ホーム > 事業者向け情報 > 産業振興 > 農水産業 > 短期暴露評価により変更される農薬の使用方法について

短期暴露評価により変更される農薬の使用方法について

印刷する
更新日: 2015年4月15日

農薬の登録に関する評価の変更について

生産者の皆様へ

 農薬を使用した農作物の安全性を一層確保するために、これまでの評価方法(ADI:毎日一生食べ続けても健康に悪影響がない)に加え、新たな評価方法(ARfD:短時間に多量に食べた場合にも健康に悪影響がない)が導入され、農薬残留基準値が見直されます。
 それにより、農薬によっては使用方法が削除・変更になる作物がありますので、ラベルをよく読み、防除指針や防除暦に沿った使用をお願いします。
 但し、特別な事例として農薬のラベルに表示されている使用方法でなく、変更後の使用方法に基づいて使用するようお願いする場合があります。
 このような場合には、農薬メーカーがチラシを配布するなどして情報提供を行いますので、変更申請中であっても、その情報に沿って農薬を使用するようお願いします。

使用方法が変更される農薬について

次の有効成分を含む農薬については、使用方法等が変更されますので、農薬を使用される方は変更後の使用方法に基づき使用するようお願いします。

・有効成分: アセフェート(リンク)(平成26年11月17日に変更登録)
・有効成分:  NAC(リンク)  フェナリモル(リンク)  フルバリネート(リンク)(平成27年2月18日に変更登録)
・有効成分: カルボスルファン、ベンフラカルブ(リンク)(変更申請中)
・有効成分:  ジメトエート(リンク)(平成27年2月4日に変更登録)
・有効成分:  シハロトリン(変更申請中)

※詳細につきましては、農薬メーカー、販売店にご確認ください。

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 経済部 農政課
〒272-0021
千葉県市川市八幡3丁目3番2-408号(グランドターミナルタワー本八幡)
農政担当 電話:047-711-1141 FAX:047-711-1144

地方卸売市場担当
〒272-0015
千葉県市川市鬼高4丁目5番1号
電話:047-378-3611 FAX:047-378-3629
  
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで