ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療・福祉 > 障害者 > その他の関連情報 > 障害者に関する計画(テキスト版)

障害者に関する計画(テキスト版)

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年4月1日

市川市障害者計画(基本計画概要版)

市川市障害者計画(平成20〜29年度)

市川市障害者計画とは
 本計画は、障害者基本法に基づいて策定される障害者のための施策に関する基本的な計画です。
 
計画の目的
市ではこれまでノーマライゼーション社会の実現を目指し、すべての市民の人権が尊重され、いきいきと地域社会において活動ができるよう、「市川市障害者施策長期計画」に基づく施策を、総合的かつ計画的に推進してまいりましたが、近年の新しい制度や枠組みへの対応とともに、新たな課題への取り組みを進めていく必要があることから、現行計画を見直し、本市における障害者施策推進の総合的な指針として、市川市障害者計画を策定しました。
 
計画の位置づけ
本計画は、市川市総合計画(I&Iプラン)における部門別計画に位置づけられたもので、この基本計画のもとに、具体的な施策や事業を定める実施計画(3ヵ年)や障害福祉計画(3ヵ年)が位置づけられます。
 
計画の期間
本計画は、平成20〜29年度の10年間を計画期間とし、制度改正や社会情勢の変化などに応じて見直しを行います。
 
計画の基本的な考え方
 
理念
ノーマライゼーションの考え方に基づいた前計画を受け継ぎ、最も基本となる理念を以下のように掲げ、障害者の視点から計画を進めます。
「自立・参加・共生」−個性豊かに自分の力を発揮し、社会の中で役割をもち 共に生きる−
 
将来像
計画の理念を実現できる地域社会をつくる上で、以下のような将来像を掲げます。
「誰もが自分にあった生活を選ぶことができ、安心して暮らせるまち」
−全国でも指折りの”障害者が住みやすいまち”を目指して−
 
基本目標と施策推進の方向
将来像の実現に向けた基本目標を以下のように定め、分野別の方向に沿って様々な施策を実施します。
基本目標
[1] それぞれのライフステージにおける自立の実現
[2] 誰にとっても安心なまちの実現
[3] 地域ぐるみの理解と支援の実現
施策推進の方向
[1]    子育て・教育の充実 〜 伸びやかに育てる 〜
[2]    社会参加・就労の促進 〜 地域で活動する 〜
[3]    生活支援の充実 〜 地域で自立する 〜
[4]    保健・医療の充実 〜 健やかに生きる 〜
[5]    安全なまちづくりの推進 〜 安心して暮らす 〜
[6]    地域の理解・支援の促進 〜 地域で支え合う 〜
 
基本的な考え方の構造
理念「自立・参加・共生」をベースとして「誰もが自分にあった生活を選ぶことができ、安心して暮らせるまち」を理想像として掲げ、それを実現するための基本目標を[1] それぞれのライフステージにおける自立の実現[2] 誰にとっても安心なまちの実現[3] 地域ぐるみの理解と支援の実現、とします。その基本目標に向けて、施策を[1]    子育て・教育の充実 〜 伸びやかに育てる 〜[2]    社会参加・就労の促進 〜 地域で活動する 〜[3]    生活支援の充実 〜 地域で自立する 〜[4]    保健・医療の充実 〜 健やかに生きる 〜[5]    安全なまちづくりの推進 〜 安心して暮らす 〜[6]    地域の理解・支援の促進 〜 地域で支え合う 〜 という方向で推進します。
 
重点施策
計画の効果的な推進のため、特に以下のような施策を基本目標の達成に向けた具体的なイメージとして捉え、分野横断的な重点施策として取り組むものとします。
1.それぞれのライフステージにおける自立の実現のために(基本目標[1])
(1) 就学前から学校までの一貫した支援体制の確立
(2) 障害当事者・家族・支援者と企業の交流の促進
2.誰にとっても安心なまちの実現のために(基本目標[2])
(1) 身近な場所で誰でも必要な情報と相談が受けられる環境づくり
(2) リハビリテーション人材の育成・確保と日常的なアドバイス・相談の実施
(3) 万一の時にも安心なまちづくり・地域づくり
3.地域ぐるみの理解と支援の実現のために(基本目標[3])
(1) 障害の有無や種別を越えた横のつながりづくり
 
施策の体系
基本目標
[1] それぞれのライフステージにおける自立の実現
[2] 誰にとっても安心なまちの実現
[3] 地域ぐるみの理解と支援の実現
施策推進の方向
第1節  子育て・教育の充実 〜 伸びやかに育てる 〜1.子育て支援 2.学校教育
第2節    社会参加・就労の促進 〜 地域で活動する 〜1.生涯学習 2.スポーツ・レクリエーション 3.就労支援・雇用促進
第3節    生活支援の充実 〜 地域で自立する 〜1.福祉サービス 2.コミュニケーション・移動サービス 3.相談・情報提供 4.権利擁護
第4節    保健・医療の充実 〜 健やかに生きる 〜1.健康づくり・予防 2.医療・リハビリテーション
第5節    安全なまちづくりの推進 〜 安心して暮らす 〜1.福祉のまちづくり 2.快適な居住空間 3.防犯・災害対策
第6節    地域の理解・支援の促進 〜 地域で支え合う 〜1.理解促進 2.交流の機会・場づくり 3.人材育成 4.ネットワーク形成
 
施策の概要
第1節  子育て・教育の充実(伸びやかに育てる)1.子育て支援(1) 周産期・母子保健の充実(2)療育・生活支援体制の充実(3) 親への支援の充実 2.学校教育(1) 相談・支援体制の充実(2) 特別支援教育の推進(3) 教育環境の充実
第2節    社会参加・就労の促進(地域で活動する)1.生涯学習 (1) 情報提供の充実(2) 学習及び活動機会の充実2.スポーツ・レクリエーション(1) 情報提供の充実(2) 活動機会の充実 3.就労支援・雇用促進(1) 相談・仲介機能の充実(2) 障害に即した多様な就労形態を目指した支援の充実(3) 福祉施策と雇用・労働施策との連携の強化(4) 就労環境の整備と雇用・就労機会の充実
第3節    生活支援の充実(地域で自立する)1.福祉サービス(1) 訪問系サービスの充実(2)日中活動系サービスの充実(3) 居住系サービスの充実(4) 在宅福祉サービスの充実(5) サービス提供体制の拡充 2.コミュニケーション・移動サービス(1) コミュニケーション支援体制の充実(2) コミュニケーション支援の調整機能の充実(3) 移動支援の人材育成(4) 移送サービスの充実 3.相談・情報提供(1)相談機能の充実(2) 情報提供の充実 4.権利擁護(1) 地域における権利擁護の体制づくり(2) 権利擁護制度の活用促進(3) 「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」の普及啓発
第4節    保健・医療の充実(健やかに生きる)1.健康づくり・予防(1) 健康づくりのための情報や機会の提供(2) 健診体制の充実 2.医療・リハビリテーション(1) 地域医療体制の充実(2) リハビリテーション機能の充実(3) 医療費助成の充実
第5節    安全なまちづくりの推進(安心して暮らす)1.福祉のまちづくり(1) 道路・交通のバリアフリー化の推進(2) 公共施設等のバリアフリー化の推進(3) 街なかでの心のバリアフリー化の推進 2.快適な居住空間(1) 住宅のバリアフリー化の促進(2) 居住施設の整備促進(3) 地域居住のための支援体制の構築 3.防犯・災害対策(1) 住宅や避難所の安全性の確保(2) 情報提供の充実と防災意識の向上(3) 地域防災体制の充実(4) 地域防犯体制の強化
第6節    地域の理解・支援の促進(地域で支え合う)1.理解促進(1) 市民への情報提供の充実(2) 啓発活動の充実(3) 教育の推進(4) 国際理解・交流の促進 2.交流の機会・場づくり(1) 地域活動における交流の促進(2) 交流の場の充実 3.人材育成(1) 地域人材の育成(2) 専門家の育成(3) コーディネート機能の充実 4.ネットワーク形成(1)ネットワークの核づくり(2) 機会の提供
 
計画の推進のために
当事者をはじめ、支援者や地域組織などの参画を得る機会を充実し、障害者の暮らしにおけるニーズを多面的に捉えながら、市役所内の横断的な体制のもと、評価と見直しに基づいて柔軟な施策の推進に努めます。
(1)市役所における体制の確立
障害者の生活はあらゆる分野に関わるため、関係各課からなる計画推進のための体制を確立するとともに、当事者の意見などの情報を共有しながら、市職員の障害に対する理解と意識の統一に努めます。
(2)多様な参加と連携の促進
計画策定や施策・事業検討段階等の様々な場面で当事者や支援者、市民の参画を得るとともに、自治会等の地域組織との協働の機会づくりなどを促進し、障害者も個々の特性に応じて主体的に地域の中で役割を担える環境づくりに努めます。また、法制度の変更や障害者の活動範囲の拡大に沿って、近隣自治体や県、国などとの広域的な連携を充実します。
(3)施策の重点化による着実な展開
限られた財源や資源を有効に活用しながら、当事者のニーズに効果的に対応した計画の推進を図るため、重点施策を設定し、メリハリをつけた施策の展開を進めます。
(4)調査研究の充実
施策の実効性を高めるため、地域のコミュニティや支援者等の状況に応じた事業のモデル的な実施と結果の分析など、調査研究を行いながら、施策としての展開を図ります。
(5)計画の点検・評価
実施計画において数値目標を設定するとともに、事業の評価や施策の評価の充実を図り、点検・評価に基づく着実な計画の推進に努めます。また、点検・評価にあたっては、障害者施策推進協議会としての市川市社会福祉審議会や、障害福祉計画の推進を担う市川市地域自立支援協議会などとの連携した体制を確立し、当事者や支援者、市民の視点を計画の見直しに反映できるような仕組みづくりに努めます。
障害者に関する計画についての問合せは、こちらにお願いします。
 
市川市 福祉部 障害者支援課 管理班
TEL:047−704−0271  
FAX:047−335−2030
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 障害者支援課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
 管理・給付グループ 電話:047-712-8512 FAX:047-712-8727
 福祉グループ 電話:047-712-8513 FAX:047-712-8727
 相談グループ 電話:047-712-8517 FAX:047-712-8727
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで