ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > ムラコシコラム(令和元年7月6日)

ムラコシコラム(令和元年7月6日)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年7月6日

海外の都市から学ぶ

 5月、イタリア共和国カンパニア州カゼルタ市に赴き、自治体連携協定を締結しました。この協定は、食育、文化・歴史資産を活用した地域活性化、観光の3分野で両市の知見・技術などを共有し、相互に発展していくことを目的としています。

 そこで印象に残ったことの1つは、地域における食に関する意識の高さです。

 カゼルタ市では、教会(ミサ)など人が集まる場所で、食材や調理方法についての講演会を行ったり、地域食材を活用した料理や栄養バランスの取れた料理のレシピなどを教えたりしているそうです。また、専門家がボランティアで食に関する相談や質問を受ける窓口を設置するなど、食について市民の知識を深める取り組みも進めています。

 今回はカゼルタ市の食について取り上げましたが、国内外には独自の魅力や先進的な施策を持つ都市が数多くあり、そこから学び本市の施策に活かせることも多いと私は思っています。こうした都市間の交流や連携を通じて、市民生活の質を高めるようなサービスを提供できるよう努めてまいります。

 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 秘書課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8568 FAX:047-712-8765