マイコプラズマ肺炎

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月22日

1.特徴

 マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという菌の感染により起こります。せきやくしゃみなどにより感染します。
 
1)症状

  熱が出て、体がだるくなり、激しいせきが出ます。たんはあまり出ません。症状が強い時期には、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘息のような苦しい呼吸をすることもあります。解熱後3〜4週間咳が持続することもあります。

 

2)かかりやすい季節

  秋の終わりから冬にかけてはやりますが、1年中かかります。

 

3)潜伏期間

  2週間から3週間前後です。

 

4)好発年齢

  5歳から10歳頃に多いですが、全ての年齢でみられます。

2.治療

 抗生剤が処方されます。食事・水分が取れない、呼吸が苦しいなどの重い症状があれば、入院治療が必要です。

3.家庭でのケアのポイント

1)予防するには

  かかってしまった人との接触はできるだけ避けるようにして、手洗い、うがい、マスクなどで予防しましょう。

 

2)かかってしまったら

 子どもの状況に応じて、環境を整えましょう。熱が高いときは、脇の下や股のつけ根を冷やしましょう。食欲がないときでも、脱水予防のために水分補給はまめにするようにして、食欲が出てきたらのどごしの良いもの、柔らかいものを少量ずつあげて下さい。

  熱などの症状が良くなった後も、せきだけが3週間から4週間と長く続く場合は、かかりつけ医に相談しましょう。

 

  熱が出たときの対応・せきが出たときの対応はこちらへ

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 保健センター 健康支援課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
電話:047-377-4511 FAX:047-316-1568
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで