ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 老齢基礎年金の受給資格について

老齢基礎年金の受給資格について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年4月1日
 老齢基礎年金は次の(1)〜(5)の合計期間が10年以上あれば受給することができます。
     
(1)国民年金の保険料を納めた期間  
  (第1号被保険者期間や任意加入期間などで納付すべき金額を納付した期間)
     
(2)国民年金保険料の免除を受けた期間  
  (全額免除期間及び一部免除で納付すべき金額を納付した期間)
     
(3)第3号被保険者期間     
  (昭和61年4月以降厚生年金、共済組合等の配偶者に扶養されていた期間)
     
(4)第2号被保険者期間    
  (昭和36年4月1日以降、20歳以上60歳未満の厚生年金、共済組合等加入期間)
     
(5)合算対象期間(カラ期間)    
     
合算対象期間(カラ期間)とは・・・    
 20歳以上60歳未満で、国民年金に任意加入できたけれども、次の(1)〜(5)の加入をしなかった期間などのことです。受給資格期間の10年には含まれますが、年金額には反映されません。
(1)昭和61年3月以前に、厚生年金や共済組合に加入していた配偶者に扶養されていた方で、国民年金に任意加入できたけれども加入しなかった期間
     
(2)平成3年3月以前に学生であり、国民年金に任意加入しなかった期間
     
(3)海外に在住していた期間    
     
(4)学生納付特例期間のうち、追納しなかった期間  
     
(5)昭和61年4月以後公的年金に加入した方が昭和36年4月以後、厚生年金の脱退手当金を受けた期間
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 国民年金課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8538 FAX:047-712-8735
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで