ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > スポーツ > 行事・大会・講座 > 市川市立国府台小学校で「夢の教室」を開催

市川市立国府台小学校で「夢の教室」を開催

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年9月5日
高橋 良輔さん(7月10日)
中嶋 孝さん(7月11日)

概要

日時

平成29年7月10日(月)7月11日(火)

場所

市川市立国府台小学校

夢先生

高橋 良輔(たかはし りょうすけ)さん 【ボクシング】
2001年のフォーカスカップ・ヘビー級トーナメントで優勝され、2003年には、日本人で初めてOPBF東洋太平洋ヘビー級ランカーとなりました。2006年にはヘビー級から階級を1つ下げ、クルーザー級タイトルマッチに臨み、日本人2人目となる王座に輝かれました。現在は、年齢制限によりライセンスの発給が止められておりますが、現役続行に向けトレーニングに励んでおります。


中嶋 孝(なかじま たかし)さん 【サッカー、フットサル】
中学時代はJリーグの横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)のジュニアユースに所属。高校では、横浜フリューゲルスのユースで活躍され、大学卒業後は、フットサルに出会い2007年からバルドラール浦安としてFリーグに参戦し、現在までトップチームで活躍しています。

内容

高橋 良輔さん
20歳の時、テレビで見たマイク・タイソンに憧れ、ヘビー級チャンピオンになるという夢を掲げられました。何度も失敗を重ね、プロボクサーになったが、スランプを経験し、自分から動くことでスランプを脱却。夢だったヘビー級のチャンピオンこそなれなかったが、1つ階級を落とし33歳でクルーザー級でチャンピオンになられました。
「13年かけて何度も挑戦と失敗を重ね続けて夢を叶えた。失敗して落ち込んでしまうが、諦めないで続けてほしい。」「自分の夢を話すことはパワーになるから、思っていることを言葉にすることは大事。」といったお話をしてくださいました。


中嶋 孝さん
小学生でプロのサッカー選手になるという夢を掲げられ、中学高校とプロチームのユースに所属していましたが、高校卒業後プロになれず、大学生になり様々な誘惑を我慢して、3年時に日本代表に選ばれました。プロチームへの入団が決定したものの、監督が代わってしまい、入団は白紙に。その後就職し、フットサルに出会い、プロのフットサル選手になるという夢を新たに持ち、現在フットサルのトップチームで活躍されています。
「夢を見つけることができたら、言って教えてほしい。そしたら周りが応援してくれる。」「教えるし、聞くし、お互いに応援し合うことが大事。」というお話をしてくださいました。

本市取り組み方針

この事業は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関連する本市取り組みの目標・方針のうち「方針2 こどもの体験活動の充実」に位置づけられる事業です。

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 文化スポーツ部 スポーツ課
〒272-0827
千葉県市川市国府台1丁目6番4号 スポーツセンター内
電話:047-373-3111・047-373-3112 FAX:047-372-4290
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで