ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 過信は禁物!息を吹きかけて呼気中のアルコール濃度を調べる測定器−運転の可否の判断には使用しないで!―
よくある質問

過信は禁物!息を吹きかけて呼気中のアルコール濃度を調べる測定器−運転の可否の判断には使用しないで!―

印刷する
更新日: 2015年2月23日
過信は禁物!息を吹きかけて呼気中のアルコール濃度を調べる測定器−運転の可否の判断には使用しないで!―
  
   息を吹きかけることによって呼気中のアルコール濃度を簡易的に調べる測定器(アルコールチェッカー)が販売されています。
   国民生活センターが市販されている簡易型のアルコールチェッカーのテストを行い、同じエタノール濃度でも吹きかける強さによって指示値が変わるものがある。同じ銘柄でも固体によって指示値に差がみられるなどの調査結果を、消費者に情報提供しています。
   息を吹きかけて呼気中のアルコール濃度を調べるアルコールチェッカーの測定結果で運転の可否を判断することはやめましょう。
   また、アルコールチェッカーは測定条件によって指示値が変わることがあります。指示値を安易に信用しないようにしましょう。
   アルコールチェッカーのセンサーには寿命があります。見かけ上の動作に問題がなくても、感度が変わっていたり、アルコールを検知しなくなっている場合もありますので注意しましょう。
 
   詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 国民生活センター
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで