ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 消費生活 > 消費者保護・消費者啓発

消費者保護・消費者啓発

印刷する
更新日: 2014年12月16日

1.消費生活相談

 消費生活センターでは、商品やサービスの契約に伴うトラブルの相談を受付、専門の相談員が相談者とともに考え、解決のお手伝いをしています。
 
 市内在住・在勤・在学の方を対象に電話勧誘や訪問販売などによる契約トラブルやさまざまな悪質商法及び製品事故に対する苦情・相談を受け付けています。
 
相談受付時間:
午前10時〜午後4時
 
休所日:
土、日曜日及び祝日並びに年末年始(12月29日〜1月3日)
※但し、祝日を除く毎月第2・第4土曜日は電話による相談のみを受付けて います。(来所相談は行なっていません)
 
 なお、行徳支所においては第2・第4火曜日、午前10時から正午・午後1時から午後4時まで相談を受け付けています。
 
 

2.生活用製品表示立入調査

 消費者が日常生活において、多種多様な家庭用品を使用しています。また、技術革新が進む中で新製品がつぎつぎに生み出され、店頭にあふれています。消費者が買い物する時に安全で確実な商品の選択や使用ができるよう商品に付けられた「表示」は重要な役割を果たしています。
 
 毎年、消費生活センターでは家庭用品品質表示法、電気用品安全法、消費生活用製品安全法に基づき一般小売業者へ立入し、適正な表示、安全マークの貼付点検などの検査を実施しています。
 
 

3.消費生活講座

 消費生活センターでは消費生活における商品知識を高めたり、新しい合理的な消費生活のあり方や知識を身につけていただくため専門の講師などによる講座や悪質商法の被害 を未然に防ぐための講座を開催しています。
 
一般講座:
消費者に対して年7回程度実施しています。
 
出前消費者講座:
市内の各地域に出向き、悪質商法の手口や被害の実態を紹介しています。
 
 

4.啓発・情報

 消費生活センターでは消費生活に役立つ暮らしの様々な情報や各種業界、行政機関で作成したパンフレット類を展示・配布しています。また、消費生活に役立つ図書、DVDなどの閲覧、貸し出しも行っています。
 
 また、消費者の皆さんの暮らしに役立てていただくために情報紙「クオリティライフいちかわ」を発行しています。
 
 

5.消費者団体の育成及び助成

 消費生活センターでは消費者自立の時代を迎え、真に豊かな暮らしをめざし、熱心に消費者問題を始めとして環境などさまざまな問題を取り上げ調査、研究に取り組み、活動を行っているグループの支援をしています。
 
 
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで