広報いちかわ3月3日号 特集2・トピックス

印刷する
更新日: 2018年3月3日

特集2: ペットは家族の一員です
ルールを守って楽しく共生生活

 
 

[特集]目次

[特集2] ペットは家族の一員です
ルールを守って楽しく共生生活

ペットは家族の一員です
ルールを守って楽しく共生生活 忙しい現代社会では、生活に癒やしや安らぎを求めて犬や猫などのペットを飼育する人が多くいます。しかし、ペットを飼育することが時には近隣トラブルを招くこともあります。人とペットが快適に暮らしていくためには、地域社会に気を配りながら、適切にしつけを行うなどの飼育管理をすることが必要です。ペットの習性や行動をよく理解し、責任をもって飼いましょう。

問い合わせ=TEL047-712-6309環境保全課

 

◆ペットと暮らす安らぎの生活

ペットと暮らす安らぎの生活

 ペットには、飼い主のリラックス効果や運動量の増加など、人の心と体の健康を高める効果があると言われています。ペットは単なる愛玩の対象としてではなく、家族の一員、あるいは人生のパートナーとして飼い主との関係が深まっています。

 

飼い主になるということは全てに責任をもつこと

 ペットを迎え入れる準備はできていますか?

■命を預かる責任 「ペットを飼う」ということはそのペットの命を預かるということです。

快適で安全な環境を提供する 命を終えるまで飼い続ける 老いに向き合う

■社会に対する責任 ペットを大切に思うあまり、周囲への配慮を忘れていませんか?

ルールやマナーを守り周辺地域を汚したり迷惑をかけない 人に危害を及ぼさない 自然環境に影響を及ぼさない

犬の保護活動ボランティア団体
		代表 金子さん■犬の保護活動ボランティア団体 代表 金子さん
飼う前のシミュレーションも大切です

 平成5年から、600頭以上の身寄りのない犬の保護活動を行ってきました。現在もシェルターで16頭を保護しています。保護した犬を、譲渡会などで無事に新しい飼い主へと手渡すことができたときに喜びを感じます。ペットも小さいうちは手がかかりませんが、しつけが大変、言うことを聞かない、病気、老いといった問題が出てきます。ペットを終生飼育できるのか、飼う前にシミュレーションしましょう。

 

不幸な命を増やさないために

 飼育放棄や迷子、飼い主がいないなどの理由でいまだ多くの犬や猫が動物愛護センターや健康福祉センター(保健所)に引き取られています。保護された犬猫のほとんどは、犬につけることが義務付けられている鑑札や、身元がわかる迷子札などを付けていないため飼い主の元に帰ることができません。言葉が話せない動物だからこそ、言葉の代わりになる 鑑札、迷子札、マイクロチップなどを装着し所有者明示をしておきましょう。

 

飼わない決断も大切

飼わない決断も大切 「適切な世話ができないから、今は飼わない」と決断することも「ペットの命を預かる責任」を果たすことになります。

 

犬の飼い主マナー

 飼い主は、犬の生涯に1回の登録及び毎年一回の狂犬病予防注射の接種ならびに接種したことの登録が「狂犬病予防法」で義務付けられています。各種登録は、市役所で行います。3面の「狂犬病予防集合注射」もご覧ください。

放し飼いは禁止されていますリードを付けて散歩しましょう フン尿の後始末を確実に行いましょう 鳴き声が近所迷惑にならないようにしましょう

犬の飼い主マナー

 

猫の飼い主マナー

 猫にはけい留義務や登録制度がありません。それだけに好きなところに行ってしまい、飼い主の知らない所で、フン尿被害等他人に迷惑をかけている場合もあります。

交通事故や感染症を防ぐため、室内で飼いましょう 自分の飼っている猫であることを明確にするために名札を付けましょう 避妊去勢手術をしましょう

2匹の猫を飼っている駒田さん■2匹の猫を飼っている駒田さん

 ペットの猫は、見ていると自然と笑顔がこぼれる、生活を豊かにしてくれる大切な家族の一員です。我が家の猫たちは高齢なので食事や体重管理など特に健康に気を付けています。また、猫の毛が飛び散ることを防ぐため外で無遠慮に布団を叩かないなど、近所迷惑にならないように気を付けています。

猫の飼い主マナー

 

災害時のペット対応

飼い主が普段から最低限用意しておくもの  市ではできる限りペット(犬・猫)を同行して避難することができるように体制を整えています。ただし、避難所には動物が苦手な方も避難することから、人とペットは別々の場所で生活します。その場合、飼い主の責任の下、避難所でのルールを守りながらペットを管理することになります。 なお、避難所の状況によっては受け入れ困難な場合もあります。

【飼い主が普段から最低限用意しておくもの】
◆5日分以上のフードと水
◆薬、療法食
◆食器
◆予備の首輪・リード(伸びないタイプ)
◆キャリーバッグ・ケージ
◆その他(個人で必要なもの)

 

ペットがいなくなったら

 ペットがいなくなったらすぐに捜しましょう。保護されていることもあるので市川健康福祉センター(市川保健所)、動物愛護センター、警察署に問い合わせください。

◆市川健康福祉センター(市川保健所)
 市川市南八幡5-11-22 TEL047-377-1103

◆千葉県動物愛護センター東葛飾支所
 市川市柏市高柳1018-6 TEL04-7191-0050

◆市川警察署
 市川市鬼高4-4-1 TEL047-370-0110

◆行徳警察署
 市川市塩浜3-10-18 TEL047-397-0110

 

市川浦安地域獣医師会 会長 平田 真二氏市川浦安地域獣医師会 会長 平田 真二氏

 平成7年の開院以来、犬猫を中心に多くのペットを診察してきました。昔と比べてペットを家族として深く接する人が増え、ペットも長寿命化してきています。そのため、がんや生活習慣病などペットがかかる病気も変化してきていると感じます。病状が進行してからの処置ではできることが限られてしまうので、早期発見、早期治療をするために定期的に獣医師の診察を受けることをおすすめします。

 

トピックス

市公式フェイスブック 市公式フェイスブックに掲載した市内の話題・出来事をお届けします。

春を呼ぶまつり[2月20日]

春を呼ぶまつり[2月20日] 2月20日、暖かな日差しの中、菅野にある白幡神社で春を呼ぶ祭りといわれる「湯の花祭り」が行われました。
 この神事は、神に潔白を誓った後に釜で沸かした熱湯の中に手を入れ、罪がある人だけはヤケドする、という探湯(くがたち)という古代の神事からきています。今では、熊笹で大釜に沸かした熱湯をまき、それを浴びると1年間無病息災で過ごせるという神事です。
 近くの小学校の児童や多くの参詣者が見守る中、宮司が熊笹で大釜の湯を振りかけるたびに、大きな歓声が上がっていました。

やさしいきもちに ふれてきました[2月12日]

 犬とじゃれ合う男の子。確かにこんな表情見たことあると、思わず笑みがもれます。
 人形を創作した早野さんは、家族や動物をモデルに愛情とやさしさあふれる人形を作り続けて60余年。元気で、笑顔がとても魅力的な方です。
 「文化人展 早野たづ子展」は、芳澤ガーデンギャラリーで3月25日(日)まで開催しています。

やさしいきもちに ふれてきました[2月12日]

いちかわ いいとこ バスで巡ろう[2月11日]

 市川市・船橋市・松戸市の観光協会が京成観光バスツアーと手を組み実現した‘ちばのお手軽 バス旅’は、旅行代金3,000円台とお手軽で、身近だけど特別感のあるツアーでした。
 2月7日の参加者は、普段入ることができない山崎製パン総合クリエイションセンター、地上150メートルから富士山とスカイツリーを望めるアイ・リンクタウン展望施設や松戸市の戸定邸・歴史館などをめぐりました。

いちかわ いいとこ バスで巡ろう[2月11日]

太陽をナイスキャッチ[2月5日]

 2月5日、富士山の上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができました。市内では11月と2月の2回見ることができ、2月は14日頃まで江戸川沿いなどで見ることができました。
 スカイツリーと一緒にダイヤモンド富士を見ることができるのも市川の良いところではないでしょうか。

太陽をナイスキャッチ[2月5日]


◎市公式フェイスブックで よりタイムリーな情報を

フェイスブックhttps://www.facebook.com/city.ichikawa
「市川市役所フェイスブック」と検索

いいね! 8,032人(2月20日現在)

(広報広聴課)

 

広報うらがわ

 「欠けた!欠けた!」。絶叫しながらわが子が見ていたのは、1月31日夜の皆既月食。このときに活躍したのが、「遠くで飛んでるトンボを見たい」とサンタさんにリクエストした双眼鏡でした。肉眼で見るよりも月食がよく見え、とても良い経験になりました。
 そして肝心の「トンボ」。残念ながら冬の間はその姿を見ることはできませんでしたが、いよいよ春到来。今回の4・5面にもあるとおり、大町にある長田谷津では春にトンボを見ることができます。さあ、双眼鏡を携え春の生き物を探しにいざ大町へ。みなさんも是非自然あふれる長田谷津に足を運んでみてください。

 
 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 企画部 広報広聴課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
広報グループ 電話:047-712-8632 FAX:047-712-8764
広聴・Webグループ 電話:047-712-8633 FAX:047-712-8764
eモニ事務局 電話:047-712-8634 FAX:047-712-8764
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで