ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 市役所をかたる不審な電話にご注意を

市役所をかたる不審な電話にご注意を

印刷する
更新日: 2014年12月15日

市役所をかたる不審な電話にご注意を

 

(最近起きた事例)

市役所の職員を名乗る者から電話があり、先日送った書類を返送しなければ、保険証の負担割合が現在の1割から上がると、不安になるようなことを言われた。

また、家族の医療費の還付があると言われ、指示されるままにATM(自動現金出入機)を操作した。

市役所に確認したら、詐欺だと分かったが、警察には被害届を出していない。

 

(アドバイス)

 市役所が還付等のために振り込みをお願いすることはいっさいありません。

これは、還付金等詐欺といわれ、税務署や市役所等を名乗り、「税金や医療費等を返還します」「今日が手続きの締め切りです」「ATMで手続きができます」等と、コンビニエンスストアー等に設置してあるATMに行かせ、携帯電話で還付手続きを指示するふりをし、実は犯人の口座に振り込む手続きをさせる手口です。

このような不審な電話があった場合は、振り込む前に消費生活センター、または警察にご相談ください。

 なお、振り込んでしまった場合は、警察や振り込んだ口座がある金融機関に連絡(届出)をしてください。

 

  消費生活相談窓口

    消費生活センター   電話  3200666

      受付日時  月〜金曜日  面接・電話

      第24土曜日  電話相談のみ

      午前10時〜午後4

 

    行徳支所市民相談室  電話  3591121

      受付日時  第24火曜日 面接・電話

      午前10時〜正午 ・ 午後1時〜午後4

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで