ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > その他健康・医療・福祉情報 > エボラ出血熱に係る注意喚起について

エボラ出血熱に係る注意喚起について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年6月25日
現在、コンゴ共和国では、北キブ州とイツリ州の両州において、2,000名を超える患者が発生しており、令和元年6月11日には、世界保健機構(WHO)より、コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の発生が隣国のウガンダ共和国でも確認されたと発表しました。(令和元年6月18日厚生労働省通知

発生地域であるコンゴ民主共和国イツリ州及びウガンダ共和国カセセ県から帰国し、疑わしい症状がある場合には、早期に医療機関を受診し、適切な診断及び治療を受けることが重要です。

 

エボラ出血熱について

その他のリンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831