広報いちかわ1月20日号 特集

印刷する
更新日: 2018年1月20日

特集: 風邪・インフルエンザを予防しよう

 
 
 

[特集]目次

風邪・インフルエンザを予防しよう

風邪・インフルエンザを予防しよう 風邪やインフルエンザは、「かからない、うつさない」ことが大切です。「かからない、うつさない」ための取り組みは、普段の生活でできることばかりです。今号では、保健センターから「かからない、うつさない」ためのポイントをお伝えします。

問い合わせ=健康支援課TEL047-377-4511

 

どうやって予防するの

どうやって予防するの 風邪やインフルエンザ予防は、普段の生活習慣で免疫力を高めていくことが大切です。また、この時季はうがいや手洗い、マスクによる外部からの感染を防ぐことが重要です。


◆この時季、特に気をつけたいこと

手洗いは30秒かけて▽手洗いは30秒かけて
 手から鼻や口、目を介した感染を防ぐために、石けんと流水で、手の甲、指の間、指先、爪の間、手首も十分に洗いましょう。

▽きちんとマスク
 マスクをすることは、「かからない」かかっても「うつさない」ためのケアとして有効です。
<マスクの正しい着け方・外し方>
 着けるときは、上部を鼻筋に合わせて、鼻、口、あごをおおいます。外すときは、ひもを持って顔から外し、マスク自体には手を触れずにゴミ箱へ捨てましょう。

マスクの正しい着け方・外し方

 

うがいは小まめに▽うがいは小まめに
 うがいは口内のウイルスや細菌を洗い流すと共に、喉の粘膜を乾燥から守ります。
 まずはブクブクうがいで口内の汚れを取り、次に喉の奥まで届くようにガラガラうがいを3回以上行います。

QRコード◎動画で詳しく紹介しています。市公式YouTubeチャンネルで市広報番組「マイタウンいちかわ」Vol.42を併せてご覧ください。


 

◆普段から気をつけたいこと

▽睡眠
 睡眠はこころとカラダの疲労回復だけでなく、免疫機能を強くするなどさまざまな役割をもっています。十分な睡眠をとることが重要です。

睡眠

 

▽環境(湿度)
 この時季は室温が低く乾燥するため、暖房や加湿器などを使い、室温は18から22℃くらい、湿度は50から60パーセントにしましょう。

環境(湿度)

     

▽運動
 適度な運動で体力づくりを心がけましょう。

運動

 

▽ストレス
 オンとオフのメリハリをつけ、上手に切り替えることでストレスをためないことが大切です。

睡眠

     

▽食事
 体力を落とさないように、主食、主菜、副菜を揃えたバランスの良い食事をとりましょう。

食事

 

 

 

私たちがバランスの良い食事のコツをお伝えします。《食生活改善推進協議会発足40周年記念》
おとなの食育講習会
〜ヘルスメイトとクッキング〜

▽お手軽バランスアップ
〜たっぷり野菜のおいしいレシピ〜

 ヘルスメイト(食生活改善推進員)が簡単にバランスアップするコツやすぐできる野菜料理のアイデアをお伝えします。参加者には40周年記念レシピ集「いただきますV」をプレゼントします。ぜひご参加ください。

日時・人数=[1]2月15日(木)申込順24人[2]2月27日(火)申込順36人
会場=[1]南行徳保健センター[2]保健センター
持ち物=エプロン、三角巾またはスカーフ、ふきん2枚(食器用)、ビニール袋1枚、筆記用具
費用=材料費500円程度
問い合わせ=TEL047-377-4511健康支援課

 

それでもかかってしまったら…

疾病予防課 鈴木 インフルエンザは、原因となるウイルスが風邪とは異なります。
 突然の高熱(38~40度)・倦怠感・全身痛・関節痛などの全身症状が強く現れ、また、気管支炎・肺炎・脳炎などを併発し重症化することもあります。
 具合が悪いと思ったら、早めにかかりつけの医院・診療所などで受診してください。
 夜間や休日など診療していない時間帯のときは、急病診療所で受診することができます。

 

夜間・休日に急に具合が悪くなったら

◆急病診療所(応急処置) TEL047-377-1222

急病診療・ふれあいセンター 市川市医師会の医師が交替で診療に当たっています。日曜・祝日、夜間に応急処置を受けることができます。
 精密検査、入院、手術などが必要な場合は、他の病院を紹介します。

診療時間 内科 小児科 外科
月〜金曜日 午後8時〜午後11時 ×
土曜日 午後8時〜午後11時
日曜日・祝日 [1]午前10時〜午後5時
[2]午後8時〜午後11時

◆あんしんホットダイヤル(市民専用) 【時間】24時間(無休)

TEL0120-241-596 ※通話料無料・非通知設定では利用できません。
FAX0120-637-119 (言語・聴覚障害などの方専用)

 市民の相談に、医師、保健師、看護師などが対応していますので、急な病気などでお困りの際に、ご利用ください。応急処置や、受診できる医療機関を案内します。また、子どもの医療相談に限らずメンタルヘルス、介護など大人の医療相談にも対応しています。

■問い合わせ
TEL047-377-4512疾病予防課

 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 広報広聴課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
広報グループ 電話:047-712-8632 FAX:047-712-8764
広聴・Webグループ 電話:047-712-8633 FAX:047-712-8764
eモニ事務局 電話:047-712-8634 FAX:047-712-8764