ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 予防接種 > 平成30年度高齢者インフルエンザ予防接種の実施について(終了しました。)

平成30年度高齢者インフルエンザ予防接種の実施について(終了しました。)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年2月12日
平成30年度高齢者インフルエンザ予防接種は、平成31年1月31日(木)をもって終了いたしました。

平成31年度の実施については、詳細決定次第掲載いたします。

なお、30年度は下記のとおり実施いたしました。
 

対象者

下記に該当し、本人が接種を希望する方。

・市川市に住民登録のある、満65歳以上の方。
・満60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する方、及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方(身体障害者1級相当)。
 

接種費用

自己負担 1,500円
ただし、世帯全員が市民税非課税の方、生活保護を受給されている方は、自己負担免除(無料)。
(予診票の右肩に、「1,500円負担」または、「無料」と表示。)

接種回数

一部公費助成での接種は、1回のみ。
2回目の接種を希望される場合の接種費用は、全額自己負担になります。

実施場所

持ち物

平成30年度 インフルエンザ予防接種予診票(青色・2枚複写)
健康保険証

予診票について

下記の日程で予診票を発送します。

【平成30年9月28日】
  平成30年9月30日現在、満65歳以上の方
  平成30年10月に満65歳を迎える方(昭和28年10月生まれ)

【平成30年10月31日】
  平成30年11月に満65歳を迎える方(昭和28年11月生まれ)

【平成30年11月30日】
  平成30年12月に満65歳を迎える方(昭和28年12月生まれ)

【平成30年12月28日】
  平成31年1月に満65歳を迎える方(昭和29年1月生まれ)

  

 

予防接種前の注意事項

<予防接種を受けられない方>
・体温が37.5℃以上の方
・重篤な急性疾患にかかっている方
・インフルエンザワクチンに含まれる成分でひどいアレルギー反応をおこしたことがある方
・その他、医師が不適当な状態と判断された方


予防接種を希望する方は、現在の健康状態や治療を受けている病気や服用中の薬のことなど、詳しく医師に伝えてください。

予防接種後の注意事項

・予防接種後の急な体調の変化に備え、30分間は医師とすぐ連絡がとれるようにしておきましょう。また、24時間以内の体調の変化に気をつけてください。
・予防接種部位が痛みや熱をもってひどく腫れたり、全身のじんましん、繰り返す嘔吐、顔色不良、高熱などの症状があらわれた場合は、医師の診察を受けてください。
・入浴は差し支えありませんが、接種部位を強くこすることはやめましょう。
・激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

健康被害救済制度について

予防接種法に基づいて行うインフルエンザ予防接種によって起きた異常な副反応により、入院が必要になったり、身体に障がいを残すなどの健康被害が生じ、予防接種によるものと認定された場合は、予防接種法に基づく補償を受けることができます。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 保健部 保健センター 疾病予防課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目18番8号
予防・急病担当  (直通)電話:047-377-4512
健診担当      (直通)電話:047-377-4513
特定保健指導担当(直通)電話:047-377-4514
保健センター    (代表)電話:047-377-4511 FAX:047-376-8831