ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 「保険金が使える」という住宅修理サービスのトラブルにご注意を
よくある質問

「保険金が使える」という住宅修理サービスのトラブルにご注意を

印刷する
更新日: 2014年7月8日
「保険金が使える」という住宅修理サービスのトラブルにご注意を
  
   「業者が突然自宅に訪問してきて、『火災保険の保険金を使って自己負担なしで住宅を修理しないか』と言われ住宅修理の契約をしたが、信用できるか」といった相談が全国の消費生活センターに寄せられています。
   中には、「工事内容があいまいなまま強引に工事を始められた」「解約しようとしたら高額な解約料を請求された」といったトラブルも生じています。
   業者から「火災保険や地震保険の保険金で自己負担なしに修理できる」などと勧誘されても、安易に契約しないようにしましょう。
   住宅修理をする場合は、保険金を使うかどうかにかかわらず、複数の業者から見積もりをとり、工事内容や契約内容を慎重に検討してから契約しましょう。
   悪質業者は消費者に十分に考える時間を与えず、話を進めようとします。十分な説明がないまま契約をせかす業者、工事内容があいまいなまま修理代金の前払いを求める業者、着工をせかす業者は特に注意が必要です。
 
        詳しくはこちらへ ⇒ 国民生活センター
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで