ホーム > よくある質問 > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > その他健康・医療・福祉情報 > 【終了しました】臨時福祉給付金(経済対策分)に関するよくある質問

よくある質問


【終了しました】臨時福祉給付金(経済対策分)に関するよくある質問

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年8月1日
質問 自分が住民税が課税されているかどうか、どうすれば分かりますか?
答え 例えば、
 ◯ご自身の給与支給明細書の「住民税」の項目に課税額が記載されている場合
 ◯ご自身の給与や年金の収入が以下の非課税限度額を超える場合

【住民税が課税されない所得水準の目安】
区分
非課税限度額
(給与収入ベース)
 
区分
非課税限度額
(年金収入ベース)
単身 100万円  

単身

65歳以上 155万円
夫婦 156万円   65歳未満 105万円
夫婦子1人 205.9万円  

夫婦

65歳以上 211万円
夫婦子2人 255.9万円   65歳未満 171.3万円
※市川市における非課税限度額
には、基本的に住民税が課税されています。
 
質問 基準日(平成28年1月1日)の翌日以降に引っ越した場合の給付金の受取はどうなりますか?
答え 今回の2つの給付金は基準日(平成28年1月1日)時点で住民票がある市町村から支給されます。
具体的な申請方法や申請期間については、基準日時点でお住まいの市町村にお問い合わせください。
 
質問 基準日(平成28年1月1日)以降に生まれた方や亡くなられた方は給付金の対象になりますか?
答え 基準日(平成28年1月1日)に生まれた方は給付金の対象になりますが、基準日の翌日以降に生まれた方は対象となりません。また、基準日から支給決定がされるまでの間に亡くなられた方も臨時福祉給付金の対象にはなりません。
 
質問 平成28年度の臨時福祉給付金とはどこが異なりますか?
答え
 
平成28年度
経済対策分
支給対象者 平成28年1月1日現在、市川市に住民登録をしている方で平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない方。
ただし、ご自身を扶養している方が課税されている場合やご自身が生活保護を受けている場合などは対象外です。
平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の支給対象者である方
 (平成28年度臨時福祉給付金(3千円)を実際に受給したか否かは問いません。)
支給額 3千円 15千円
基礎年金等受給者への加算 平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者のうち、平成28年5月分の障害基礎年金や遺族基礎年金を受給している方で、高齢者向け給付金を受給していない方には、年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)の給付があります。
(臨時福祉給付金とは別に申請が必要です。)
ありません
生活保護等受給者 もらえません もらえません
申請書の郵送時期 8月から順次 2月から順次
支給時期 申請から2ヶ月から3ヶ月程度
ただし、10月以降

申請から2ヶ月から3ヶ月程度

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 福祉政策課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
政策グループ       電話:047-712-8546 FAX:047-712-8741
施設グループ       電話:047-712-8547 FAX:047-712-8741
施設グループ(事業者関係)電話:047-712-8548 FAX:047-712-8741
臨時福祉給付金グループ    電話:047-334-0100 FAX:047-712-8741
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで