ポリオ予防接種

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年7月19日

 平成24年9月1日より、不活化ポリオワクチン接種が開始されています。
 平成24年9月1日以降は、これまでの生ポリオワクチン経口投与(口から飲む)から、不活化ポリオワクチン(皮下に注射)に切り替わり、接種方法も「集団接種」から、指定医療機関で行う「個別接種」に変わりました。

     ポリオワクチンに関するQ&A(厚生労働省、平成24年8月23日版)

  ※なお、4種混合予防接種を開始している方は、ポリオの予防接種は必要ありません。

 

対象年齢と接種回数

【対象年齢】 生後3月〜生後90月に至るまでの間にある方(7歳6ヵ月未満)

不活化ポリオワクチン接種は、合計4回(初回 3回、追加 1回)の接種が必要ですが、過去の接種歴により今後の接種回数が異なりますので、母子手帳をご確認のうえ今後必要な回数を受けてください。 

【過去の接種歴による今後の回数】

[1]ポリオワクチンを1回も受けていない・・・・・・・・不活化ポリオワクチン4回

[2]生ポリオワクチンをすでに1回受けている・・・・不活化ポリオワクチン3回

[3]不活化ポリオワクチンを1〜3回受けている・・合計4回となるよう残りの回数を受けてください。

 ※国内未承認の不活化ポリオワクチンの接種を受けている方も、不足分を定期接種で受けることができます。

生ポリオワクチンを2回接種した方は、不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません。

  

★詳しい接種方法はこちらから(厚生労働省ホームページより) 

                        ⇒  どうすればいいの?ポリオワクチン               

 

標準的接種方法

1期初回接種 20日から56日までの間隔をおいて3回
1期追加接種 初回接種終了後、6ヵ月以上の間隔をおいて1回接種(1年から1年半の間隔を置くことが望ましい)(注1)
 
 (注1)1期追加接種(4回目)については、平成24年10月23日より接種可能となりました。
 

予診票

医療機関で受け取っていただくか、保健センター疾病予防課へ連絡してください。

実施医療機関

市が指定する医療機関は ⇒ こちらから確認できます。

市が指定する医療機関以外で接種を希望する場合 ⇒ こちらから確認できます
 

関連リンク

Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで