ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > その他健康・医療・福祉情報 > クリミア・コンゴ出血熱に係る注意喚起について

クリミア・コンゴ出血熱に係る注意喚起について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年7月18日

クリミア・コンゴ出血熱について

発生地域

中国西部、東南アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ。

感染経路

ウイルスを保有したマダニに咬まれたり、感染動物(特にヒツジなどの家畜)の血液等と接触したりして感染する。

主な症状

2〜9日の潜伏期ののち、発熱、関節痛、発疹、紫斑(出血)、意識障害など。

感染予防

草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避ける。また、家畜などにむやみに触れない。

関連情報

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで