ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保険税 > 国民健康保険税の特別徴収

国民健康保険税の特別徴収

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年5月29日
 医療制度改革により地方税法が改正され、平成20年4月から国民健康保険税の年金からの天引き(特別徴収)が始まりました。
 なお、窓口での申請により、特別徴収から口座振替に変更することができます。

1 特別徴収とは

 国民健康保険税を年金からの天引きで納めていただくことを「特別徴収」といいます。日本年金機構等が世帯主の年金から天引きして、市川市に納付します。
 なお、特別徴収でない方は、納付書または口座振替によりご自分で納めていただくことになります(「普通徴収」といいます)。

2 対象となる方

 ア 世帯主が国民健康保険に加入
 イ 国民健康保険加入者全員が65歳以上75歳未満
 ウ 世帯主が老齢等年金を年額18万円以上受給しており、国民健康保険税と介護保険料を合わせて年金額の2分の1を超えない
※ ア〜ウの全てが当てはまる世帯主の方が対象です。
※ ただし、年度の途中で75歳になる世帯主の方は、特別徴収とはなりません。 

3 特別徴収の時期及び1回当たりの金額

 ア 仮徴収(4月、6月、8月)
      前年度から引き続き特別徴収となる方
        前年度2月分の特別徴収額と同額
 
 イ 本徴収(10月、12月、2月)
   (本年度の保険税額−賦課済の保険税額)×3分の1の額
 
  ※ 特別徴収が10月から開始となる方は、7月〜9月までは普通徴収、10月、12月、2月は特別徴収での納付となります。

4 特別徴収から口座振替への変更について

 窓口での申請により、特別徴収から口座振替に変更することができます。ご納付いただく保険税の総額は変わりません。
※ 特別徴収から納付書払に変更することはできません。
 ア 申請場所
   市川市役所国民健康保険課、行徳支所福祉課、南行徳市民センター、大柏出張所
 イ お持ちいただくもの
  ○ 保険証、印鑑
  ○ 振替口座の預金通帳、通帳の届出印(口座振替依頼書の記入の際に必要です)
 ウ 特別徴収から口座振替への変更時期
   窓口での申請日から最短でも2ヶ月以上かかります。詳しくは担当までお問い合わせ願います。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 保健部 国民健康保険課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
資格給付担当 電話:047-712-8532 FAX:047-712-8739
保険税担当 電話:047-712-8534 FAX:047-712-8738
高齢者医療担当 電話:047-712-8533 FAX:047-712-8739
管理担当 電話:047-712-8531 FAX:047-712-8739
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで