ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 障害者 > 施設 > 日常生活の支援(ホームヘルプ、ショートステイなど)

日常生活の支援(ホームヘルプ、ショートステイなど)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年11月14日

1.ホームヘルプ(居宅介護)

日常生活を営むのに著しく支障をきたしている世帯で、家族が介護をおこなうことができない状態にある家庭に、ホームヘルパーを派遣して食事や身のまわりなどのお世話をしたり、障害者の方の子育てを支援したりします。

内容
○食事の世話・衣類の洗濯・補修
○住居の掃除・整理整頓・身のまわりの世話
○生活必需品の買物代行・医療機関との連絡および通院介助
 
対象者
○身体障害者(児)
○知的障害者(児)
○精神障害者(精神障害者保健福祉手帳所持者または障害年金受給者)
○難病患者等 
費用
 利用料の原則一割を負担していただきます。
 
窓口
 障害者支援課

△ページの最初に戻る 

2.ショートステイ(短期入所)

心身障害者(児)の介護者・保護者が、疾病その他緊急でやむをえない事情により介護できなくなった場合、障害者(児)を一時的に施設で預かります。
 
対象者
○身体障害者(児)
○知的障害者(児)
○精神障害者(精神障害者保健福祉手帳所持者または障害年金受給者)
○難病患者等
 
費用
 利用料の原則一割を負担していただきます。
 
窓口
 障害者支援課
 
 

3.訪問入浴

自宅での入浴の困難な方に対して、看護婦と介助員が定期的に訪問し室内でポータブル浴槽を使って入浴のお世話をします。
 
対象者
 (1)重度心身障害者で常時介護を要し、医師から入浴が可能と診断された方。
 (2) (1)の方に準ずる難病等の方
 
時間
 入浴時間は1回1時間程度です。
 
費用
 利用料の原則一割を負担していただきます。
 
手続き
 指定の申請書・診断書等があります。電話または窓口でご相談ください。
 
窓口
 障害者支援課
 

4.移動支援

障害者等の方が、社会生活上必要な外出をする際、また余暇活動などの社会参加のために外出する際に、移動を支援します。
 
対象者
(1) 知的障害者(児)
(2) 身体障害者(児) ※身体障害者手帳所持者で両上下肢機能障害1級の方
(3) 精神障害者保健福祉手帳所持者
(4) (2)に準ずる難病患者等の方
 ※ただし、児童については、原則として学齢児以上
 社会生活上必要な外出および余暇活動等の社会参加のための外出の際に移動の支援が必要であると認められた方。

 ※通勤、営業活動等に係る外出、通年かつ長期にわたる外出等には利用できません。
 
費用
 利用料の原則一割を負担していただきます。
 
手続き
 指定の申請書等があります。電話または窓口でご相談ください。
 
窓口
 障害者支援課

事業所一覧(市内)
 市川市に登録のある移動支援事業所は⇒こちら 
 

5.日中一時支援事業

障害者等の日中における活動の場を確保することで、障害者等を日常的に介護している家族に対し、就労支援や一時的な休息を提供します。
 
対象者
○身体障害者(児)
○知的障害者(児)
○難病患者等
 
費用
 利用料の原則一割を負担していただきます。
 
窓口
 障害者支援課
 
事業所一覧(市内)
 市川市に登録のある移動支援事業所は⇒こちら 
 

6.一時介護料助成

障害者が一時的に有料で介護を受けた場合、その費用の全部または一部を助成します。
 
対象者
○身体障害者手帳所持者(1級〜3級)
○療育手帳所持者
○精神障害者
○難病認定者
【注意】以下の場合は、助成できません。
○配偶者および3親等以内の血族 および姻族または住居・生計が同じかたによる介護を受けた場合
○地方公共団体が補助金等を支出している民間レスパイト業者 の介護を受けた場合
○介護保険法に基づく支給限度額内のサービス
 
助成額
 生活保護世帯…介護料の全額 (年間6万円限度)
 市民税非課税世帯…介護料の8割 (年間6万円限度)
 その他の世帯…介護料の8割 (年間3万円限度)
  ※介護料の上限限度額は1時間当たり1,500円です。 
 
必要なもの
1.印鑑
2.身体障害者手帳、または療育手帳、または精神保健福祉手帳か精神科の診断書
3.千葉県特定医療費(指定難病)受給者証、千葉県小児慢性特定疾病医療受給者証、千葉県特定疾患医療受給者証、唇顎口蓋裂(20歳未満)であることがわかる医師の診断書のいずれか
4.銀行口座(ゆうちょ銀行は、記号・番号ではなく、店名・店番・預金種目・口座番号が必要なため、通帳に記載してもらってください)
 
窓口
 障害者支援課
 
 

7.ボランティア派遣

障害者・高齢者への外出介助や家事介助サービス、または施設の行事、作業介助などにボランティアの派遣をしています。
 
※社会福祉協議会がおこなっています。まずは、各窓口にお電話ください。必要に応じて訪問いたします。
 
○ボランティアセンター
電話 047−320−4002 FAX 047−376−8555
年末年始、祝日を除く 午前10時〜午後4時
 
○行徳ボランティアセンター(行徳公民館内)
電話(FAX兼用) 047−356−0007
月曜から金曜の午前9時〜午後5時(年末年始、祝日を除く)
 
○大柏ボランティアセンター(保健福祉医療センター内)
電話 047−320−7111 FAX 047−339−7516
年末、祝日を除く 午前10時〜午後4時
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 障害者支援課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
 管理・給付グループ 電話:047-712-8512 FAX:047-712-8727
 福祉グループ 電話:047-712-8513 FAX:047-712-8727
 相談グループ 電話:047-712-8517 FAX:047-712-8727
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで