ホーム > 暮らしの情報 > 安全・防犯 > 安全 > 公立障害者福祉施設のブロック塀の緊急対応について

公立障害者福祉施設のブロック塀の緊急対応について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年8月14日

福祉部では公立障害者施設のブロック塀の点検と対応を実施しています。

市内の公立障害者福祉施設にあるブロック塀の安全点検を市川市で行ったところ、早急に対応すべき箇所が見つかった公立障害者福祉施設があり、作業を実施しています。

〇点検に当たっての判断基準
  1. 塀の高さは2.2m以下か
  2. 塀の厚さは10cm以上か(高さが2m超2.2m以下のときは15cm以上)
  3. 塀の長さは3.4m以下ごとに、塀の高さの5分の1以上の控え壁があるか(塀の高さが1.2m超の場合)
  4. コンクリートの基礎があるか
  5. 塀に傾き、ひび割れはないか
  6. 塀に鉄筋は入っているか
(判断基準の詳細はこちら)

対応すべき箇所が見つかり作業を実施した公立障害者福祉施設

 
施設名 場所 判断基準 状況 対応
明松園 西側隣地境界 5 控え壁と塀の間に
一部破損あり
8月1日修繕完了

※表中の判断基準の数字は、上記の点検に当たっての判断基準を示します。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 福祉部 障害者施設課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8549 FAX:047-712-8741
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで