ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 燃焼を伴う暖房器具を使用の際は一酸化炭素中毒にご注意を

燃焼を伴う暖房器具を使用の際は一酸化炭素中毒にご注意を

印刷する
更新日: 2012年1月6日
    燃焼を伴う暖房器具を使用の際は
          一酸化炭素中毒にご注意を
 
  今年の冬は節電のため、エアコンや電気ストーブの使用を控え、石油機器、ガス機器、炭等を使用して暖をとる人も多いでしょう。
 こうした燃焼を伴う器具を、閉め切った室内で換気をせずに使用しますと、不完全燃焼による一酸化炭素中毒を引き起こすことがあります。
 寒さも一段と厳しくなってきます。暖房器具を正しく使用して、節電の冬を乗り切っていきましょう。
 
 
       詳しくは ⇒ 消費者庁
 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで