ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 食品加熱時の突沸にご注意ください
よくある質問

食品加熱時の突沸にご注意ください

印刷する
更新日: 2014年12月5日
食品加熱時の突沸にご注意ください
  
    飲み物などを加熱した場合、急激に沸騰が起こり、中身が飛び散る「突沸」という現象が起こること
 があります。
    突沸は温める食品が液体であれば、起きる可能性があります。食品、食器や鍋、調理器具、加熱時
 間などの条件が重なった場合だけに起こる現象です。
    電子レンジで飲み物を温める場合は、温めすぎないようにしましょう。
    また、電子レンジで誤って飲み物を温めすぎてしまった場合は、突沸を避けるため、加熱が終了して
 も容器をすぐに取り出さず、扉を開けないで1〜2分冷ましましょう。
    ガスこんろやIHクッキングヒーターを使って液体を温め直すときは、火力を弱めにし、かき混ぜなが
 ら行いましょう。
 
       詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 国民生活センター
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで