について
市川市内における小・中・特別支援学校等の教育活動(学芸・スポーツ面)の成果として全
国・関東規模・全県規模の行事に参加し、優秀な成績を収めた児童・生徒(個人、クラブ、部、
研究グループ)を表彰し、本市教育活動の振興に寄与することを目的とします。
【日時】2月18日(月曜日)
11時45分から12時00分:写真撮影(市長・議長・副議長・教育長・受賞者)
13時00分から13時30分:表彰式 
【場所】市川市議会議場
【表彰件数】31件(予定)
【主催】市川市教育委員会
(学校教育部・指導課)
 
(20)「第13回 縄文体験フェスティバル in 堀之内貝塚」の開催について
市川市の歴史情報の集積・発進基地としての考古博物館及び歴史博物館が、国史跡の堀之内貝塚などの地域的特性を活かしながら、人々が気軽に集い、参加できる「地域のまつり」を開催し、人々の絆を大切にしたまちづくりを目指す恒例の行事です。
【日時】3月31日(日曜日)10時00分から15時00分
※ 雨天の場合は、考古博物館・歴史博物館内にて縮小開催
【場所】考古・歴史博物館、歴史博物館南側広場・堀之内貝塚公園
【参加費】無料(一部定員<先着順>や体験費が必要なものがあります。)
【主催】縄文体験フェスティバル実行委員会・堀之内自治会・堀之内高齢者クラブ・北国分支部法人会・日本ボーイスカウト市川第三団・ガールスカウト千葉県第52団・市川博物館友の会・火おこしボランティア・東京成徳大学・千葉商科大学附属高校・いちかわ里山倶楽部・サンシャインクラブ・市川市キャンプ協会・千葉県教育振興財団・生涯学習振興課・考古博物館・歴史博物館
(生涯学習部・考古博物館)
 
(21) 博物館友の会企画展「市川の年中行事と祭り」のお知らせ
博物館友の会が、古くから伝承されてきた市川の年中行事や祭りを、民俗学的な視野からとら
え直して展示します。また、ギャラリートークや講演会のほか、日本の四季と行事をアンクルンというインドネシアで使われている竹製の楽器の伴奏に乗せて歌う企画が予定されています。
【日時】3月20日(水曜日・祝日)から 4月28日(日曜日)9時00分から16時30分
【場所】歴史博物館1階郷土コーナー
【問合せ先】博物館友の会:090-9231-4383
【主催】市川博物館友の会
【後援】市川歴史博物館
(生涯学習部・考古博物館)
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化振興課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで