広報いちかわ12月3日号 特集2・トピックス

印刷する
更新日: 2016年12月3日

特集2:東山魁夷記念館へようこそ

 
 

[特集]目次

[特集2] 東山魁夷記念館へようこそ

 国道14号から木下(きおろし)街道を上っていくと、白い外壁と八角形の塔があるドイツ風の建物が目に飛び込んできます。この建物は、日本画家で本市の名誉市民でもある東山魁夷を顕彰する記念館です。本記念館では、東山魁夷の作品を展示するだけでなく資料展示を通して、その人となりや生涯に触れ、魁夷の芸術世界を堪能することができます。また、ミュージアムショップやカフェレストランも併設しています。今号では、「文化のまち 市川」を代表する施設である東山魁夷記念館を紹介します。

問い合わせ=TEL047-333-2011東山魁夷記念館

建物は、東山魁夷が第二の故郷と称したドイツの民家がモチーフとなっています

 

東山魁夷記念館

 

東山魁夷と市川

「私の戦後の代表作は、すべて市川の水で描かれています」

 東山魁夷は、昭和20年から平成11年に亡くなるまでの54年間、市川市に住み、市川の水で岩絵具を溶き、唐招提寺障壁画など数多くの名作を自宅アトリエで制作しました。昭和44年に文化勲章を受章、昭和63年に市川市名誉市民となりました。身近な作品では、文化会館大ホールの第1緞帳(どんちょう)「緑の微風(そよかぜ)」の原画を手掛けています。

 

1階展示室

 貴重な直筆資料や蔵書の展示を通して、東山魁夷の生涯をたどります。展覧会に合わせて展示替えを行います。
 青を基調とした作品を多く描き、「青の画家」とも称された東山魁夷が実際に使用した岩絵具も展示しています。緑から青へのグラデーションが印象的です。

1階展示室

 

2階展示室

2階展示室 展覧会ごとにテーマを変えて、20点前後の作品を展示しています。


 

風見馬

風見馬 八角形の塔の上には、風見鶏ならぬ風見馬が。東山魁夷の代表的なシリーズ「白い馬の見える風景」に描かれた馬がモチーフとなっています。


 

ミュージアムショップ

 大人気の絵はがきをはじめ、図録やオリジナルグッズなどを多数取りそろえています。

ミュージアムショップ/(右)オリジナルトートバッグ

 

KAII(カイイ)の森

KAII(カイイ)の森四季折々の樹木を楽しめ、東山芸術の世界が広がる庭園で、緑あふれる安らぎの場となっています。


 

カフェレストラン「白馬亭」

カフェレストラン「白馬亭」 軽食やコーヒー、紅茶などが味わえます。テラス席ではKAIIの森を眺めながら、くつろぎの時間を過ごすことができます。


 

■特別展 東山魁夷「習作 東京十二景」−彌生(やよい)会とその時代−

東山魁夷「習作 門」昭和34年頃 三番町 小川美術館蔵会期:12月10日(土)〜平成29年1月29日(日)

 東山魁夷が昭和34年に東京の彌生画廊で発表した、冬の東京をテーマとした12作品の習作を一堂に展示します。また、魁夷とともに彌生画廊主催のグループ展「彌生会」に参加し、戦後の日本画壇を牽引(けんいん)した加藤栄三や山辰雄らの作品も紹介します。

休館日=月曜日(祝休日の場合は翌平日)、12月28日(水)〜平成29年1月4日(水)(1月3日(火)は開館)

特別展観覧料 個人 団体
(25人以上)
一般 700円 560円
65歳以上 560円
高校生・大学生 350円 280円
中学生以下 無料


▽特別講演会「無限に広がる岩絵具の楽しみ」
日時=平成29年1月14日(土)午後2時
会場=男女共同参画センター
講師=橋本弘安氏(女子美術大学教授)
定員=抽選で80人
申し込み=往復はがきに必要事項(6面上段参照)を書き、12月19日(月)必着で同館(〒272-0813市川市中山1-16-2)


◆利用案内

 年に1回の特別展と所蔵作品を紹介する通常展を開催しています。

開館時間=午前10時〜午後5時(入館は30分前まで)
休館日=月曜日(祝休日の場合は翌平日)、展示替え期間、年末年始

通常展観覧料 個人 団体(25人以上) 年間パスポート
一般 510円 410円 2,060円
65歳以上 400円 1,640円
高校生・大学生 250円 200円 1,030円
中学生以下 無料


◆アクセス

アクセス

▽電車
京成線 京成中山駅から徒歩約15分
JR総武線 下総中山駅から徒歩約20分

▽バス
「下総中山駅」から京成バスシステム「市営霊園」「保健医療福祉センター」行き約8分、「北方」下車1分
【コミュニティバス】同「北方」下車1分
本数が少ないため、事前に時刻表をご確認ください。

▽車
京葉道路「市川インター」または「原木インター」から約15分
【駐車場】普通車20台(200円/台)、大型・中型バス(1,000円/台)


◆主な割引サービス

コミュニティバス1日乗車券を利用して東山魁夷記念館へコミュニティバス1日乗車券を利用して東山魁夷記念館へ

 「コミュニティバス1日乗車券」の提示で観覧料が2割引になります。日付印の押された日(コミュニティバスの利用日)のみ有効です。

日時=平成29年3月31日(金)まで(販売は2月28日(火)まで。売り切れ次第販売終了)
会場=いちかわ観光・物産案内所、京成バス市川営業所、京成トランジットバス塩浜営業所、コミュニティバス車内
費用=北東部ルート券300円、南部ルート券300円、南北共通券500円
問い合わせ=TEL047-711-1142観光交流推進課

 他にもチーパス、多世代ファミリーカード、いちかわエコボカード(満点カード)、文学ミュージアムの利用済みチケットなどの提示で割引をします。詳しくは東山魁夷記念館までお問い合わせください。

◎65歳以上の方には割引に代えてプレゼント(絵はがき)を進呈

 

インタビュー

年間パスポートを購入 越川哲男さん東山魁夷に魅せられて
年間パスポートを購入 越川哲男さん

 法華経寺を巡って初めて記念館に来館しました。東山先生の作品に感動し、翌日再来館して年間パスポートを購入しました。展示室のパネルに書いてあった、「私は生かされている」という先生の言葉に、とても感銘をうけました。この言葉によって、自然と向き合う東山先生の姿勢がよく伝わってきました。「文化都市 市川」を象徴するのが、東山魁夷記念館であると思います。また何度も来ようと思います。

東山作品との出会いは清掃活動を通して
ひまわり明鏡会 代表 上條純子さん

 地域に記念館が開館するということで、何かお手伝いできることはないかと、庭と駐車場の月1回の清掃を申し出ました。今年で10年目になります。明鏡会の方々と活動することで、さまざまな花を見ながら季節を感じ、珍しい木の名前を知ることができることに感謝しています。
東山先生の作品は、その色彩に大変感動しました。岩絵具から生み出されるブルーやグリーンという色へのこだわりが素晴らしく、作品を見ていると心が癒やされます。

ひまわり明鏡会のみなさん(後列右から2番目が上條さん)

 

トピックス

市公式フェイスブック 市公式フェイスブックに掲載した市内の話題・出来事をお届けします。

そろばん先生、アジア大会で金メダル

 市内のそろばん塾で教えている鈴木重成さんが、ベンチプレスのアジア大会で優勝し、3回目の金メダルを獲得しました。鈴木さんが出場したのは、10月14日〜20日ウズベキスタンの首都タシケントで開催された「2016年アジアベンチプレス選手権大会」です。
 また、各階級の優勝者から1人だけ選ばれる最優秀選手として表彰され、記念のトロフィーが贈られました。

そろばん先生、アジア大会で金メダル

その笑顔を育むのは[11月20日]

 澄んだ瞳、ぷくぷくのほっぺ、とろけるような笑顔の赤ちゃんが大集合。11月20日、ニッケコルトンプラザで「いちかわファミリーフェスタ2016」が開催されました。花のモチーフをつけた赤ちゃんとパパ・ママがみんなで記念撮影をする「赤ちゃんの花を咲かせようプロジェクト」には、かわいい笑顔がいっぱい集まりました。その後、ママ芸人として人気の北陽・虻川美穂子さんが登場し、トークショーを開催。現在1歳9カ月のお子さんとの生活や育児の悩みをありのまま等身大で語り、「子育ては頑張ればなんとかなるものじゃない。大変なことも多いけど、楽しいこともたくさんあるこの凝縮した時間を、一緒に楽しみましょう」と会場のパパ・ママに呼びかけました。

その笑顔を育むのは[11月20日]

みんなで歩く通り初め[11月10日]

 都市計画道路3・4・18号浦安鎌ケ谷線が、晴れて全線開通の時を迎えました。テープカットやバルーンリリース、そしてクライマックスは国道14号市川インター入口交差点から京成本線との立体交差までをみんなで歩く「通り初め」。平成7年度の都市計画決定から実に20年以上も用地買収や工事が行われてきたこの道路は、大久保市長も開通式のあいさつで「市長就任時の最大の課題だった」と振り返ったほどの大事業でした。市川の南北を初めて直線でつなぐ幹線道路の開通に、市内交通の円滑化、市民交流と地域の活性化など今後の効果が期待されています。

みんなで歩く通り初め[11月10日]

この1冊で、あなたも市川の達人[11月6日]

 あの情報誌「散歩の達人」のMOOKとして、まるごと1冊市川市の本が発行されました。なんとフルカラー112ページ、グルメと見どころ満載で市外の方はもちろん、商店会の情報やあの著名人の記事など市内の方にも読み応え十分な内容です。まだご覧になっていない方は、市内のコンビニやお近くの書店へ。販売価格は889円(税別)です。市川市役所売店といちかわ観光・物産案内所でも、数量限定ながら販売中です。詳しくは市川市観光協会(事務局:観光交流推進課TEL047-711-1142)へお問合せください。

この1冊で、あなたも市川の達人[11月6日]


◎市公式フェイスブックで よりタイムリーな情報を

フェイスブックhttps://www.facebook.com/city.ichikawa
「市川市役所フェイスブック」と検索

いいね! 7,490人(11月21日現在)

(広報広聴課)

 

広報うらがわ

 「高齢者が高齢者の介護をする時代です」と、とある番組でコメンテーターが言っていました。民生委員さんの平均年齢は約66歳。「身近な相談相手」の民生委員さんも平均年齢が上がっているそうです。超高齢社会という言葉ができあがった昨今、私が65歳になった時、どんな社会になっているのでしょうか。私には、3人の息子がいますが、息子たちに面倒を見てもらうことなく、人生を全うしたいと思っています。退職後のセカンドライフは、妻と2人で海外に別荘を買って移り住み、昼からプールバーでお酒をたしなむ優雅な生活をしたいなぁと夢みる36歳。「男はロマン 夢は大きく」。まずはファーストライフを頑張ります。

 
 
●このページに掲載されている情報の発信元
市川市 企画部 広報広聴課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
広報紙・出版グループ  電話:047-334-1106 FAX:047-336-2300
広聴・Web・映像グループ 電話:047-704-0285
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで