特別障害給付金

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年4月1日
<制度創設の目的>    
 国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情により、障害基礎年金などを受給できなかった方を対象に福祉的措置として特別障害給付金制度が創設されました。
     
こんな方が対象となります 支給額及び支給月 窓口
     
(1)平成3年3月以前に国民年金の任意加入対象者であった学生(定時制・夜間部・通信制を除く) 1級相当・・・月額51,400円(2級の1.25倍) 相談・請求とも市役所国民年金課または行徳支所福祉課
2級相当・・・月額41,120円
   
または ○支給月 相談に必要なもの
  2月・4月・6月・8月・10月・12月の偶数月  
(2)昭和61年3月以前に国民年金の任意加入対象者であった被用者(厚生年金、共済組合などの加入者)の配偶者   ○印鑑
○年金手帳(対象(2)に該当する方は、本人と配偶者の両方
 
(1)または(2)に該当する方で国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在障害年金1・2級相当の障害の状態にある方。   ○身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳(交付されている場合)
 
   
   
     
<注意事項>    
※給付金額は、前年の消費者物価指数に合わせて毎年度自動的に見直しされます。また本人の所得や老齢・遺族年金などを受給している場合は、支給が調整(または停止)されることがあります。
     
※給付金の支給は、請求のあった月の翌月分からになります。
※障害の状態の認定にあたり、過去の状況を確認するため、決定まで時間がかかる場合があります。また、認定の結果、不支給になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※支給額は平成29年度の額です。
     
<問い合わせ>    
国民年金課または市川年金事務所  
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 市民部 国民年金課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8538 FAX:047-712-8735
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで