ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > ブラインド等のひもの事故に気を付けて
よくある質問

ブラインド等のひもの事故に気を付けて

印刷する
更新日: 2014年3月3日
ブラインド等のひもの事故に気を付けて
  
 家庭におけるブラインド類やスクリーン類のひも部分、カーテンの留めひも等のひも状部分が子ども
の首に絡まる事故が発生しています。
 ブラインド等のひもにおける危険性を十分に認識する必要があります。
 お子さんがいる家庭では、次の3つのポイントに注意してください。
 ・子どもが過ごす場所では、ひも部分がない、ループが小さいなど、安全性の高い商品を選びましょ
 う。
 ・ひも部分のある商品については、子どもの手の届かない位置にひもをまとめるクリップや、重さが掛
 かるとひもが切れるジョイント、チェーンの緩みをなくす固定具等を適切に使用しましょう。
  安全器具の入手については、ブラインドメーカーにお問い合わせください。
 ・こどもがソファやベッド等を踏み台にすることもありますので、周りの家具の配置を点検し、ブラインド
 等のひもが子どもに危険性を及ぼす可能性がある場合は改善しましょう。
 
   詳しくはこちらへ ⇒ 消費者庁 
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで