ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > スポーツ > 行事・大会・講座 > 市川市立大野小学校で「夢の教室」を開催

市川市立大野小学校で「夢の教室」を開催

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年9月5日
深井 正樹さん(5月11日)
深井 正樹さん(5月11日)
城 彰さん(5月12日)
城 彰さん(5月12日)
原田 季郎さん(5月12日)
原田 季郎さん(5月12日)

概要

日時

平成29年5月11日(木)
平成29年5月12日(金)

場所

市川市立大野小学校

夢先生

深井 正樹(ふかい まさき)さん【サッカー】
大学卒業後に鹿島アントラーズに加入し、1年目から公式戦31試合に出場。その後、アルビレックス新潟、名古屋グランパス、ジェフユナイテッド市原・千葉、V・ファーレン長崎、SC相模原で活躍し、2016年のシーズン終了後に引退。

城 彰(じょう あきら)さん【ラグビー】
高校3年生時日本代表に選出。明治大学では、全国大学ラグビーフットボール選手権大会で3度ベスト4に進出。卒業後、キヤノンイーグルスに加入し、2013年にはジュニア・ジャパンのスコッドに選出される。

原田 季郎(はらだ ときろう)さん【ラグビー】
高校日本代表として、日中韓ジュニア交流競技会で優勝し、国体でも優勝。早稲田大学時代には、ジュニア・ジャパンに選出。2013年にキヤノンイーグルスに加入し、7人制ラグビー日本代表にも選出。セブンズアジアシリーズでは優勝。

内容

深井さん
小学校3年生からサッカーをはじめ、引退するまでに、父親や親友、監督の言葉でいくつもの挫折を乗り越えてきました。
「夢の叶えるためには、自分に言ってくれる人達の言葉を、心から聴くことが大切。聴けたから夢を叶えられた。聴くことを大切にしてほしい。」
「夢は逃げない。逃げるのは自分が努力するか、しないか、あきらめるか、あきらめないか。自分次第」
とお話しして下さりました。

城さん
小学4年生の時にラグビーに出会い、多くの素敵な仲間たちと出会い、切磋琢磨しながら夢を追い続けています。
「主将になって今まで、自分本位だったが、仲間のこと、チームのことを考えるようになった。結果、全国ベスト8になれ、その時の仲間は今でも仲間で、一生の宝」
「今まで、いろんな人に出会ってきて、いろんな考え方の人がいた。人の悪いところではなく、人の良いところに目を向けてほしい。これから、大切な仲間をつくっていってほしい」
とお話しして下さりました。

原田さん
小学校1年生からラグビーをはじめ、どんなにつらいことがあっても、自分と向き合い、困難に立ち向かってきました。
「大きな怪我をしたとき、とても不安になったが、自分と向き合い方を考え、自分に負けない!と強く思った。自分に負けなければ大丈夫だと信じてきたからU-15になれた」
「たまにサボってしまうことがあるかもしれないが、その数をいくつ減らせるかが大事。どんなに辛くても、自分に負けないでがんばってほしい」とお話しして下さりました。

本市取り組み方針

この事業は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に関連する本市の取り組みの目標・方針のうち「方針2こどもの体験活動の充実」に位置づけられる事業です。

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 文化スポーツ部 スポーツ課
〒272-0827
千葉県市川市国府台1丁目6番4号 スポーツセンター内
電話:047-373-3111・047-373-3112 FAX:047-372-4290
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで