ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトに注意
よくある質問

「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトに注意

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年8月19日
「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトに注意

  全国の消費生活センターには「送られてきた荷物を指定された住所に転送するだけで報酬がもらえるというアルバイトをするために身分証明書を送ったところ、知らない間に自分の名義で携帯電話が契約されていた」という相談が寄せられています。
  身分証明書の画像など個人情報を相手に送付したことで、個人情報が悪用されて、インターネット通販で消費者名義の携帯電話が不正に契約され、それが犯罪に使用されます。
 数千円の報酬を得ようと思ってはじめたことが、結果的には自己名義の契約を解約するために、解約金や携帯電話の端末未払金などを支払わなければならない状況になることがあります。また、契約に使用されたクレジットカードが不正利用され、月額利用料や通話料などが請求される可能性もあります。
  「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトは絶対にしないようにしましょう。また、運転免許証や健康保険証、銀行口座などの個人情報を安易に伝えないようにしましょう。  


     詳しい事例や注意点はこちら ⇒ 国民生活センター  

     市川市消費生活センタートップページ
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで