ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 予防接種 > インフルエンザの流行状況について

インフルエンザの流行状況について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年1月27日

千葉県がインフルエンザ警報を発令しました。

感染症発生動向調査において、2017年第3週(1月16日から1月22日)の定点あたり患者報告数が37.90となり、国が定める注意報基準値(30)を超えました。
千葉県は、インフルエンザの予防対策をさらに徹底するよう注意を喚起するため、1月25日「インフルエンザ警報」を発令しました。

インフルエンザは、突然の発熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べ全身症状が強く現われ、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いため、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

 

インフルエンザの予防について

次のことを心かげましょう。

1.うがい手洗いを行いましょう。
2.室内では、加湿器をなどを使って乾燥を防ぎましょう。
3.栄養と休養を十分にとり、体力や抵抗力を高めるなど、体調管理を行いましょう。
4.予防接種受けることも、予防する上で有効な手段です。

  

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで