ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > SNSの広告で購入した化粧品で思わぬ請求が! ―日本語のサイトでも契約先は海外の詐欺的事業者!?―
よくある質問

SNSの広告で購入した化粧品で思わぬ請求が! ―日本語のサイトでも契約先は海外の詐欺的事業者!?―

印刷する
更新日: 2015年8月28日
 SNSの広告で購入した化粧品で思わぬ請求が! ―日本語のサイトでも契約先は海外の詐欺的事業者!?―
  
  「SNSの広告を見て、有名女優も使っているという化粧品を申し込んだが、注文した内容の数倍の金額を請求された」という相談が多く寄せられています。
  消費者がSNS等で見た広告をきっかけに契約するケースは多くありますが、普段利用しているサイトに「芸能人も使っている」という広告が出ていたからといって気軽に契約すると、海外の詐欺的事業者とのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
  よく利用するSNS等に広告が出ていたサイトでも、海外の事業者と契約トラブルになると解決が難しいので安易に契約しないようにしましょう。不安を感じたり、トラブルにあったら消費生活センターに相談しましょう。
 
  詳しくはこちらへ ⇒ 国民生活センター
 
  市川市消費生活センタートップページ
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで