ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 障害者 > 施設 > 南八幡メンタルサポートセンター

南八幡メンタルサポートセンター

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年11月18日
障害者支援課に所属しています。地域活動支援センターI型として、相談支援や日中活動のプログラムなどを実施しております。材料費等以外は無料です。

 住所 〒272-0023 市川市南八幡5-20-3  勤労福祉センター分館敷地内
 
 電話:047-376-6466/6470 FAX:047-376-6677
 
 

1.設置目的

 地域の障害者が地域で自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、障害者の福祉に関する相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行い、併せて関係機関との連絡調整等の援助を行う事を目的としています。また、創作的活動又は生産活動の機会の提供及び社会との交流の促進を図る事を目的としています。(自立支援法第77条より)

2.概要

・平成10年4月より平成8年の精神保健福祉法の改正により、精神障害者通所授産施設「南八幡福祉作業所」(平成12年南八幡ワークスと改名)にて、地域生活支援事業として開始。
・平成12年10月1日より、平成12年の精神保健福祉法の改正により、市川市精神障害者社会復帰施設設置及び管理に関する条例に基づき市川市南八幡メンタルサポートセンター(障害者施設課)となる。
・平成17年4月1日より、障害者支援課に所属。
・平成18年10月1日より、自立支援法の施行により地域活動支援センターI型となる。

3.職員構成

・所長 1名
・相談員等 7名

4.事業内容

(1)相談支援事業
 生活相談(人間関係、就労、日中活動、経済、住居など)をお受けし、情報提供や助言をしたり、権利擁護のための支援を行い、地域での生活をサポートします。相談は電話、面接などでお受けします。

(2)指定特定相談支援事業所
 基本相談支援および計画相談支援を行います。
(3)地域活動支援センター事業
 創作的活動や生産活動の機会の提供を行います。具体的にはランチグループやカラオケなど、利用される方の希望を考慮したプログラムを行います。また、憩いの場(フリースペース)も設置しています。プログラムや憩いの場の利用を希望される方には、センターで登録申請をしていただきます。
(4)地域における生活の支援、社会との交流を促進するための活動
 機関紙の発行、当事者会の支援も行っております。
 
 

5.月間プログラム

6.利用について

(1)利用資格 
 原則として市川市に在住している障害者と、その家族、関係者
 
(2)利用方法  
 ・相談を希望する方
まずはお電話にてお問い合わせ下さい。ご都合の良い日時を調整し、来所していただきご相談をお受けします。ご相談の内容により、適切な機関を紹介させていただくこともありますのでご了承下さい。
 ・プログラムや憩いの場の利用をご希望される方
自立支援医療(精神通院)を利用している方、もしくは精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方等に利用していただけます。まずお電話でご相談下さい。見学していただき面接いたします。その際、利用について説明いたします。
 
※ 市川市に住民票がない方は利用できない場合があります。ご了承下さい。
 
(3)利用料
 無料 ただし地域活動支援センター事業のプログラム等で実費負担を伴う場合があります。
 
(4)開所日・時間
 月〜金曜日 9時〜19時
 日曜日   10時〜18時
  
(5)休所日
 土曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
 
 
 

7.交通アクセス

                                                                                
 
 

8.センタータイムズ(メンタルサポートセンター広報誌)

Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 障害者支援課
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
 福祉担当 電話:047-334-1168 FAX:047-335-2030
 給付担当 電話:047-704-0272 FAX:047-335-2030
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで