ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 制度 > 国民健康保険の制度とは?

国民健康保険の制度とは?

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年8月19日

 国民健康保険は、みなさんが病気やケガをした時に安心して医療が受けられるように、加入者が収入に応じた保険税を出し合い助け合う制度です。
 医療費は、原則として、国、県、市からの補助金などと、加入者のみなさんが納める保険税で賄うこととされています。国民健康保険税は制度を支える大切な財源ですので、納期限までに、ご納付をお願いいたします。

 日本では、国民皆保険制度がとられています。
 医療保険制度には、職場を通して加入する「健康保険」と、75歳以上の方が加入する「後期高齢者医療制度」、その他の人が加入する「国民健康保険」があり、誰もが、いずれかの医療保険制度に入らなければなりません。離職により会社の健康保険の資格を喪失した時や、健康保険の扶養から外れた時には、国民健康保険の加入手続きを取りましょう。また、国民健康保険に加入されている方が就職等により健康保険に加入された場合には、国民健康保険の喪失手続きが必要となります。
 
 
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 国民健康保険課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
資格給付担当 電話:047-712-8532 FAX:047-712-8739
保険税担当 電話:047-712-8534 FAX:047-712-8738
高齢者医療担当 電話:047-712-8533 FAX:047-712-8739
管理担当 電話:047-712-8531 FAX:047-712-8739
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで