ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 鳥獣害対策用の電気さくによる感電事故の防止について
よくある質問

鳥獣害対策用の電気さくによる感電事故の防止について

印刷する
更新日: 2015年7月24日
  鳥獣害対策用の電気さくによる感電事故の防止について
 
  静岡県で川岸に設置された動物よけの電気さくにより、川遊びをしていた家族連れら7人が感電し、2人が死亡するという事故が発生しました。
  電気さくを設置する場合は、電気事業法の規定に基づく適切な感電防止対策を講じてください。また、電気さくを見掛けたら近付かないようにしましょう。
 

※   [1]危険である旨の表示をする
      [2]感電により人に危険を及ぼすおそれのないように出力電源が制限される電気さく用電源装置
       を用いる
      [3]漏電遮断機を設置する
      [4]容易に開閉できる箇所に専用の開閉器を設置する
 
 
  詳しくはこちらへ ⇒ 消費者庁 
                ⇒  経済産業省
                ⇒ 農林水産省
 
  市川市消費生活センタートップページ
 

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで