ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!

よくある質問


豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年2月2日
豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!

  消費者庁には、豆やナッツ類(例えば、大豆、ピーナッツなど)を原因とする子どもの誤嚥(ごえん)事故が報告されています。その大半が3歳未満の事故が占めています。奥歯が生えそろわず、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではなく、気道も狭い子どもが豆やナッツ類を食べると、気道に入って気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息したりするおそれがあります。
 豆やナッツ類の誤嚥事故では、入院を要する例が大半を占めています。
 誤嚥事故防止のため、主に以下のことに注意しましょう。

1. 豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないでください。
  小さく砕いた豆やナッツ類も食べさせないでください。
  兄姉がいる家庭では、兄姉が豆やナッツ類を食べていても、食べさせないでください。
2. 少し大きい子どもの場合も、誤嚥をしないように、食べることに集中させ、落ち着いてゆっくりとかみ砕いて食べさせ
 るようにしてください。
3. 節分の豆まきをした後は、子どもが拾って口に入れないように、豆の後片付けを徹底しましょう。


  消費者庁ホームページ

 市川市消費生活センタートップページ
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで