ホーム > 暮らしの情報 > 道路・交通 > 駐輪場 > 【有料化へ】平成28年4月から無料駐輪場が有料になりました

【有料化へ】平成28年4月から無料駐輪場が有料になりました

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年11月7日

利便性向上と負担の公平性を図るため無料駐輪場を有料化しました

有料化の経緯

 現在の無料駐輪場は、利用者を特定せずに誰でも自由に使えるため、場内に長期間放置されたままの自転車が数多くあります。このため、駐輪できるスペースが少なくなり、通路にまで自転車が止められてしまうなど、自転車の出し入れが不便な状況です。

 今回、無料駐輪場を有料化することで登録制(1回使用を除く)となるため、適切な収容許可台数での管理が可能になります。この管理体制が整備されることで、自転車の出し入れがスムーズに行うための通路が確保されることで利便性が向上し、併せて場内の放置自転車対策にも繋がります。

 また、未来に負担を回さない行財政改革の一環として、駐輪場を利用する方と利用しない方の負担の公平性も検討し、無料駐輪場の有料化を含め料金体系を全面的に見直しました。
 今まで駐輪場管理費に使われていた約1億円の市税の投入が不要になった分については、介護・医療・福祉などの社会保障関係費に活用します。みなさんのご理解・ご協力をお願いいたします。

【概要版】無料駐輪場が有料になりました(PDF:325KB)

有料化する理由

◇毎年、約1億円の維持管理費が不足
  
駐輪場使用料で賄いきれない駐輪場の維持管理費のうち約1億円を税金で補てんしています。有料化により駐輪場を利用している方と利用していない方の公平を図ります。
 

◇自転車の出し入れが不便
  
無料駐輪場は利用者を特定せず誰でも自由に使える為、場内の放置自転車や、過剰な駐輪により自転車の出し入れが不便になっています。有料化により適切な台数管理が可能になります。

 
◇多様なニーズに対応するため
  
これまで、排気量125cc以下の普通自動二輪車に対応できていませんでした。
無料駐輪場の有料化を含めた料金体系の見直しとともに、平成28年4月から八幡第9及び行徳第1の2箇所の駐輪場でとめることができるようになりました。
なお、平成29年4月から市川塩浜第1駐輪場でもとめることができるようになります。

有料化の内容

無料駐輪場が有料化され、駐輪場を利用するにあたっては「定期利用」または「1回利用」する必要があります。
「定期利用」を希望される方は、申請が必要となるため申請方法のページをご確認のうえ、申請してください。

※「平成28年度 市営有料駐輪場使用申請」は随時受付しています。
  なお、「平成29年度 市営有料駐輪場使用申請」は平成28年11月8日から開始予定です。


◇定期利用
  
自転車の料金体系(月額:税込)は5区分で、2,210円、1,720円、1,400円、1,080円、700円に変更しました。
使用料は各駐輪場によって異なります。詳しくは市営駐輪場案内図・料金表のページをご覧ください。

※高校生以下は、一般料金の半額。原付等は、一般料金の倍額。(原付バイクと普通自動二輪(125cc以下)は同一料金)

◇1回利用

自転車の場合、継続する24時間以内が100円です。
また、1回利用ができる駐輪場で11回分の回数券を1,000円で購入することもできます。

原付バイク等の場合、継続する24時間以内が210円です。
また、1回利用ができる駐輪場で11回分の回数券を2,100円で購入することもできます。

※回数券の払い戻しはできません。

定期利用する方がお得になる場合も

通勤・通学などで毎日のように利用している方は、定期利用の方が経済的にお得な場合があります。定期利用の使用料は、市営駐輪場案内図及び料金表のページをご覧ください。

平成28年度の詳しい申請方法、申請書配付場所などの詳細はこちらをご覧ください。

なお、平成29年度の使用申請は、平成28年11月8日以降を予定しています。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 道路交通部 交通計画課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
交通安全・計画担当  電話:047-712-6341 FAX:047-712-6340
駐輪・駐車施設担当  電話:047-712-6342 FAX:047-712-6343
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで