ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 健康診査 > 胃がん検診胃内視鏡検査

胃がん検診胃内視鏡検査

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年5月24日

対象者

50歳以上偶数年齢の市川市に住民登録のある方
※年齢は平成31年3月31日時点での年齢です。
以下のいずれかに該当する場合はご遠慮下さい。
1.勤務先等で受診機会のある方
2.医療機関で経過観察中の方

検査項目

内視鏡検査

次に該当する方は、安全等を考慮し、検診としての胃内視鏡検査を受診できませんので、ご了承ください。
・胃内視鏡検査の実施に関する同意書に同意が得られない方(同意書の説明は医療機関にて行います。)
・妊娠中の方、またはその可能性がある方  
・疾患の種類にかかわらず、入院中の方
・胃の病気で通院中、治療中の方  
・胃を全摘出された方  
・胃内視鏡の挿入ができない方
・呼吸不全のある方  
・急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方
・出血しやすく、血がとまりにくい方  
・血圧が極めて高い方  
・抗血栓薬を服用されている方(詳細は後述の「抗血栓薬について」欄をご覧ください。)
※上記の内容に当てはまらなくても、当日の体調などにより、医師が検査困難と判断された場合は、検査をお断りすることがございます。その他ご不明な点は、主治医または申込み先の医療機関にお問合せください。

抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)について
市川市の胃内視鏡検査では、抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)を服用中の方は対象外となります。
<抗血栓薬の例>
 ○ワーファリン
 ○アスピリン
 ○バファリン
 ○バイアスピリン
 ○パナルジン(チクロピジン)
 ○プラビックス(クロピトグレル)
 ○エフィエント
 ○プレタール(シロスタゾール)
 ○プラザキサ
 ○エリキュース
 ○イグザレルト
 ○リクシアナ   など
 他にも多数の種類がありますので、自分の飲んでいる薬に抗血栓薬または同等の成分が含まれていないか、主治医に確認してください。また、お薬手帳をお持ちの方は、検診受診時に持参してください。

自己負担金

1,500 

※以下のいずれかに該当する場合は無料になります。

1.70歳以上の方
2.千葉県後期高齢者医療被保険者 
3.同じ世帯に住民税課税者が一人もいない方

受診方法

※受診券が届いたら、電話等で直接医療機関へお申込みください。

胃がん検診を受診された方へ

検診は死亡率を減少させることがわかっていますが、結果の全てを保証するものではありません。
必ずがんを見つけられるわけではなく、また、がんでなくても結果が陽性になることもあります。
後日、自覚症状が出た場合は、結果に関わらず専門医にかかりましょう。
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで