ホーム > 暮らしの情報 > 道路・交通 > 交通安全 > 自転車安全利用ルール

自転車安全利用ルール

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年10月18日

ちばサイクルール

自転車に乗る前のルール


1.自転車保険に入ろう
  自転車も事故の加害者となることがあります。万が一の事故に備えて自転車保険に加入しましょう。

2.点検整備をしょう
  思わぬ事故を防ぐため、点検整備を定期的にしましょう。

3.反射器材(リフレクター)を付けよう
  夜間、車や歩行者との交通事故を防ぐため、ライト、後部の反射器材と併せて、側面にも反射器材を取り付けましょう。

4.ヘルメットをかぶろう
  自転車乗車中の事故が多い高校生以下の子供や転倒などで頭に大きなケガをする恐れのある高齢者は、自転車に乗る時はヘルメットをかぶりましょう。

5.飲酒運転はやめよう
  自転車もクルマと同じように、飲酒運転は禁止です。

※ ちばサイクルールは、内閣府の「自転車安全利用五則」をもとに「千葉県自転車条例」の内容を取り入れて千葉県が制定したものです。自転車に乗る方は、安全運転を心がけて、交通事故を防ぎましょう。
 

自転車に乗るときのルール

1.車道の左側を走ろう
  自転車もクルマと同じように、車道の左側に寄って通行しましょう。

2.歩いている人を優先しよう
  歩道は歩いている人が優先です。歩道を通行する時は、車道寄りを通行しましょう。

3.ながら運転はやめよう
  傘差し、スマホ・携帯、ヘッドホン使用などのながら運転は危険ですので禁止です。

4.交差点では安全確認しよう
  自転車の事故は、半分以上が交差点で発生しています。交差点を渡る時は、信号や標識がなくても徐行や一時停止をして安全確認をしましょう

5.夕方からライトをつけよう
  自転車のライトは、前方を照らすだけでなく、他者に自転車がいることを知らせるためにあります。夕暮れ時は事故が起きやすいので、早めにライトをつけましょう
 

横断歩道などの通行方法

 横断歩道やスクランブル交差点では、歩行者の横断が優先です。
自転車は、原則として降りて渡りましょう。
自転車は降りて渡りましょう

リーフレット


関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 道路交通部 交通計画課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
交通安全・計画担当  電話:047-712-6341 FAX:047-712-6340
駐輪・駐車施設担当  電話:047-712-6342 FAX:047-712-6343
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで