ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 相談 > 暮らし・手続き > 置き型のワンプッシュ式蚊取りの使い方にご注意を
よくある質問

置き型のワンプッシュ式蚊取りの使い方にご注意を

印刷する
更新日: 2014年8月12日
 置き型のワンプッシュ式蚊取りの使い方にご注意を
  
   置き型のワンプッシュ式蚊取りは、従来の蚊取り剤のように、薬剤を熱や風力によって大気中に除々に拡散させるのではなく、ボタンを1回押すだけで1日分の使用量に相当する薬剤が放出されるようになっています。
   この置き型のワンプッシュ式蚊取りによる危害情報が寄せられています。その中には「顔にかけてしまい、両頬が赤くなり、やけどのような痛みが出た」などの報告があります。
   置き型のワンプッシュ式蚊取りをしようする際は、噴射する前に噴射の方向をよく確認しましょう。
   子どもが一人で使用しないように注意しましょう。また、使用しないときは誤噴射防止ロックを「LOCK」の位置にして、子どもの手の届かない場所に置きましょう。
   身体に異常が起きた場合は、医師の診断を受けましょう。
 
    詳しくはこちらへ ⇒ 国民生活センター
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 総合市民相談課 消費生活センター
〒272−0033
千葉県市川市市川南1丁目1番1号 ザ タワーズ イースト213号(2階)
 相談室 電話:047−320−0666(相談受付は午前10時から午後4時まで)
 事務室 電話:047−320−0668 FAX:047−320−0669
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで