ホーム > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > マルチ商法の被害に遭わないための5つのポイント

マルチ商法の被害に遭わないための5つのポイント

印刷する
更新日: 2012年5月8日

マルチ商法の被害に遭わないための

 

5つのポイント

 

消費者庁ではマルチ商法の被害に遭わないための5つのポイントを公表しています。

マルチ商法は、「新規の会員を勧誘すれば高収入が得られる」と販売組織に加入させて商品などを購入させるもので、ピラミッド型に会員を増やして商品を販売する手口です。

 

マルチ商法の被害に遭わないための5つのポイント

・身近な人からの勧誘でも、契約する意思がない場合は毅然と断る。

・十分なお金がないのに、甘い言葉を信じて安易に契約しない。

・特定の商品の取引とは別に、事業者への投資を勧誘される場合もあるので、十分に注意する。

・身近な人に不審な様子があれば、積極的に声をかけ相談にのるなど、トラブルを抱えている人を救う努力を。

・少しでも不安なことがあれば、遠慮せずに消費生活センターへ相談を。

 

詳しくは ⇒ 消費者庁 

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで